HOME > 文屋だより

文屋だより

メールマガジン「文屋だより」は、
百年本の文屋代表、小布施人、農士、「美日常」提唱者として、
ものごとの原点(本来あるべき姿)を考えつづける筆者が、日々、交流の場を綾なしながら、
みなさまの人生とビジネスのお役に立つことを目的に、お届けしております。

お名前
メールアドレス

Vol.607 「寄付チケット」を新設しました。ラワットさんの広島講演会に若者を招待しませんか?

2018年07月01日

みなさん、こんにちは。お元気ですか?

三週間ぶりのご無沙汰、お久しぶりです。

おかげさまで、意欲に満ちて生きております。

梅雨明け最初の日曜日、
信州小布施は快晴、爽やかです。

いつものように目覚めた3時の清涼な空気。

神仏へのお詣りをしながら4時台に眺めた朝焼け。

目の前の滑走路が、
末広がりに青空へと開けています。

いつもこのメールマガジンをお受け取りいただき、
ありがとうございます。

◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎

信州小布施 美日常の文屋だより vol.607

和合と感謝百年本を世界へ未来へ。

◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎

【きょうのテーマ】

「寄付チケット」を新設しました。
ラワットさんの広島講演会に若者を招待しませんか?

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

*******************

★「寄付チケット制度」を実現させた   
ラワットさんの女性ファンの           
ご熱意に感謝★
*******************

一週間ほど前に、文屋の公式サイトに
新しい商品が誕生しました。

「寄付チケット 10,000円」

これ、なんだかわかりますか?

その説明文には、こう記されています。

「ラワットさんが広島の地で語る
心の平和のメッセージを、ライブで、
お一人でも多くの方々に聴いてほしい!と願う、

熱心なファンのご要望におこたえして、
「寄付チケット」をご用意いたしました。

チケットは文屋が選出するご招待客
(主に学校・教育・行政関係)に贈呈いたします。」

10月13日(土)午後、
プレム・ラワット日本事務局(文屋)は、

広島平和記念公園内の広島国際会議場
フェニックスホールで、

平和の大使プレム・ラワットさんの講演会を開きます。

「わもん」の創始者・薮原秀樹さんが総合司会を、
日本のコーチング界の第一人者・本間正人さんが特別講話を、
お引き受けくださっています。

いまからひと月ほど前のこと。

ラワットさんの「心の平和」のメッセージを
長年、日々の暮らしに役立ててこられたファンの方から、
ご連絡をいただきました。

「文屋さんのメルマガで、1,500人収容のホールに、
申し込み人数がまだ400人と知ったのがきっかけで、

わたしたちでもっと声かけが出来るのではと思いました。

自然に思い付いたこと、木下さんに受け入れて頂き、
話かけた友人共に喜んでおります。

ラワットファン数人と話し、
『寄付本プロジェクト』と同様に、

広島在住の関心ある方々をご招待券をお贈りする
アイディアです。

言い出しっぺの私と友人に出来ることは、
より多くの方に参加していただくための
寄付金のお声掛けです。

よろしくお願いします。」

ご連絡をくださった
Mさん、Bさん、ありがとうございます!

このアイデアをいただいたわたしは、
文屋チームのメンバーと話し合い、
「寄付チケット」という仕組みをつくり、

一週間後に、文屋の公式サイトに登場させました。

それがこちらです。

http://www.e-denen.net/index.php/bunyaza

すでに5口の「寄付チケット」のお申込を
いただいております。


仕組みは、以下のように、とてもかんたんです。

1.寄付チケットの仕組みに賛同する方が、http://www.e-denen.net/index.php/bunyazaにて、
チケットを購入する
(主催者との契約は、チケットの売買契約です)。

2.主催者は、チケットをお申込者に送ることなく
保管しておきます。

3.開催日までのできるだけ早い時期に、
お申込数(金額)に応じて、ご招待券をお贈りします。


招待の対象者は、ラワットさんご本人と相談して決めます。

主に学校・教育・行政関係のみなさんの予定ですが、

いまのところ、
「高校生、大学生など、できるだけ若い世代に」というのが、
ラワットさんのご希望です。

みなさん、心の平和による世界平和の実現を、
55年にわたり、
世界中から招かれて語りつづけているのが、ラワットさんです。

こんな尊い活動をつづけている人を、
わたしは、「千年に一人、生まれるかどうか」の人物だと
思います。

10月13日(土)まであと105日ほどになりました。

ラワットさんのお話をライブで聴いて、
新しい人類史の幕開けを体感しませんか?!

