HOME > 文屋だより

文屋だより

メールマガジン「文屋だより」は、
百年本の文屋代表、小布施人、農士、「美日常」提唱者として、
ものごとの原点(本来あるべき姿)を考えつづける筆者が、日々、交流の場を綾なしながら、
みなさまの人生とビジネスのお役に立つことを目的に、お届けしております。

お名前
メールアドレス

Vol.610 世界最小発、世界最大の出版社からラワットさんの英語版が決定。

2018年07月20日

みなさん、こんにちは。お元気ですか?

きのうは信州小布施から高速道を真っ直ぐに南下して、
約2時間のところにある

長野県伊那市のかんてんぱぱ・伊那食品工業(株)本社
「かんてんぱぱガーデン」へ。

ロングセラー『新訂 いい会社をつくりましょう』の
ご著者・塚越寛さんと2時間半、
聞き取り取材をさせていただきました。

この編集工程の成果は、
一つは9月に、もう一つは来年春に、
実を結びます。

くわしくは後ほどお伝えいたします。

みなさん、
いつもこのメールマガジンをお受け取りいただき、
ありがとうございます。

◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎

信州小布施 美日常の文屋だより vol.610

和合と感謝
百年本を世界へ未来へ。

◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎

【きょうのテーマ】

世界最小発、世界最大の出版社から
ラワットさんの英語版が決定。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

*******************

★世界最小発、
  世界最大の出版社から
     ラワットさんの翻訳本が出版!★
*******************

幸せは穏やかなこころに宿る。

すべての人は生まれながらに、平和な心をもっている。

世界の平和は、一人ひとりの平和な心から。


文屋が「世界平和の大使」プレム・ラワットさんの
生涯初のご著書
『Pot with the Hole 穴のあいた桶』を

2015年秋に出版してから
3年近くがすぎました。

本書はすぐに英語版
『Splitting the Arrow』が文屋から出版され、
世界中で読まれています。

そしてこのたび、
世界最大の出版社である
ペンギン・ランダムハウス社(本社アメリカ)から、

あらためて、
「英語版」の出版権を取得したいとの意向が、
文屋に伝えられました。

ペンギン社からは、すでに、
スペイン語の翻訳版が出版されています。

スペイン語版の売れ行きが、
母国と南米諸国で好調であることに加え、

ドイツ語版、イタリア語版、ポルトガル語版、
中国語版(台湾)、インドのいくつかの言語版などが、
いずれも好評であることを受けて、

文屋がすでに、英語版の『Splitting the Arrow』を
出版して、
おもなファンのみなさん(第一次マーケット)が
講読しているにもかかわらず、

英語版の出版を決断していただきました。

販売エリアは、
イギリス、アメリカ、カナダ、オーストラリアなどの
英語圏はもとより、全世界におよびます。

「世界の平和は、一人ひとりの平和な心から」という
ラワットさんのメッセージが、
世界言語である英語版で、
世界最大の出版社から発信される。

一人ひとりの平和な心から築き上げる
ボトムアップ型の世界平和を実現させる目的に向かって、
確かで、大きな一歩になることでしょう。


同社は、

欧米大手出版社「ビッグ6」の2社である
米ランダムハウスと英ペンギン・ブックスが
2013年に合併した。世界最大手の会社です。
http://www.nikkei.com/article/DGXNASGM29066_Z21C12A0FF2000/

