HOME > 文屋だより

文屋だより

メールマガジン「文屋だより」は、
百年本の文屋代表、小布施人、農士、「美日常」提唱者として、
ものごとの原点(本来あるべき姿)を考えつづける筆者が、日々、交流の場を綾なしながら、
みなさまの人生とビジネスのお役に立つことを目的に、お届けしております。

お名前
メールアドレス

Vol.628 師は自然。11月17日(土)、ひまわりおじさんの原画展&トークイベントにどうぞ!

2018年11月12日

みなさん、こんにちは。お元気ですか?

信州小布施の里はきょうも、
おだやかな晩秋の一日でした。

昨晩から今朝にかけて、
三回、震度1ほどの地震がありました。

ひとたび発生すると、
静岡県から宮崎県にかけての一部では
震度7!になる可能性がある「南海トラフ巨大地震」。

大地震を起こす一度で巨大なエネルギーの発生を、

たとえば、

震度1か2程度の100回分割払いで、
解消できないものかと、
わたしは真剣に、神さまに願っております。

みなさん、
いつもこのメールマガジンをお受け取りいただき、
ありがとうございます。

◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎

信州小布施 美日常の文屋だより vol.628

和合と感謝
百年本を世界へ未来へ。

◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎

【きょうのテーマ】

師は自然。11月17日(土)、
ひまわりおじさんの原画展&トークイベントにどうぞ!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

**********************
★人生に必要なことは自然から学べる★
**********************

福島県の山里で畑を耕して暮らす佐久間辰一さんは、
福島県のみなさんが「福島の誇るひまわりおじさん」と
敬愛する人物です。

文屋は先ごろ、

人の心に光をともす「ひまわりおじさん」の物語を、
ルポ絵本『ぼくのひまわりおじさん』をとしてまとめ、
出版いたしました。

この本の出版を記念して、
原画展とトークイベントを、11月17日(土)、
八重洲ブックセンターにて開催いたします。

わたし(木下)も会場にてお待ちしております。

終了後、佐久間さんを囲んでの懇親会も開きます。
みなさんのお越しをお待ちしております。
お出かけください。


佐久間さんと知り合いになって2年になります。

いつもおだやかで、笑顔を絶やすことのない
佐久間さんは、
とても謙虚な人でもあります。

その源泉をたどると、
人生観や経営観を「自然から学んでいる」ことに
気づかされます。

大根、柿、ひまわり、桜、雑草・・・

佐久間さんが書きつづけている
「自然から経営や人生観を学ぶシリーズ」を読むと、

植物という神の創造物に秘められた不思議や、
わたしたち人間が学べることが、
とてもわかりやすく描かれています。

たとえは、
「桜に学ぶ人生」の文章をご紹介いたします。

(こころから)
************

ある知り合いの方から、
次のような色紙をいただきました。

「梅経寒苦 発清香」(梅は寒苦を経て、清香を発す)

つまり、梅は冬の厳しい寒さを経て、
やがてすばらしい花が咲き清香を放つのです。

桜も同じであると思います。

これを人間に置き換えれば、
人間も大変な苦労や厳しさを乗り越えて良い人格者となり
立派な人生を送れるというものです。

冬の厳しさが厳しいほど休眠ホルモンが減少していく。

それは、開花を早める大きな要素となるのです。

寒さに遭わなかったり、
その寒さが弱いと立派な花は咲かないのです。 

桜を人生に当てはめると、
冬の厳しさは、つまり、
自分に課せられた課題や心の試練の時です。

その厳しさが大きいほど、
それを乗りきったときの喜びや成果は大きなものとなり、
その人を一段と成長させてくれます。

ただ、注意しなければならないことは、
その寒さ重みに耐えかねて、
枝を折ってしまわないことだと思います。

************

「梅経寒苦難 発清香」

わたしは小学校6年生のとき、
1年生から4年生まで担任であった
堀籠悦雄先生のご自宅を仲間と訪れたときに、

この漢詩の一節を書いた色紙を頂戴しました。

佐久間さんは、
「スギナから学ぶ挑戦力」の文で、

1)雑草の不思議 2)繁殖の不思議
3)自ら身を引く不思議 4)効用の不思議

を書いたのにつづけて、
5)スギナに学ぶ人生で、つぎのようにつづっています。

(ここから)
************

酸性を好むスギナは、
自身はやがてアルカリ性の葉を残し、

アルカリ性の土地を作り、
自分の居場所を無くしていきます。

なぜこのように、自分の環境を悪くして、
他に移らなければならないのかは、
疑問として残ります。

私は自分なりに、人間に置き換えて考えてみました。

同じ場所、環境、地位に留まることは、
安住の地で楽ができるということでありますが、
そこには進歩がありません。

長く留まることによる弊害もあります。

もしかしたら、
それさえも考えない人間になってしまいます。

スギナはそれに気づいて、
あえて大変な道を歩んでいるのかも知れません。

新たな挑戦を目指して、頑張る。

それによって、
スギナは生きながらえるのではないかと考えました。

人間も常にその環境におぼれることなく、
常にチャレンジの精神がなければなりません。

それを教えてくれるのがスギナの生き方ではないかと
思っています。

************

なるほど!

