HOME > 文屋だより

文屋だより

メールマガジン「文屋だより」は、
百年本の文屋代表、小布施人、農士、「美日常」提唱者として、
ものごとの原点(本来あるべき姿)を考えつづける筆者が、日々、交流の場を綾なしながら、
みなさまの人生とビジネスのお役に立つことを目的に、お届けしております。

お名前
メールアドレス

Vol.602 夏休みの静岡県推薦図書にラワットさんの『絵本あなのあいたおけ』が採択されました。

2018年05月30日

みなさん、こんにちは。お元気ですか?

信州小布施の北西部にある
小布施牧場の牛舎では、11頭の親子の牛たちが、
暮らしています。

わたしは今朝5時から、近くの草原に軽トラで出かけ、
満開のクローバーを刈りました。

栄養価の高い新鮮なクローバーは、
牛たちの大好物です。

クローバーには「幸せを呼ぶ四つ葉」しか
イメージできなかったのですが、
「牛たちが大喜びする草」との見方が加わりました。

楽農は、日々、鮮烈な体験の連続です。

小布施牧場のジェラートとモッツァレラチーズを
提供するお店「milgreen」にお出かけくださいね!
https://obusedairyfarm.co.jp

◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎

信州小布施 美日常の文屋だより vol.602

和合と感謝
百年本を世界へ未来へ。

◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎

【きょうのテーマ】
夏休み推薦図書にラワットさんの
『絵本あなのあいたおけ』が採択されました。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

*******************
★静岡県に暮らす約6万人の
   小学1・2年生への夏の”贈り物”★
*******************


文屋は2016年8月、
「平和の大使」として世界中から招かれ
講演をつづけるプレム・ラワットさんの初の絵本

『絵本 あなのあいたおけ』を発刊いたしました。


本書『絵本 あなのあいたおけ』は、
2015年秋に刊行された
ラワットさんによる世界初のご著書

『Pot with the Hole 穴のあいた桶』(文屋刊)の
冒頭を飾った寓話(ぐうわ)を
絵本にしたものです。

絵本=子ども向け

と思われがちですが、
本書の愛読者樣の半分は、大人のみなさんです。


物語の主人公は、
水を入れるとポツポツともれてしまう
「あなのあいたおけ」です。

庭師が「あなのあいたおけ」に託した
お役目とは? 


「穴」は、人間でいえば、
欠点や弱点、障がい、壁、
課題、反省点のことです。


庭師は、「あなのあいたおけ」の穴に、
どんな才能や可能性、チャンスを
見いだしたのでしょうか?


さりげないけれど、
じわじわと心に響く
ラワットさんのメッセージです。


この絵本が、
平成30年度の「静岡県の夏休み推薦図書」に
採択されました。

このたび、
静岡県の公式サイト「教育・文化」欄の
「読書県しずおかBookサイト」ページにて

一般に公開されましたので、
みなさんにもお伝えいたします。

【推薦図書】  
選定:静岡県 教育研究部 学校図書館研究部   
協力:静岡県書店商業組合

対象の学年は、小学校の低学年(1~2年生)です。

小学校の低学年の推薦図書は、
4点で、そのうちの1点です。

ご注文は、
第一回目として「1,500冊」をいただきました。

静岡県にお住まいのみなさん、
いつもの書店さんにて『絵本あなのあいたおけ』を
お買い求めくださいね!

