HOME > 文屋だより

文屋だより

メールマガジン「文屋だより」は、
百年本の文屋代表、小布施人、農士、「美日常」提唱者として、
ものごとの原点(本来あるべき姿)を考えつづける筆者が、日々、交流の場を綾なしながら、
みなさまの人生とビジネスのお役に立つことを目的に、お届けしております。

お名前
メールアドレス

Vol.619 塚越寛さんの日めくりカレンダーをお手元に【ご予約特典付き】その3

2018年10月03日

みなさん、こんにちは。お元気ですか?

信州小布施の里。

きょうは、
あたたかで、おだやかな秋の一日でした。

収穫の秋を迎えた信州小布施に、
お誘いあわせて、遊びにお出かけください。

このたび、
世界平和の大使 プレム・ラワットさんの
ことを紹介する資料を、公式サイトに掲載しました。

ご覧ください。→ http://premrawat-japan.com/about/
このページ冒頭の「プレム・ラワットPDF資料」を
クリックしてください。

みなさん、
いつもこのメールマガジンをお受け取りいただき、
ありがとうございます。

◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎

信州小布施 美日常の文屋だより vol.619

和合と感謝
百年本を世界へ未来へ。

◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎

【きょうのテーマ】

塚越寛さんの日めくりカレンダーをお手元に
【ご予約特典付き】その3

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

**********************
★最初に塚越寛さんの経営に光を当てた学者
           坂本光司先生★
**********************

文屋は、
かんてんぱぱ・伊那食品工業の会長
塚越寛さんのご著作として、
万年型の日めくりカレンダーを、
10月23日(火・大安)に発行いたします。


書名は、
「塚越寛 日々の言葉
人も会社も幸せになる年輪経営」。

「会社経営の目的は、社員の幸せな理想郷づくり」。


この「塚越人間学・塚越経営道」を
全国へ、世界へと、広く末永い普及させることが、
出版の目的です。

日めくりカレンダーと書籍との違いは、
家庭や職場に飾ることで、

購入した人ご本人にとどまらず、
家族や社員、来訪者も目にすることです。

とくに子どもたちや若い社員の成長に、
確かな効果を期待することが出来ます。


この作品には、すでに、お三方が、
推薦のメッセージをお寄せくださっています。

五十音順に・・・

1.坂本光司様
経営学者・人を大切にする経営学会会長、
元法政大学大学院教授


2.高野登様
人とホスピタリティ研究所代表、
前ザ・ リッツ・カールトン・ホテル 日本支社長

3.前野隆司様
幸福経営学者・
慶應義塾大学大学院システムデザイン・
マネジメント研究科教授


坂本先生にいただいた推薦のメッセージを、
ご紹介いたします。


************

「この日めくりカレンダーにつづられた名言を糧に、
一日一日を一生懸命、生き・学び・働いたならば、

勇気と希望が湧き、

どんな境遇にある人でも、
必ずや幸せな人生を送ることができると思います。」

************

坂本光司先生、
すてきなメッセージを、
ありがとうございます。


『いい会社をつくりましょう』 は14年前に
上梓いたしました。


制作に2年あまりを使いました。


制作に入ったころ、
塚越会長(当時、社長)が、
たいせつそうに、新聞記事の切り抜きを

拡大コピーして渡してくださいました。


静岡文化芸術大学に籍を置かれていた
坂本光司先生の
お写真が載った、寄稿文でした。


あのころは、まだ、塚越会長と同社には、
社会的な評価の光は、
いまほどには当たっていませんでした。


いまと比べたら、
「まったく当たっていなかった」と
言っても過言ではありません。


そんな中、塚越会長が、

「坂本先生はもう何年も前から、
わたしの経営を評価してくださって、
こうして新聞にまで紹介してくださっている。

ありがたいことです。勇気づけられるね」と、
笑顔で話していらしたことを、
覚えております。



坂本先生は、その後も、
「千」の単位のたくさんの会社訪問を重ねられ、

足を運んで現地を見て、人と会って語り合う、
地道で息の長い活動をつづけてこられました。

近年はその成果として、

ベストセラーになっている
『日本でいちばん大切にしたい会社』
シリーズ(あさ出版)や、

「人を大切にする経営学会」と、
「日本でいちばん大切にしたい会社」大賞の
創設など、

