HOME > 文屋だより

文屋だより

メールマガジン「文屋だより」は、
百年本の文屋代表、小布施人、農士、「美日常」提唱者として、
ものごとの原点(本来あるべき姿)を考えつづける筆者が、日々、交流の場を綾なしながら、
みなさまの人生とビジネスのお役に立つことを目的に、お届けしております。

お名前
メールアドレス

Vol.653 いい会社づくりは、平和な、いい世界づくり。

2019年01月23日

みなさん、こんにちは。お元気ですか?

信州小布施の里、
きょうもおだやかで、あたたかな冬の一日でした。

みなさん、
いつもこのメールマガジンをお受け取りいただき、
ありがとうございます。

◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎
信州小布施 美日常の文屋だより vol.653
和合と感謝
百年本を世界へ未来へ。
◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎
【きょうのテーマ】
いい会社づくりは、平和な、いい世界づくり。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

**********************
★労使は同志、
 経営トップのわたしが「労組の委員長」です★
**********************

東京駅からすぐのメガ書店
八重洲ブックセンター2階、ビジネス書コーナーにて、

2月10日(日)まで開催中の
「塚越寛ブックフェア&写真展」のメインイベントとして、

去る20日(日) 午後、同店8階にて、
塚越寛さんのトークイベントを
「文屋座」として主催いたしました。

そのご報告第2弾をお伝えいたします。

スペースの都合から、ごく一部しかお伝えできませんが、
「当日の音声を聴いて学びたい」というご要望を、
すでに多くの方からお寄せいただいています。

音声を何からのかたちで公開できないか、
検討を進めております。

では、当日の塚越さんのお話の一部を、
ご覧ください。

「社員の健康のこと、職場環境のこと、
職場や工場の設備のこと、待遇のこと・・・

社員の幸せな理想郷づくりが、経営の目的です。

わたしは経営トップとして、
60年にわたって、ずっと、いつも、
この目的を叶えるために、

考え、判断し、行動してきました。

当社には、労働組合はありません。

労組はありませんが、
わたしは、普通の労組の委員長が、
経営陣に要望することを、

経営トップとして、誰よりも考え、
実現してきました。

ですから、わたしは社員によく、
「社長(会長の)のわたしが、
労組の委員長です」と言いつづけてきました。

労使は本来、対立する関係ではありません。

社員の幸せな理想郷づくりという、
経営の共通の目的に向かって、ともに手を取り合って、
一体になって歩む関係であり、

「対立」ではなく「同志」なのです。

経営者は、
どうやって人に優しくなれるかを、
学ばなくてはいけません。

みんなをハッピーにしてあげたいと願う経営者が、
社員みんなと、
いい会社をお互いにつくろうとする会社に、

「対立」は生まれないし、対立は必要ありません。」
(以上、文責:木下)


会場からは、

「この考え方こそ、まさに真っ当。

労使関係を複雑に考える必要はないのですね。

ひとつの目的に向かって、
このように簡単に、簡明に考えれば、
みんなハッピーになれます。

それを実証しているのが、
伊那食品工業さんなのですね」と、

ため息交じりの感想が聞かれました。

**********************
★いい会社づくりは、
        平和な、いい世界づくり。★
**********************

塚越寛さんの講演と質疑応答を受けて、
人と経営研究所所長で『考えてみる』ご著者の
大久保寛司さんが、

塚越さんの人生と経営への総評とともに、
力強いエールを贈ってくださいました。


大久保さんは、
「わたしは、塚越さんの最初のご著書である
『いい会社をつくりましょう』を読んで、

「自分が理想と考えていた会社が、
この世に実在した!」と大喜びして、

それ以来、塚越さんと社員のみなさんに、
何百時間にわたって教えていただいています。

伊那食品さんのようないい会社が増えることで、
世界の平和は必ず実現すると、
本気で信じています。

塚越さんの理念と実践は、これから、
日本全国だけではなく、

世界中の人々、特に経営者に伝え、
広めていく価値があります。

それがわたしの使命でもあると思います。」


大久保さん、ありがとうございます。

そのお役目、使命は、
文屋も共有させていただき、
伴走させていただきます。

今春出版する塚越さんの集大成となるご著書は、
英語をはじめ世界中の言語での翻訳出版を
構想しております。

みなさん、どうぞお楽しみに!


塚越寛さんの日めくりカレンダーは、
ご自宅やお仕事場での掲示用に、

また、
お子さんやお仲間、お取引先への贈答用にと、
ご好評をいただいております。

チラシのデータは、
文屋公式サイトにてご覧いただくことができます。
http://www.e-denen.net/index.php/books?_id=40


この日めくりカレンダーには、
「いい会社をつくりましょう」の社是に塚越さんが込めた
人としての究極の願いが、

優しい表現で、
すみずみにまで反映されています。

A5版、壁掛け・卓上両用です。

「会社経営の目的は、社員の幸せな理想郷づくり」。

この「塚越人間学・塚越経営道」を
全国へ、世界へと、広く末永い普及させることが、
出版の目的です。

ご予約はこちらからどうぞ!:
http://www.e-denen.net/index.php/books?_id=40 


では、どうぞよろしくお願いいたします。


文屋 木下 豊より


【写真説明】http://www.e-denen.net/index.php/mailmag?

八重洲ブックセンターで開かれた塚越寛さんの
トークイベントにて。

************************

このメールマガジン(文屋だより)は、
百年本の文屋代表、小布施人、農士、
「美日常」提唱者として、

ものごとの原点(本来あるべき姿)を
考えつづける筆者が、
日々、交流の場を綾なしながら、
みなさまの人生とビジネスのお役に立つこと
を目的に、お届けしております。

★文屋・木下豊について
http://www.e-denen.net/index.php/about_rinen
http://www.e-denen.net/index.php/about_kino

◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎

◎わたしのこころの師匠・戸村和男先生
 富士和教会の公式サイト:http://fujiwa-k.com/

師匠のお弟子さん・井内由佳さんのご著書
『もっと美しく、もっと幸せに
~リッチに輝いて愛される33の理由』
(廣済堂出版。2018年)より

【第1章 美しく暮らす】
1.「人は、誰でもこころの奥底で、
「旅に出たい」と思うもの。

その気持ちを無視しないで、
思い切って出かけてみると、
心の新陳代謝が促進されます。」

★井内由佳さんの公式サイト:http://yuka-i.com

★井内由佳さんが社長をつとめる
株式会社フィールド オブ ドリームスの公式サイト:
https://f-o-dreams.com/

◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎

◎文屋では、平和の大使プレム・ラワットさんの
集大成となるご著書を、来春、世界出版するため、
制作中です!お楽しみに。
◎ラワットさんの講演動画

2011年、欧州議会にて「平和と幸福の実現」をテーマに講演。
講演後に提案された「平和の誓約書」に
37の政府、団体の代表が署名。

「歴史的な講演」と評価され、
「平和の大使」の任命を受けました。
https://youtu.be/owcmZ4ymmS0

◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎

◎わたしのイチオシ。斉藤一人さんの「覚悟の話」
goo.gl/hJbwWd

◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎

メールマガジン 文屋だより

アーカイブ

最新の投稿

PAGE TOP

HOME 商品一覧 文屋座 文屋語らい座 文屋について 書店様へ 文屋だより 制作日記 お問い合わせ プライバシーポリシー ご購入のご案内 特定商取引法