発刊から2年近くを経て、
文屋としてはこの採択のための営業活動は皆無なのに、

こうして、
全国の出版社の本の中からお選びいただけたのは、

ひとえに、
この絵本の本来の魅力の成果だと思います。

さらには、
「一人一人の心の平和の積み重ね。
その結果としての世界の平和」を語りつづける

ラワットさんへの自然な共感の成果だと思います。


2014年10月のある日、
わたしはラワットさんと大阪市内のホテルで、
初めてお目にかかりました。

わたしの面談の用件は、
「大人向けの単行本」をつくるご提案でした。

ラワットさんは、
単行本のことはすぐに快諾されたうえで、

「ところで」

と切り出されました。


「わたしの心の平和のメッセージは、
子どもたちにも届けたい。

幼いころから、
幸せは、穏やかな心に宿る、という真理を、
自然なうちに、心に刻んで成長してほしい。

そうすれば、
戦い、争い、憎しみのない、平和な世界を、
みんなで創り上げることができる。


それには絵本がいちばんです。

日本で原書をつくり、
それを英語をはじめ世界中の言語で翻訳出版する
絵本の世界出版プロジェクトです。

ミスター・キノシタ、どうですか、
いっしょに作りませんか?」


この身にあまる光栄なご提案を、
わたしが即快諾したのは、
申すまでもありません。


最初の絵本の物語として、
ラワットさんが選ばれたのが、
この「穴のあいた桶」のお話でした。

絵を描いたのは、
AKB48のプロデューサー
秋元康さんの小説を絵本化した『象の背中』や、

名作『くものうえのハリー』などの
アニメーション作品で知られる
城井文さんです。

ラワットさんの世界を、
独特で繊細なタッチの作品によって、
やさしく表現しています。


ひとりひとりにかけがえのない
「役割」があると
教えてくれる一冊です。


詳細とご購入は、
http://premrawat.shop-pro.jp/?pid=105648595

いつもの書店さんやAmazonなどのネット書店でも
お求めいただけます。

全国、世界の子どもたちに
ラワットさんの絵本をプレゼントする
「寄付本プロジェクト」があります。
http://premrawat-japan.com/kifubon/

文屋 木下 豊より

【写真説明】http://www.e-denen.net/index.php/mailmag?

『絵本あなのあいたおけ』

ラワットさんから、全校児童に絵本が贈られ
喜ぶ福島市立下川崎小学校の子どもたち。

************************

★きょうの気づき★

◆「わたしの心の平和のメッセージは、
子どもたちにも届けたい。

幼いころから、
幸せは、穏やかな心に宿る、という真理を、
自然なうちに、心に刻んで成長してほしい。

そうすれば、
戦い、争い、憎しみのない、平和な世界を、
みんなで創り上げることができる。


それには絵本がいちばんです。」


◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎


このメールマガジン(文屋だより)は、
百年本の文屋代表、小布施人、農士、
「美日常」提唱者として、

ものごとの原点(本来あるべき姿)を
考えつづける筆者が、

日々、交流の場を綾なしながら、
みなさまの人生とビジネスのお役に立つこと
を目的に、お届けしております。

★文屋・木下豊について
http://www.e-denen.net/index.php/about_rinen
http://www.e-denen.net/index.php/about_kino

★熱血ライターの神山典士(こうやま・のりお)さんの
『成功する里山ビジネス~ダウンシフトという選択』
(角川新書)。


その第一章に、
「長野県小布施~地域DNAをビジネス化する」として、
文屋と小布施町が紹介されます。

帯には、文屋栗園で笑顔の木下夫婦が!
角川新書の公式サイト:
http://store.kadokawa.co.jp/shop/g/g321703000362/


◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎

◎わたしの師匠・和丸斎先生

 富士和教会の公式サイト:http://fujiwa-k.com/


師匠の一番弟子・井内由佳さんの最新刊
『すべてはあなたの思いどおり
~神さまからの究極の御利益』(主婦と生活社)より

【第3章 哀】

3. メメント・モリ~死を思え~世界一の悲しみ 
  人との死別を乗り越えるために。


【『わたし、少しだけ神さまとお話できるんです。』(文屋)の
  ご著者・井内由佳さんの情報】


★井内由佳さんの公式サイト:http://yuka-i.com


◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎

◎平和の大使プレム・ラワットさんの講演動画

2011年、欧州議会にて「平和と幸福の実現」をテーマに講演。
講演後に提案された「平和の誓約書」に
37の政府、団体の代表が署名。

「歴史的な講演」と評価され、
「平和の大使」の任命を受けました。
https://youtu.be/owcmZ4ymmS0


◆みなさん、
10月13日(土)午後は、広島平和記念公園内の
広島国際会議場フェニックスホールの現場に、
ごいっしょに身を置いて、


平和の大使プレム・ラワットさんの講演を
ライブで聴いて、
新しい人類史の幕開けを体感しませんか?!
http://www.e-denen.net/index.php/bunyaza



◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎


◎わたしのイチオシ。斉藤一人さんの「覚悟の話」

goo.gl/hJbwWd

◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎

メールマガジン 文屋だより

アーカイブ

最新の投稿

PAGE TOP

HOME 商品一覧 文屋座 文屋語らい座 文屋について 書店様へ 文屋だより 制作日記 お問い合わせ プライバシーポリシー ご購入のご案内 特定商取引法