HOME > 文屋だより

文屋だより

メールマガジン「文屋だより」は、
百年本の文屋代表、小布施人、農士、「美日常」提唱者として、
ものごとの原点(本来あるべき姿)を考えつづける筆者が、日々、交流の場を綾なしながら、
みなさまの人生とビジネスのお役に立つことを目的に、お届けしております。

お名前
メールアドレス

Vol.603 「最後は仲直りして偉いなぁ」『絵本あなのあいたおけ』の感想文から。

2018年05月31日

みなさん、こんにちは。お元気ですか?

きょうの信州小布施は、
おだやかな五月雨(さみだれ)のち、
薄曇りです。

生き物たちに命を注ぎ込む季節、
梅雨の幕開けも間近ですね。

◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎

信州小布施 美日常の文屋だより vol.603

和合と感謝
百年本を世界へ未来へ。

◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎

【きょうのテーマ】
「最後は仲直りして偉いなぁ」
『絵本あなのあいたおけ』の感想文から。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

*******************
★「最後は仲直りして偉いなぁ」★
*******************

前号では、
文屋が2016年8月に出版した、
「平和の大使」プレム・ラワットさんの初の絵本

『絵本 あなのあいたおけ』が、
平成30年度の「静岡県の夏休み推薦図書」に
採択されたことをお伝えしました。

3人の読者樣から、
「お祝い」「励まし」のお便りをいただきました。

感謝いたします!

きょうは、茨城県にお住まいの元教師で、
教育実践「響の会」会長の角田明先生にお送りいただいた
この絵本への感想文をご紹介しますね。

角田先生は、
長年の文屋の読者樣です。

1944年熊本県八代市生まれ。

1968年から神奈川県内の高校と中学校の
英語教員として勤務。

1988年より神奈川県茅ヶ崎市で指導主事、
育研究所長、小学校校長などを務められました。

ご退職後は、74歳になられるいまも、
後進の先生方の求めに応じて、
全国で講演活動などをつづけていらっしゃいます。

今年2月のある日、
角田先生から次のメールをいただきました。

「帰宅しましたら、
添付ファイルの「絵本の感想」が届いていました。

ちっちゃなメモ書きですが、
参考として、ご覧ください。

上のメモは
横山さんというお母さんの直筆です。
お子さんは幼稚園・年長の女児です。

下のメモは、
小学1年生の草間輝子(ひかるこ)さんの感想です。」


お二人のご感想(写真)を、以下に書き写して、
ご紹介します。

1.横山さん

「あなのあいたおけ

読んで感想を聞くと、まず最初に楽しかったと。

何が楽しかったのか、よく聞いてみると、
絵がかわいかった。

あなのあいたおけがかわいそうで、
あんおあいていないおけは
いじわるだと答えました。

でも最後に仲直りして偉いなぁと思って
楽しかったみたいです。


2.小一 草間輝子さん

にわし(庭師)が物を大切にするいい人で、
おけはうれしいと思います。

きれいなお花がたく山(さん)さいて
よかったです。

みんなによいところがあり、
役に立たないことはないと思いました。


横山さん、草間さん、
ありがとうございます。


「最後は仲直りして偉いなぁ」

これを読んでいて、
ご著者のプレム・ラワットさんが、
ある講演会で語っていらしたことを思い出しました。

要旨は次の通りです。

「家で幼い兄弟が言い争いをしています。

兄弟げんかをしている弟が、
お勝手にいるお母さんに言いつけに行きます。

お兄ちゃんが僕のおもちゃをとった。

お兄ちゃんが僕をたたいた。

お母さんは言います。

「喧嘩はよしなさい!

(理由は何であろうと)とにかく、
喧嘩は止めなさい。」

たたかれたの、
それならあなたも、たたき返しなさいとは言わないし、

おもちゃをとったのと聞いて、
拳銃を渡すこともしませんね。

とにかく、
喧嘩はよして、
仲良くしなさいと言います。


では大人の世界はどうでしょう?

相手の言うことを聞かず、
察することもしない。

話し合って、物別れになったら、
すぐに暴力、制裁、攻撃、戦争を始める。

蓋がなくていつも開いている耳が二つもあって、
意見を交わし合える口があって、

知恵があって、
思いやることも出来るのに、

どうして、
子どもに言うのと同じように、

「喧嘩はよしなさい!

