HOME > 文屋だより

文屋だより

メールマガジン「文屋だより」は、
百年本の文屋代表、小布施人、農士、「美日常」提唱者として、
ものごとの原点(本来あるべき姿)を考えつづける筆者が、日々、交流の場を綾なしながら、
みなさまの人生とビジネスのお役に立つことを目的に、お届けしております。

お名前
メールアドレス

vol.058 3 月 19 日 ( 土)  春の文屋座。井内由佳さんをスペシャルゲストに。その6

2016年01月15日

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

(きょうのテーマ)

【特典付き】春の文屋座。

スペシャルゲストに井内由佳さんを
お迎えいたします。

3月19日(土)東京・御茶ノ水にて、
高野登さんと井内由佳さんによる
「おもてなし」ビジネスセミナーを開きます。

その6

※「特典」は文末に記してございます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

**********************
★「欲」は神さまからのギフトです★
**********************


3月19日の文屋座は、
高野登さんの近刊『おもてなし日和』
の出版を記念して開く
ビジネスセミナーです。

高野さんがスペシャルゲストに
お迎えするのは、
井内由佳さんです。

「神さまのお告げ」をいただきながら、

経営者やビジネスマン、
主婦、学生など、
過去25年間で2万人以上の相談に応じ、

「ほんとうの幸せ」へと
導いてきた井内由佳さん。

「演題」は、

神さまが教えてくれた
今よりもっと幸せになる!
「欲深(よくぶか)」のすすめ

に決まりました。

これは、
井内さんが日本文芸社さんから出版された
最新刊の書名です。
(Amazon:http://goo.gl/vvTF2Q

本書の表紙には、

「贅沢は罪ではありません。
「欲」は神さまからのギフトです。」

「自分とまわりの人を
本当に豊かにできるのは、
「欲深い生き方」をする人だけ」


わたしは昨年12月にサイン会で、
出版されて間もない本書を
手にしました。

井内さんにいただいたサインには、
「木下豊さんへ
思いどおりの人生を!!
Yuka Iuchi」と

ブルーの太マジックで、
力強く書かれています。


**********************
★「欲深」くらいがちょうどいい!?★
**********************


この本の書名を最初に見た時は、
「欲深はいけないんじゃないの?」
と思いました。

そんなわたしの疑問に、

井内さんは本書で、
どんどん「目からうろこ」を
落としてくださいました。

赤ペンチェックしたところを、
少しだけ引用させていただきますね。


「神さまは、「欲深い生き方」を
後押ししてくださいます。」

「神さまは、誰も傷つけない、
悲しませない、損をさせない「欲」で、

なおかつ

自分や誰かをしあわせにする「欲」なら、
どんどん持ちなさいと
おっしゃるのです。」

「しあわせを感じながら
暮らしている人たちは、
みんな「欲深(欲が深い)」な人です。」

「自分の「欲」
(夢とも言います!)を見つめ、
満たしていこう。」

「「欲」は「夢」となり、
「目標」が生まれるのです。

目標のある人生は、
何より自分を励まし
牽引(けんいん)してくれます。

人生に張り合いが生まれます。
だから、わたしたちは、
「欲深」くらいがちょうどいいのです。」



みなさん、いかがでしょうか?

読んでみたくなりましたか?

本書は、

第一章 「欲深」な人ほど幸福です。
第二章 愛される人は「欲深」です
第三章 仕事ができる人は「欲深」です
第四章 お金が寄ってくる人は「欲深」です
第五章 美人はみんな「欲深」です
第六章 「欲」との上手な付き合い方Q&A

という構成です。

巻末には、

記入式の
「自分の本当の「欲」を知るノート&
「欲」の叶え方ノート

が、収録されています。

サービス満点、
気っ風(きっぷ)がいいです!


私は本書を読みながら、

自分の「欲」を確かめ、
今年一年間の
「テーマ」「目標」「手段」
を書き出してみました。

そして、
「きっとすべてを叶える!」という
気持ちで、新年を迎えました。

そのせいか、
出だしはとても快調です。


**********************
★本物の「紳士」高野さんと井内さんの語らい★
**********************


井内さんは、きのう、

ご自身のブログ
「井内由佳のしあわせスパイラル」で、
「ホスピタリティー」のタイトルで、

3月19日の文屋座をご紹介くださいました。

その中で井内さんは、
「高野さんの素晴らしさは
お話はもちろんですが、

それよりも
だれも見ていない
でも高野さんはみていらっしゃるところでの
お心配りにあると確信したのです。」

として、

前回の文屋座の交流パーティーにおける
高野さんの「紳士」ぶりを、

「生きるホスピタリティ」
として描いてくださいました。

詳しくは、こちらを
お読みください。

http://goo.gl/9d7nOz


四回目となる
井内さんと高野さんの文屋座

3月19日(土)東京・御茶ノ水にて。

経営者、ビジネスマンはもとより、
主婦、学生のみなさんにも、
きっとお役立ていただけることでしょう。

文屋座の詳細とお申込:
http://www.e-denen.net/index.php/bunyaza

★2月2日(火)までにお申込の方には、
「特典」の「絵はがきセット12枚入り」を
進呈いたします。


***************************

★きょうの気づき★

◆「欲」は神さまからのギフトです。」

自分とまわりの人を
本当に豊かにしたい。

その願いを込めた「欲」を
深くしていきたい。

◆誰も傷つけない、
悲しませない、損をさせない「欲」で、
なおかつ
自分や誰かをしあわせにする「欲」なら、
どんどん持って、深くする。

しあわせを感じながら暮らしている人たちは、
みんな「欲深(欲が深い)」な人。

**********************

メールマガジン 文屋だより

アーカイブ

最新の投稿

PAGE TOP

HOME 商品一覧 文屋座 文屋語らい座 文屋について 書店様へ 文屋だより 制作日記 お問い合わせ プライバシーポリシー ご購入のご案内 特定商取引法