HOME > 文屋だより

文屋だより

メールマガジン「文屋だより」は、
百年本の文屋代表、小布施人、農士、「美日常」提唱者として、
ものごとの原点(本来あるべき姿)を考えつづける筆者が、日々、交流の場を綾なしながら、
みなさまの人生とビジネスのお役に立つことを目的に、お届けしております。

お名前
メールアドレス

Vol.658 和門(わもん)の薮原さんと平和の大使ラワットさんの邂逅という必然。

2019年02月07日

みなさん、こんにちは。お元気ですか?

信州小布施の里、
日差しも風の臭いにも、春が兆しています。

きざし=兆し・・・好きな和言葉です。

それもそのはず、わたしたちは、
立春大吉の2月4日を乗り越えたのですね。

みなさん、
いつもこのメールマガジンをお受け取りいただき、
ありがとうございます。

◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎
信州小布施 美日常の文屋だより vol.658
和合と感謝
百年本を世界へ未来へ。
◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎
【きょうのテーマ】
和門(わもん)の薮原さんと
平和の大使ラワットさんの邂逅という必然。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

**********************
★わもんは話門・和門。世界の平和に貢献へ★
**********************

前号までに、

『聞けば叶う』(文屋)のご著者であるやぶちゃんこと
薮原秀樹さんとの沖縄での運命的な邂逅(かいこう)と、

やぶちゃんが進めていく韓国・朝鮮半島における
わもんの普及、

そして、
昨年出版された、
このご著書の韓国語版と英語版について、
ご紹介しました。


2007年5月の初めての出会いから8年後、
2015年10月2日午後、名古屋市能楽堂に、

やぶちゃんとわたしが、
お仲間たちとある人物の到着を待っていました。


平和の大使プレム・ラワットさんです。

ラワットさんとわたしは、

前年2014年10月に大阪市内のホテルで初対面して、
ラワットさんのこれから出すご著書の「世界出版権」を
文屋が担わせていただくことで合意していました。

2015年夏には、
ラワットさんの最初のご著書になった
『Pot with the Hole 穴のあいた桶』を出版。

それを記念した来日で、
ラワットさんは、
文屋が主催あるいは共催する3つの催しで

講演してくださる予定が組まれていました。

その一つ目が、
やぶちゃんが主催して、

「わもん」のトップクラスの習い手たちだけを対象にした
ラワットさんの講演会でした。

10月2日午後、名古屋市能楽堂。

楽屋口の車寄せから入館されたラワットさんを、
やぶちゃんは元気な声で満面の笑みで迎え、
旧知の仲のようにうち解けて打ち合わせを始めました。

能楽堂の定めにより、

ラワットさんは上履きとして用意された
白い足袋(たび)を履いて
能舞台に立ちました。

参加者は全員、
「聞く」を極める技法であるわもんを日々修行している
全国の精鋭たちです。

ラワットさんの口に目に表情に、全身のしぐさや
発する波動(オーラ?)に、

聞き手たちも全身を受信機にして、
声なき声までも聞き受ける気概で、

「心の平和」の大切さを説くラワットさんのお話を
聞いていました。

講演のあとの質疑応答では、
200人ほどの全員がいっせいに手をあげて、
ラワットさんを驚かせました。

10数人から、鋭く、深い問いが投げかけられ、
ラワットさんは、たとえ話や寓話を使って、
回答していました。

いままで何回もの文屋座という学びの場を主催してきた
わたしですが、

語り手と聞き手の意識と意欲のレベルが、
高いところで化学反応を起こした、
最高の事例、

まさに、
「奇跡の講演会」だったと思います。

舞台から楽屋へ通じる通路で、
待っていたやぶちゃんは、
ラワットさんと熱いハグ!

ラワットさんはその場で、
4日後の10月6日夜に予定されていた

紀伊國屋サザンシアター(新宿)での講演会の
司会進行をやぶちゃんに依頼しました。


相手と自分の声なき声を「聞く」ことを極める技法
「わもん(平和への門)」を創始して進化を続け、
全国から海外への普及を進めるやぶちゃんと、

4歳の時から聴衆の前で語り始め、
「平和の大使」として、
世界中から招かれて57年間にわたって
講演と人道支援活動をつづけるラワットさん。

このお二人はそろって、
文屋から初めてのご著書を出版され、
文屋座セミナーで出会い、

ともに、
一人一人の平和な心の積み上げによる
ボトムアップ型の世界平和の実現を目指しています。

翌年2016年夏、
ラワットさんが初めて出版した
『絵本あなのあいたおけ』でも、

やぶちゃんとラワットさんの
協働活動が展開されました。

この絵本について、
次号をお楽しみに!


『聞けば叶う わもん入門』:
http://www.e-denen.net/index.php/books?_id=5
※書店、アマゾンでもお求めいただけます!

わもん・薮原秀樹さん:
株式会社わもん:http://wamon.co.jp/ 
一般財団法人わもん財団:http://wamon.or.jp/
やぶちゃんTV:http://yabuchantv.jp

ラワットさんのご著書:
http://premrawat.shop-pro.jp/?mode=cate&cbid=2079672&csid=0
※書店、アマゾンでもお求めいただけます!

では、どうぞよろしくお願いいたします。


文屋 木下 豊より


【写真説明】http://www.e-denen.net/index.php/mailmag?

薮原秀樹さんの初のご著書『聞けば叶う ~わもん入門』

2015年10月、
名古屋市能楽堂にて、
左から薮原秀樹さん、ラワットさん、
通訳のマックス・ウィトルさん。

白い足袋をはいています。

名古屋市能楽堂で、
わもんの精鋭たちを前に語るラワットさん。

************************

このメールマガジン(文屋だより)は、
百年本の文屋代表、小布施人、農士、
「美日常」提唱者として、

ものごとの原点(本来あるべき姿)を
考えつづける筆者が、
日々、交流の場を綾なしながら、
みなさまの人生とビジネスのお役に立つこと
を目的に、お届けしております。

★文屋・木下豊について
http://www.e-denen.net/index.php/about_rinen
http://www.e-denen.net/index.php/about_kino

◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎

◎わたしのこころの師匠・戸村和男先生
 富士和教会の公式サイト:http://fujiwa-k.com/

師匠のお弟子さん・井内由佳さんのご著書
『もっと美しく、もっと幸せに
~リッチに輝いて愛される33の理由』
(廣済堂出版。2018年)より

【第1章 美しく暮らす】
6.「一流」とは、細部にこころが行き届いていること。
「一流」に触れる機会を持つようにすると、
知らず知らずのうちに本物がわかるようになります。

★井内由佳さんの公式サイト:http://yuka-i.com

★井内由佳さんが社長をつとめる
株式会社フィールド オブ ドリームスの公式サイト:
https://f-o-dreams.com/

◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎

◎文屋では、平和の大使プレム・ラワットさんの
集大成となるご著書を、来春、世界出版するため、
制作中です!お楽しみに。
◎ラワットさんの講演動画

2011年、欧州議会にて「平和と幸福の実現」をテーマに講演。
講演後に提案された「平和の誓約書」に
37の政府、団体の代表が署名。

「歴史的な講演」と評価され、
「平和の大使」の任命を受けました。
https://youtu.be/owcmZ4ymmS0

◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎

◎わたしのイチオシ。斉藤一人さんの「覚悟の話」
goo.gl/hJbwWd

◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎

メールマガジン 文屋だより

アーカイブ

最新の投稿

PAGE TOP

HOME 商品一覧 文屋座 文屋語らい座 文屋について 書店様へ 文屋だより 制作日記 お問い合わせ プライバシーポリシー ご購入のご案内 特定商取引法