一貫した理念と視座で、
日本の経営界に貢献されています。

文屋としても、坂本先生の
「人を大切にする経営」の考え方を学びながら、
よりお役に立つ書物の出版と広報を、
つづけて参りたいと思います。

************

10月17日(水・大安✕一粒万倍日!)24時までに
先行予約をしてくださるみなさまに、

ご予約特典として、
「10冊につき1冊」プレゼントさせていただきます。

社員やお客様、ご家族やお仲間のみなさまへの贈り物に
されてはいかがでしょうか?

ご予約はこちらからどうぞ!:
http://www.e-denen.net/index.php/books?_id=40 


塚越さんのメッセージに華を添えているのは、
植物細密画家として活躍する
野村陽子さんの作品です。

かんてんぱぱガーデンに咲く花を描いた
作品を選んで掲載しました。

デザインは、
わが国のブックデザイナーのトップランナー
鈴木成一さんにお引き受けいただきました。

ほんとうに、美しい、
品格のあるカレンダーです。


サイズは、
A5版、壁掛け・卓上両用です。

日めくりカレンダー
「塚越寛 日々の言葉
人も会社も幸せになる年輪経営」

ご予約はこちらからどうぞ!:
http://www.e-denen.net/index.php/books?_id=40 


************

みなさん、
10月13日(土)午後は、広島平和記念公園内の
広島国際会議場フェニックスホールの現場に、
ごいっしょに身を置いて、


平和の大使プレム・ラワットさんの講演を
ライブで聴き、


薮原秀樹さんとわたしのお話を聴いて、


新しい人類史の幕開けを体感しませんか?!
http://www.e-denen.net/index.php/bunyaza

では、どうぞよろしくお願いいたします。


文屋 木下 豊より


【写真説明】http://www.e-denen.net/index.php/mailmag?

日めくりカレンダー 「塚越寛 日々の言葉
人も会社も幸せになる年輪経営」の表紙が仕上がりました。

************************

このメールマガジン(文屋だより)は、
百年本の文屋代表、小布施人、農士、
「美日常」提唱者として、


ものごとの原点(本来あるべき姿)を
考えつづける筆者が、


日々、交流の場を綾なしながら、
みなさまの人生とビジネスのお役に立つこと
を目的に、お届けしております。


★文屋・木下豊について
http://www.e-denen.net/index.php/about_rinen
http://www.e-denen.net/index.php/about_kino



◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎


◎わたしのこころの師匠・戸村和男先生

 富士和教会の公式サイト:http://fujiwa-k.com/


師匠の一番弟子・井内由佳さんの最初のご著書
『わたし、少しだけ神さまとお話できるんです。』
(文屋)より


【第3章 あなたのために その一「人として」】


7.善い人と思われたいのは危険信号。



★井内由佳さんの公式サイト:http://yuka-i.com



◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎


◎平和の大使プレム・ラワットさんの講演動画


2011年、欧州議会にて「平和と幸福の実現」をテーマに講演。
講演後に提案された「平和の誓約書」に
37の政府、団体の代表が署名。


「歴史的な講演」と評価され、
「平和の大使」の任命を受けました。
https://youtu.be/owcmZ4ymmS0



◆みなさん、
10月13日(土)午後は、広島平和記念公園内の
広島国際会議場フェニックスホールの現場に、
ごいっしょに身を置いて、


平和の大使プレム・ラワットさんの講演を
ライブで聴いて、
新しい人類史の幕開けを体感しませんか?!
http://www.e-denen.net/index.php/bunyaza



◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎


◎わたしのイチオシ。斉藤一人さんの「覚悟の話」

goo.gl/hJbwWd



◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎

メールマガジン 文屋だより

アーカイブ

最新の投稿

PAGE TOP

HOME 商品一覧 文屋座 文屋語らい座 文屋について 書店様へ 文屋だより 制作日記 お問い合わせ プライバシーポリシー ご購入のご案内 特定商取引法