HOME > 文屋だより

文屋だより

メールマガジン「文屋だより」は、
百年本の文屋代表、小布施人、農士、「美日常」提唱者として、
ものごとの原点(本来あるべき姿)を考えつづける筆者が、日々、交流の場を綾なしながら、
みなさまの人生とビジネスのお役に立つことを目的に、お届けしております。

お名前
メールアドレス

vol.008 「美」の語源は、草原のまるまると肥えた羊

2015年11月23日

**********************
★「美」の語源は、草原のまるまると肥えた羊★
**********************

勤労感謝の日。 

文屋のある信州小布施の氏神樣では、新嘗祭(にいなめさい)が催され、お社
には一対の幟が風にたなびいています。

ご神殿には、お米や大根、果物などの供物(くもつ)が捧げられています。

供物と書いてわたしがすぐに連想するのは、羊です。それは、一番好きな漢字
である「美」に関連があるからです。

美は、羊+大です。もう十数年前のこと、「美」を白川静先生の『字統』に引
いてみました。美は、神さまにお供えする、よく肥えた羊のかたちであると書
かれています。そしてこんなお話を空想しました。

昔、大陸の草原の村で、五穀豊穣や村人の健康を祈って春祭りが行われまし
た。神さまからそうした幸せをいただく前に、人間から神さまに先にお供えし
よう。何をお供えしようか。若い衆があれやこれやと話している集まりで、村
の長老がひと言。「草原にいる一番よく肥えた羊にしなさい。大きな幸せをい
ただきたいのならば、まず自分たちにできる最大限のツトメを果たしなさ
い」。神さまへの生け贄(いけにえ)として、まるまると太った美味しそうな
羊が、捧げられました。

こんな空想をしながら、「美」に込められた先人たちの想いを今の暮らしに生
かすとしたら、と考えて生まれたのが、「美日常(びにちじょう)」という言
葉でした。

**********************
  ★「美」とは、ツトメを果たすこと★
**********************

「美」とは、ツトメを果たすこと。文屋は、「美日常の、安らかで和やかな、
いいまちをつくりましょう。」という理念を掲げて活動しております。「美日
常」とは、「たいくつな日常(ケ)」と「たいへんな非日常(ハレ)」の間に
ある、「上質で小さなハレ」の場を楽しむことができる、暮らしのあり方です。

文屋の考える「美」とは、一人ひとりが、限りある一度きりの人生において、
本来あるべき姿や、自分のなすべきこと=ツトメを、自分の分際の中で果たし
きることです。生け贄として神さまに捧げられる、よく肥った羊を表すといわ
れる「美」。そのイケニエにあたるものが、ツトメなのだと考えています。

もちろん「美」は、容姿や服装や立ち居振る舞い、言葉遣いなど、目に見える
様子のきれいさや愛らしさを表す言葉でもあります。しかし、千年単位の時間
の中で、「美」に込められてきた願いに思いをいたしながら暮らし、働く時に
はじめて、目に見える様子の美しさも伴ってくるのかもしれません。

「美」という文字は、ですからわたしには、自戒と改善と行動と、その継続を
迫る言葉でもあります。

**********************
  ★自分の義務を雄々しく行う人間★
**********************

そんな思いを抱いていた時、あるセミナーで配られた資料に、こんな言葉が紹
介されていました。広報・危機対応コンサルタントであり「価値統合家」とし
て数多くの著作をもつ山見博康さんが「メディアPR」についてお話しになった
講演会の資料です。

紀元一世紀に生きたローマ皇帝で哲人のマルクス・アウレーリウス
(121〜180)の『自省録』にある言葉だそうです。

「単純な、善良な、純粋な、品位のある、飾り気のない人間。正義の友であ
り、神を敬い、好意にみち、愛情に富み、自己の義務を雄々しく行う人間。そ
ういう人間に自己を保て。哲学が君をつくりあげようとした、その通りの人間
であり続けるように努力せよ。神を畏れ、人を助けよ。人生は短い。地上生活
の唯一の収穫は、敬虔な態度と社会を益する行動である。」

社会を益する行動

わたしはどれほどできているのか? いまのわたしの「状況」が、その答えで
す。言い訳はできません、いたしません。これから、です。

山見さんのセミナーを主催し、この言葉と出会わせてくださった、日本を代表
するビジネス書評家・土井英司さん、ありがとうございます。

土井英司さんのHP・ビジネスブックマラソン:http://eliesbook.co.jp/review/

メールマガジン 文屋だより

アーカイブ

最新の投稿

PAGE TOP

HOME 商品一覧 文屋座 文屋語らい座 文屋について 書店様へ 文屋だより 制作日記 お問い合わせ プライバシーポリシー ご購入のご案内 特定商取引法