HOME > 文屋だより

文屋だより

メールマガジン「文屋だより」は、
百年本の文屋代表、小布施人、農士、「美日常」提唱者として、
ものごとの原点(本来あるべき姿)を考えつづける筆者が、日々、交流の場を綾なしながら、
みなさまの人生とビジネスのお役に立つことを目的に、お届けしております。

お名前
メールアドレス

Vol.698 感謝!絵本寄贈のクラウドファンディング 達成率320%にて終了いたしました。

2019年08月14日

みなさん、こんにちは。お元気ですか?


きょうも信州小布施の里は、快晴でした。

気温は高いのですが、
吹き渡る風はすでに秋の気配がいたします。

みなさん、
いつもこのメールマガジンをお受け取りいただき、
ありがとうございます。

◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎
信州小布施 美日常の文屋だより vol.698
和合と感謝
百年本を世界へ未来へ。
◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎

【きょうのテーマ】
感謝!絵本寄贈のクラウドファンディング
達成率320%にて終了いたしました。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

**********************
★世代や血縁を超えた
  「選択縁」という「家族」のありよう&
森に還ろうの絵本を子どもたちに贈りたい★
**********************

文屋はいま、
絵本『おじいちゃんのまきストーブ』をつくっています。

みなさん、
この絵本を全国の子どもたちに贈るための
クラウドファンディングに、

あたたかなご理解と力強いご支援を
いただきまして、ありがとうございました。

おかげさまで、クラウドファンディング

「森の美しい日常を描く
絵本『おじいちゃんのまきストーブ』を
より多くの人に届けたい!」は、

3日前の11日深夜に終了、
目標の293%を達成することができました。
心より感謝を申し上げます。

160人の方々から1,465,000円のご厚情と
たいせつなお金を託していただきました。

クラウドファンディングを通じたご支援に加えて、
いま現在20人から文屋にこの出版事業へのサポートとして、
139,000円を直接お寄せいただいております。

合計すると、180人から1,604,000円。
達成率は320%です。

当初は「500,000円」の目標を、
おそるおそる設定しました。

共感してご支援くださる方が
果たしてこんなにいらっしゃるのか?と不安でした。

しかし、ご理解くださる方の輪が
どんどん広がっていきました。

おかげさまで、
第1次目標  500,000円
第2次目標 1,000,000円
第3次目標 1,300,000円

そして、
第4次目標 1,500,000円 も上回ることができました。

この結果、つぎの4つの施設や学校の子どもたちに、
この素敵な絵本をプレゼントすることができます。

1.全国の599か所の児童養護施設に1冊ずつ

  生みの親やきょうだいと暮らすという
「当たり前」の毎日さえも叶わずに共同生活を送る
約3万人の子どもたちに贈ることができます。

2.日本小児総合医療施設協議会の子ども病院 31か所

  小児ガンなどの難病と闘っている子どもたちと
親御さんたちに、プレゼントいたします。

3.東日本大震災の被災地3県の公共図書館 90か所
  (福島県34か所、宮城県26か所、岩手県30か所)に、
お贈りすることができます。

そして、夢にまで見た願いである・・・

4.福島県内の小学校(国立私立も含め)449校 
にお贈りすることができます。

  被災地はどこもたいへんですね。

なかでも、原発事故の被害と風評被害に苦しむ
福島県に暮らす子どもたちに
プレゼントすることができます。
  

『おじいちゃんのまきストーブ』には、
この絵本の誕生物語をつづったA5判の小冊子を
はさみ込みます。

みなさまのお名前は、
この小冊子に刻ませていただきます。

以上、クラウドファンディングの成果、
第一報としてご報告いたします。

今後、絵本の制作の様子や出版後の施設や学校への
プレゼントの様子などを、
ご報告させていただきます。

みなさまのお健やかなご多幸を祈念いたします。

文屋のある素敵なまち信州小布施にも
遊びにお出かけください。

深き感謝を込めまして

令和元年8月14日
文屋 代表 木下 豊・編集チーム一同

************

どうぞよろしくお願いいたします。

【写真説明】http://www.e-denen.net/index.php/mailmag?

8月7日に小布施町の喫茶店メイプルにて、
翻訳の編集会議にて。

山梨県北杜市の著者でエッセイストのさわもりりささん
(中央)と、
さわもりさんのご主人で言語文化教育が
ご専門の細川英雄さん(左。稲田大学名誉教授)。

アーティストのもとすぎりゅう(本杉琉)さん(その右)。

アメリカ人の翻訳家で文屋のある小布施町在住の
ハート・ララビーさん(りささんの右)、木下豊。

************************

このメールマガジン(文屋だより)は、
百年本の文屋代表、小布施人、農士、
「美日常」提唱者として、

ものごとの原点(本来あるべき姿)を
考えつづける筆者が、
日々、交流の場を綾なしながら、
みなさまの人生とビジネスのお役に立つこと
を目的に、お届けしております。

★文屋・木下豊について
http://www.e-denen.net/index.php/about_rinen
http://www.e-denen.net/index.php/about_kino

◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎

2019年1月20日に八重洲ブックセンターで開いた
かんてんぱぱ・伊那食品工業株式会社会長
塚越寛さんの講演音声データ。

語り手と聞き手の意識が高いレベルで一体になった
「奇跡の講演会」の90分間の全容を、
ぜひお手元で何回も聞いてお役立てください。
http://www.e-denen.net/index.php/movies?_id=42

◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎

◎わたしのこころの師匠・戸村和男先生
 富士和教会の公式サイト:http://fujiwa-k.com/

師匠のお弟子さん・井内由佳さんのご著書
『もっと美しく、もっと幸せに
~リッチに輝いて愛される33の理由』
(廣済堂出版。2018年)より

【第2章 こことと身体をしあわせにする食事】

2.よい油とよい塩を選ぶことは、
美容と健康、アンチエイジングの要(かなめ)。

よくよく吟味して良質なものを使うようにすると
身体も肌も変わってきます。

★井内由佳さんの公式サイト:http://yuka-i.com

★井内由佳さんが社長をつとめる
株式会社フィールド オブ ドリームスの公式サイト:
https://f-o-dreams.com/

◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎

◎文屋では、平和の大使プレム・ラワットさんの
集大成となるご著書を、世界出版するため、
制作中です!

テーマは、「呼吸としあわせ」です。
お楽しみに。

◎ラワットさんの講演動画

2011年、欧州議会にて「平和と幸福の実現」をテーマに講演。
講演後に提案された「平和の誓約書」に
37の政府、団体の代表が署名。

「歴史的な講演」と評価され、
「平和の大使」の任命を受けました。
https://youtu.be/owcmZ4ymmS0

◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎

◎わたしのイチオシ。斉藤一人さんの「覚悟の話」
goo.gl/hJbwWd
◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎

************

メールマガジン 文屋だより

アーカイブ

最新の投稿

PAGE TOP

HOME 商品一覧 文屋座 文屋語らい座 文屋について 書店様へ 文屋だより 制作日記 お問い合わせ プライバシーポリシー ご購入のご案内 特定商取引法