HOME > 文屋だより

文屋だより

メールマガジン「文屋だより」は、
百年本の文屋代表、小布施人、農士、「美日常」提唱者として、
ものごとの原点(本来あるべき姿)を考えつづける筆者が、日々、交流の場を綾なしながら、
みなさまの人生とビジネスのお役に立つことを目的に、お届けしております。

お名前
メールアドレス

Vol.611 あと49日。10.13プレム・ラワットさん広島講演会に6万人超の若者をご招待状

2018年08月25日

みなさん、こんにちは。お元気ですか?

わたしは真夏の37日間も、
メルマガ配信をしないまま、
ひたすら潜りつづけておりました。


そろそろ水中から陽光の降りそそぐ水面に
顔をあげようと思います。

みなさん、
いつもこのメールマガジンをお受け取りいただき、
ありがとうございます。

◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎

信州小布施 美日常の文屋だより vol.611

和合と感謝
百年本を世界へ未来へ。

◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎

【きょうのテーマ】

あと49日。
10.13プレム・ラワットさん広島講演会に
6万人超の若者をご招待状

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

わたしが代表を務める
プレム・ラワット日本事務局(PRJ。文屋内)は、

10月13日(土)午後に、
広島平和記念公園内の
広島国際会議場フェニックスホールで、

「世界平和の大使」プレム・ラワットさんの講演会を
主催して開きます。

当日まで、49日になりました。
(49は「佳くなる」。大好きな数字です)。

今回の催しで、
文屋が初めて取り組んでいることがあります。

地元広島の行政(市・県・教育委員会など)と
マスコミに、後援をお願いすることです。

8月中旬までに、後援の名義が出そろいました。

広島県・広島県教育委員会
広島市・公益財団法人広島平和文化センター・
広島市教育委員会。

マスコミでは、
中国新聞社と朝日新聞広島総局から、
正式に後援をいただくことができました。

ラワットさんの文屋座として初めて実現した
行政とマスコミからの後援の動きに並行して、

これまた新しい試みの商品

「寄付チケット 10,000円」

が誕生しました。
http://www.e-denen.net/index.php/bunyaza

寄付チケットにはすでに50人を超えるみなさんから、
ご支援をいただいております。

そこで、
一つの結論と決断に至りました。

「世界平和を担う若者たちをご招待する」
プロジェクトです。

具体的には、

広島市公立高校:11校・計7,114人
広島市公立中学校:63校・計31,735人
広島県立高校(選抜)広島市近郊:18校・計15,662人

私立中高一貫校:6校・計7,800人
総合計 62,311枚(教職員を含む)

このみなさん全員に、夏休みが明けてすぐに、
写真にある講演会のチラシを、
学校を通じて配ります。

「学校を通じて」の配布が可能になるのは、
県・市の教育委員会の後援をいただいていればこその
成果です。

受け取った生徒のうち、
希望する人は、学校を通じて、
招待券を申し込みます。

主催者のPRJは、
先着順に受け付けて、
招待券を各校に送ります。

その際に、

その枚数・人数分のラワットさんのご著書
『Pot with the Hole 穴のあいた桶』を、
プレゼントします。
(寄付本プロジェクトの基金から)


10.13の当日は、
全国・世界中から参集する大人のみなさんに加えて、
広島の若者たちで満席の会場に、

プレム・ラワットさんをお迎えしたいと思います。

なお、
文屋公式サイトでは、
この講演会の学生の参加費を、
「優待3,000円」としてスタートしましたが、

上記のご招待プロジェクトに連動して、
「高校生~大学院生 無料ご招待」に
変更しております。

みなさん、お誘いあわせて、ご参加ください。
http://www.e-denen.net/index.php/bunyaza


10.13は、広島国際会議場フェニックスホールの現場に、
ごいっしょに身を置いて、

新しい人類史の幕開けを体感しませんか?!
http://www.e-denen.net/index.php/bunyaza

上記のラワットさんの動画はこちらです
→ https://www.youtube.com/watch?v=Z9BHAuyrNLE


文屋 木下 豊より


【写真説明】http://www.e-denen.net/index.php/mailmag?

10.13プレム・ラワットさん広島講演会の
新しいチラシ

ラワットさんを心の師匠と敬愛する
京都・大原在住のハーブ研究家・ベニシアさんの
メッセージを載せました。

************************

このメールマガジン(文屋だより)は、
百年本の文屋代表、小布施人、農士、
「美日常」提唱者として、


ものごとの原点(本来あるべき姿)を
考えつづける筆者が、


日々、交流の場を綾なしながら、
みなさまの人生とビジネスのお役に立つこと
を目的に、お届けしております。


★文屋・木下豊について
http://www.e-denen.net/index.php/about_rinen
http://www.e-denen.net/index.php/about_kino


◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎


◎わたしの師匠・和丸斎先生

 富士和教会の公式サイト:http://fujiwa-k.com/


師匠の一番弟子・井内由佳さんの最新刊
『すべてはあなたの思いどおり
~神さまからの究極の御利益』(主婦と生活社)より


【第4章 楽】


2. 人生を楽しむための秘訣は大好きな人たちと過ごす
時間と空間を持つこと。あなたは持っている?


【『わたし、少しだけ神さまとお話できるんです。』(文屋)の
  ご著者・井内由佳さんの情報】


★井内由佳さんの公式サイト:http://yuka-i.com



◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎


◎平和の大使プレム・ラワットさんの講演動画


2011年、欧州議会にて「平和と幸福の実現」をテーマに講演。
講演後に提案された「平和の誓約書」に
37の政府、団体の代表が署名。


「歴史的な講演」と評価され、
「平和の大使」の任命を受けました。
https://youtu.be/owcmZ4ymmS0



◆みなさん、
10月13日(土)午後は、広島平和記念公園内の
広島国際会議場フェニックスホールの現場に、
ごいっしょに身を置いて、


平和の大使プレム・ラワットさんの講演を
ライブで聴いて、
新しい人類史の幕開けを体感しませんか?!
http://www.e-denen.net/index.php/bunyaza



◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎


◎わたしのイチオシ。斉藤一人さんの「覚悟の話」

goo.gl/hJbwWd


◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎

メールマガジン 文屋だより

アーカイブ

最新の投稿

PAGE TOP

HOME 商品一覧 文屋座 文屋語らい座 文屋について 書店様へ 文屋だより 制作日記 お問い合わせ プライバシーポリシー ご購入のご案内 特定商取引法