寄付チケットへのご賛同をお願いいたします。http://www.e-denen.net/index.php/bunyaza

※文屋サイトから「寄付チケット」をお申込の際、
システム上カートシステムの都合で、
「チケットのお届け先」と表示されますが、


そこには「ご自身のご住所」を記入してください。

チケットは上記の通り、お申込者ではなく、
ご招待者に贈られます。

文屋 木下 豊より


【写真説明】http://www.e-denen.net/index.php/mailmag?

プレム・ラワットさんの最初のご著書
『Pot with the Hole 穴のあいた桶』

先月、ポルトガル語版、ドイツ語版、
スペイン語版の好調を受けて、
イタリア語版の翻訳出版契約をさせていただきました。

絵本作家・アニメ作家のしろいあやさんが、

ラワットさんと読者のみなさんに贈った
ラワットさんの世界を表現するキャラクター
「ハロルド君」です。

************************


★きょうの気づき★


◆「わたしたちでもっと声かけが出来るのではと思いました。

自然に思い付いたこと、
木下さんに受け入れて頂き、
話かけた友人共に喜んでおります。

ラワットファン数人と話し、
『寄付本プロジェクト』と同様に、

広島在住の関心ある方々をご招待券をお贈りする
アイディアです。」


◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎



このメールマガジン(文屋だより)は、
百年本の文屋代表、小布施人、農士、
「美日常」提唱者として、


ものごとの原点(本来あるべき姿)を
考えつづける筆者が、


日々、交流の場を綾なしながら、
みなさまの人生とビジネスのお役に立つこと
を目的に、お届けしております。


★文屋・木下豊について
http://www.e-denen.net/index.php/about_rinen
http://www.e-denen.net/index.php/about_kino


★熱血ライターの神山典士(こうやま・のりお)さんの
『成功する里山ビジネス~ダウンシフトという選択』
(角川新書)。



その第一章に、
「長野県小布施~地域DNAをビジネス化する」として、
文屋と小布施町が紹介されます。


帯には、文屋栗園で笑顔の木下夫婦が!
角川新書の公式サイト:
http://store.kadokawa.co.jp/shop/g/g321703000362/



◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎

◎わたしの師匠・和丸斎先生

 富士和教会の公式サイト:http://fujiwa-k.com/


師匠の一番弟子・井内由佳さんの最新刊
『すべてはあなたの思いどおり
~神さまからの究極の御利益』(主婦と生活社)より


【第3章 哀】


8. 人に裏切られたことがある? その人を恨んでいる?
  ならば、そのこころはいまする捨てて。


【『わたし、少しだけ神さまとお話できるんです。』(文屋)の
  ご著者・井内由佳さんの情報】


★井内由佳さんの公式サイト:http://yuka-i.com



◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎


◎平和の大使プレム・ラワットさんの講演動画


2011年、欧州議会にて「平和と幸福の実現」をテーマに講演。
講演後に提案された「平和の誓約書」に
37の政府、団体の代表が署名。


「歴史的な講演」と評価され、
「平和の大使」の任命を受けました。
https://youtu.be/owcmZ4ymmS0



◆みなさん、
10月13日(土)午後は、広島平和記念公園内の
広島国際会議場フェニックスホールの現場に、
ごいっしょに身を置いて、


平和の大使プレム・ラワットさんの講演を
ライブで聴いて、
新しい人類史の幕開けを体感しませんか?!
http://www.e-denen.net/index.php/bunyaza



◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎


◎わたしのイチオシ。斉藤一人さんの「覚悟の話」

goo.gl/hJbwWd


◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎

メールマガジン 文屋だより

アーカイブ

最新の投稿

PAGE TOP

HOME 商品一覧 文屋座 文屋語らい座 文屋について 書店様へ 文屋だより 制作日記 お問い合わせ プライバシーポリシー ご購入のご案内 特定商取引法