ぬくぬくとした場所や立場に安住して
暮らしたり働いたりしていては、
たくましくしなやかな生き方、働き方はできない。

その真理を、
「雑草」であるスギナから学び取る佐久間さんの慧眼に、
感服するのみです。


みなさん、11月17日(土)、
佐久間さんのお話を聴きに、
八重洲ブックセンターへお出かけください!


【ルポ絵本「ぼくのひまわりおじさん」刊行記念
絵本作家チャンキー松本さん×絵本の主人公
佐久間辰一さんの原画展&トークイベント】
 
和紙の切り絵を貼って一枚の絵を描く独特の手法で、
チャンキー松本さんが描いた作品の原画展です。

○日時:2018年11月17日 (土)
 ・原画展 10:00~17:30 
 ・トークイベント 15:00~17:30

○会場:八重洲ブックセンター 8F ギャラリー

○トークイベント参加定員:50名(お申し込み先着順)
※定員になり次第、締め切らせていただきます。

○申込方法:1階カウンターにて、『ぼくのひまわりおじさん』
(本体価格1,500円)をお買い求めの方に、
参加整理券をお渡しします。

(参加券1枚につき、お1人のご入場とさせていただきます。)

また、お電話でのご予約も承ります。(03-3281-8201)

電話予約の方もご購入+参加券お渡し後のご入場となります。

当日開場時間までにお求めください。
開演1時間前からは8階カウンターで受付いたします。
 
※絵画展のご入場は自由です。(10:00~15:00)
※トークイベントご参加の方以外は、15:00以降のご入場はできません。

主催:文屋   協賛:八重洲ブックセンター

本書には、
クロフネカンパニー株式会社 代表取締役 
日本一の講演家 中村 文昭さん

『教師の作法 修養』(さくら社、2018年)著者
西村 徹さん

『社会人として大切なことはみんなディズニーランドで教わった』
(こう書房、2002年)著者・講演家 香取 貴信さん
のお三方から、ご推薦のメッセージをいただいております。

絵は、
切り絵アーティストのチャンキー松本さんが描いた、
美しい和紙の貼り絵です。

太陽の下で汗を流すこと、心を開くこと、
受け入れること、
感謝すること、許すこと・・・

日々を祝い、人生を味わう暮らしのすばらしさを
感じることができる絵本です。

くわしい内容とお申込は公式サイト:
http://www.e-denen.net/index.php/books?_id=39

書店、ネット書店でもお求めいただけます。

みなさん、
佐久間さんのお話を聴きに、
11月17日(土)八重洲ブックセンターにお出かけください。

では、どうぞよろしくお願いいたします。


文屋 木下 豊より


【写真説明】http://www.e-denen.net/index.php/mailmag?

ルポ絵本『ぼくのひまわりおじさん』

佐久間辰一さん

************************

このメールマガジン(文屋だより)は、
百年本の文屋代表、小布施人、農士、
「美日常」提唱者として、


ものごとの原点(本来あるべき姿)を
考えつづける筆者が、


日々、交流の場を綾なしながら、
みなさまの人生とビジネスのお役に立つこと
を目的に、お届けしております。


★文屋・木下豊について
http://www.e-denen.net/index.php/about_rinen
http://www.e-denen.net/index.php/about_kino



◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎


◎わたしのこころの師匠・戸村和男先生

 富士和教会の公式サイト:http://fujiwa-k.com/


師匠の一番弟子・井内由佳さんの最初のご著書
『わたし、少しだけ神さまとお話できるんです。』
(文屋)より


【第3章 あなたのために その二「人間関係のこと」】

5.心に負荷を。

★井内由佳さんの公式サイト:http://yuka-i.com

★井内由佳さんが社長をつとめる
株式会社フィールド オブ ドリームスの公式サイト:
https://f-o-dreams.com/

◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎

◎平和の大使プレム・ラワットさんの講演動画


2011年、欧州議会にて「平和と幸福の実現」をテーマに講演。
講演後に提案された「平和の誓約書」に
37の政府、団体の代表が署名。

「歴史的な講演」と評価され、
「平和の大使」の任命を受けました。
https://youtu.be/owcmZ4ymmS0

◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎

◎わたしのイチオシ。斉藤一人さんの「覚悟の話」

goo.gl/hJbwWd

◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎

メールマガジン 文屋だより

アーカイブ

最新の投稿

PAGE TOP

HOME 商品一覧 文屋座 文屋語らい座 文屋について 書店様へ 文屋だより 制作日記 お問い合わせ プライバシーポリシー ご購入のご案内 特定商取引法