年商3,000億円の世界最大の出版社
ペンギン・ランダムハウス社さんと、

社員2人(わたしと妻)の世界最小の出版社
文屋との契約による2つ目の翻訳出版が、
実現いたしました。

売上規模は5千分の1です(汗)。

しかも、
「最小」が「最大」に
翻訳出版権をお買い求めいただくという契約です。

これを一番喜んでくださっているのは、
もちろん、ご著者のラワットさんご本人です。


*******************
★イン・アンド・フロム小布施の志を
     これからも★
*******************

わたしは、

豪州とフィリピンでの
家族(当時、妻と二児)との遊学を終えて、
31歳でフリーライターになりました。

初めて作った名刺のことを、
思い出しております。

なにか、キャッチフレーズを
と考えて決めたのが、

「In and From Obuse」でした。

イン・アンド・フロム・オブセ

大好きなふるさと
信州小布施を拠点にして(イン)、

小布施から世界に向けて発信する
(フロム)、という
気概(気負い?)を込めました。

名刺を受け取った人は、
その意味を説明すると、
何人かに「クスッ」と笑われました。

あれから28年

「In and From Obuse」の展開が、
目の前にあります。

もとより、この現実は、
文屋=木下が、
内外に「自慢」できることではありません。

文屋はいまだに、
経営体としては、
100点満点のうち10点もいただけない、

いやマイナス点をいただくであろう
会社です。

そしてなにより、今回の
ペンギン・ランダムハウス社さんからの
翻訳出版契約のお申し出は・・・

幸せは穏やかな心に宿る。
という、

幸せに暮らし、幸せに働くために必要な、
この「心の平和」のメッセージを、
世界中で、半世紀、語り続けている

プレム・ラワットさんという人物の
存在感と知名度と魅力のなせるわざです。

世界最大の出版社ということは、
本と著者を見る目の厳しさも、
世界トップクラスのはず。

今の世界と世界の人々の、
声なき声、

「心の底のマーケット」を、
調査・研究しつづけている会社です。

ですから、今回の翻訳出版契約は、
それほどまでに、人類は、

ラワットさんの「幸せは穏やかな心に宿る」
のメッセージを、

心の底から欲しているという
ご判断なのだと思います。


文屋はこれからも、ラワットさんの
「幸せは穏やかな心に宿る」の
メッセージを込めた

単行本や絵本、絵はがき集、DVDなどをつうじて、
世界の人々の「心の大地」を耕す、
お手伝いをさせていただきます。

みなさん、世界が求めるラワットさんの
書物などを、
どうぞ、暮らしと働きにお役立てください。

◆商品一覧:http://premrawat.shop-pro.jp/?mode=srh&cid=&keyword=


10月13日(土)のラワットさんの広島講演会は、
ラワットさんが初来日の日から45年間、

「世界平和の聖地・広島」での講演会の開催を
願いつづけた成果です。

すでに国内外から450人のみなさんに、
お申込をいただいております。

ラワットさんの心の平和のメッセージを、
世界の未来へと発信いたします。

ラワットさんの広島講演会。くわしい内容とお申込は、
http://www.e-denen.net/index.php/bunyaza


みなさん、
10.13は、広島国際会議場フェニックスホールの現場に、
ごいっしょに身を置いて、

新しい人類史の幕開けを体感しませんか?!
http://www.e-denen.net/index.php/bunyaza

上記のラワットさんの動画はこちらです
→ https://www.youtube.com/watch?v=Z9BHAuyrNLE


文屋 木下 豊より


【写真説明】http://www.e-denen.net/index.php/mailmag?

ペンギン・ランダムハウス社から文屋に届いた
スペイン語版

文屋の書棚のラワットさんコーナーに並ぶ
10を超える言語の翻訳語版。すでに20以上の言語に


************************

★きょうの気づき★

◆世界最大の出版社ということは、
本と著者を見る目の厳しさも、
世界トップクラスのはず。

今の世界と世界の人々の、
声なき声、

「心の底のマーケット」を、
調査・研究しつづけている会社です。

ですから、今回の翻訳出版契約は、
それほどまでに、人類は、

ラワットさんの「幸せは穏やかな心に宿る」
のメッセージを、

心の底から欲しているという
ご判断なのだと思います。

************************

このメールマガジン(文屋だより)は、
百年本の文屋代表、小布施人、農士、
「美日常」提唱者として、


ものごとの原点(本来あるべき姿)を
考えつづける筆者が、


日々、交流の場を綾なしながら、
みなさまの人生とビジネスのお役に立つこと
を目的に、お届けしております。


★文屋・木下豊について
http://www.e-denen.net/index.php/about_rinen
http://www.e-denen.net/index.php/about_kino


★熱血ライターの神山典士(こうやま・のりお)さんの
『成功する里山ビジネス~ダウンシフトという選択』
(角川新書)。



その第一章に、
「長野県小布施~地域DNAをビジネス化する」として、
文屋と小布施町が紹介されます。


帯には、文屋栗園で笑顔の木下夫婦が!
角川新書の公式サイト:
http://store.kadokawa.co.jp/shop/g/g321703000362/



◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎

◎わたしの師匠・和丸斎先生

 富士和教会の公式サイト:http://fujiwa-k.com/


師匠の一番弟子・井内由佳さんの最新刊
『すべてはあなたの思いどおり
~神さまからの究極の御利益』(主婦と生活社)より


【第4章 楽】


1. 小さな「嫌い」にこころを支配されていない?


【『わたし、少しだけ神さまとお話できるんです。』(文屋)の
  ご著者・井内由佳さんの情報】


★井内由佳さんの公式サイト:http://yuka-i.com



◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎


◎平和の大使プレム・ラワットさんの講演動画


2011年、欧州議会にて「平和と幸福の実現」をテーマに講演。
講演後に提案された「平和の誓約書」に
37の政府、団体の代表が署名。


「歴史的な講演」と評価され、
「平和の大使」の任命を受けました。
https://youtu.be/owcmZ4ymmS0



◆みなさん、
10月13日(土)午後は、広島平和記念公園内の
広島国際会議場フェニックスホールの現場に、
ごいっしょに身を置いて、


平和の大使プレム・ラワットさんの講演を
ライブで聴いて、
新しい人類史の幕開けを体感しませんか?!
http://www.e-denen.net/index.php/bunyaza



◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎


◎わたしのイチオシ。斉藤一人さんの「覚悟の話」

goo.gl/hJbwWd


◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎

メールマガジン 文屋だより

アーカイブ

最新の投稿

PAGE TOP

HOME 商品一覧 文屋座 文屋語らい座 文屋について 書店様へ 文屋だより 制作日記 お問い合わせ プライバシーポリシー ご購入のご案内 特定商取引法