(理由は何であろうと)とにかく、
喧嘩は止めなさい。」と言って、

仲直りできないのでしょうか?」


◆みなさん、
10月13日(土)午後は、広島平和記念公園内の
広島国際会議場フェニックスホールの現場に、
ごいっしょに身を置いて、


平和の大使プレム・ラワットさんの講演を
ライブで聴いて、
新しい人類史の幕開けを体感しませんか?!
http://www.e-denen.net/index.php/bunyaza

ひとりひとりにかけがえのない
「役割」があると
教えてくれる一冊です。


詳細とご購入は、
http://premrawat.shop-pro.jp/?pid=105648595

いつもの書店さんやAmazonなどのネット書店でも
お求めいただけます。

全国、世界の子どもたちに
ラワットさんの絵本をプレゼントする
「寄付本プロジェクト」があります。
http://premrawat-japan.com/kifubon/

教育実践「響の会」会長角田明先生の公式サイト:
http://041020.at.webry.info

角田先生のブログアドレス:
★歩禅記  http://hozenki2014.blog.fc2.com/
★寸心紀行  http://sunshinki.exblog.jp


文屋 木下 豊より


【写真説明】http://www.e-denen.net/index.php/mailmag?

『絵本あなのあいたおけ』

横山さんと草間さんの感想文

************************

★きょうの気づき★

◆ラワットさんが絵本に寄せる想いです。

「わたしの心の平和のメッセージは、
子どもたちにも届けたい。

幼いころから、
幸せは、穏やかな心に宿る、という真理を、
自然なうちに、心に刻んで成長してほしい。

そうすれば、
戦い、争い、憎しみのない、平和な世界を、
みんなで創り上げることができる。

それには絵本がいちばんです。」


◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎


このメールマガジン(文屋だより)は、
百年本の文屋代表、小布施人、農士、
「美日常」提唱者として、

ものごとの原点(本来あるべき姿)を
考えつづける筆者が、

日々、交流の場を綾なしながら、
みなさまの人生とビジネスのお役に立つこと
を目的に、お届けしております。

★文屋・木下豊について
http://www.e-denen.net/index.php/about_rinen
http://www.e-denen.net/index.php/about_kino

★熱血ライターの神山典士(こうやま・のりお)さんの
『成功する里山ビジネス~ダウンシフトという選択』
(角川新書)。


その第一章に、
「長野県小布施~地域DNAをビジネス化する」として、
文屋と小布施町が紹介されます。

帯には、文屋栗園で笑顔の木下夫婦が!
角川新書の公式サイト:
http://store.kadokawa.co.jp/shop/g/g321703000362/


◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎

◎わたしの師匠・和丸斎先生

 富士和教会の公式サイト:http://fujiwa-k.com/


師匠の一番弟子・井内由佳さんの最新刊
『すべてはあなたの思いどおり
~神さまからの究極の御利益』(主婦と生活社)より

【第3章 哀】

3. メメント・モリ~死を思え~世界一の悲しみ 
  人との死別を乗り越えるために。


【『わたし、少しだけ神さまとお話できるんです。』(文屋)の
  ご著者・井内由佳さんの情報】


★井内由佳さんの公式サイト:http://yuka-i.com


◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎

◎平和の大使プレム・ラワットさんの講演動画

2011年、欧州議会にて「平和と幸福の実現」をテーマに講演。
講演後に提案された「平和の誓約書」に
37の政府、団体の代表が署名。

「歴史的な講演」と評価され、
「平和の大使」の任命を受けました。
https://youtu.be/owcmZ4ymmS0


◆みなさん、
10月13日(土)午後は、広島平和記念公園内の
広島国際会議場フェニックスホールの現場に、
ごいっしょに身を置いて、


平和の大使プレム・ラワットさんの講演を
ライブで聴いて、
新しい人類史の幕開けを体感しませんか?!
http://www.e-denen.net/index.php/bunyaza



◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎


◎わたしのイチオシ。斉藤一人さんの「覚悟の話」

goo.gl/hJbwWd

◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎

メールマガジン 文屋だより

アーカイブ

最新の投稿

PAGE TOP

HOME 商品一覧 文屋座 文屋語らい座 文屋について 書店様へ 文屋だより 制作日記 お問い合わせ プライバシーポリシー ご購入のご案内 特定商取引法