HOME > 文屋だより

文屋だより

メールマガジン「文屋だより」は、
百年本の文屋代表、小布施人、農士、「美日常」提唱者として、
ものごとの原点(本来あるべき姿)を考えつづける筆者が、日々、交流の場を綾なしながら、
みなさまの人生とビジネスのお役に立つことを目的に、お届けしております。

お名前
メールアドレス

vol.082 ご縁とは「進化の波長」 3.19 文屋座に寄せて その4

2016年02月09日

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

(きょうのテーマ)

ご縁とは「進化の波長」3.19 文屋座に寄せて

高野登さんと井内由佳さんの「ご縁」 その4


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


**********************
★高野登さんが考える「進化」とは★
**********************


高野登さんが全国13カ所で
定期開催されている「百年塾」は、
年間60回に迫る回数です。

そのたびに、
高野さんは1時間ほどの講話をなさり、

その後、
参加者との質疑応答など
語り合いの時間をもたれます。


こうした「進化」「相互進化」の場を、
情け容赦なく連打される「舞台」に、
自身を置きつづける。

この緊張感が、
上記のような「必死」のインプットと、
「深化」(深い思索)を、
自身に課すことになるのでしょう。


では高野さんは、
ご自身の「進化」について、

どのような
「心の姿勢」を
お持ちなのでしょうか?


わたしのこの問いに、
高野さんは、
次のようにお答えくださいました。


***********


「サミエル・ウルマンの
「青春(Youth)」の
詩が、とても好きです。


年を重ねる ごとに、
この詩の真意が
少し理解できるようになりました。


「青春とは人生のある期間を言うのではなく
心の様相を言うのだ。

優れた創造力、
逞(たくま)しき意志、
炎ゆる情熱、
怯懦(きょうだ)を却(しりぞ)ける勇猛心、
安易を振り捨てる冒険心。

こう言う様相を青春と言うのだ」

(木下注:怯懦「臆病で気が弱いこと。
いくじのないこと」)


この出だしの部分は、
時に弱気になりそうな自分のこころを
鼓舞するエールのように響いてきます。


進化すること、
進化し続けること。


それはウルマンの詩のように、
常に若々しい視点を
持ち続けることではないかと思います。

若々しい視点とは、
目の前の景色を違う観点で捉える感性、

これまで自分のなかに無かった視座を持つこと、
ではないでしょうか。


そのために人は、師匠と出会い、
良本を読み、旅に出る。

そして学び得た視点・感性を
アウトプットする場を持つこと。

そうした習慣を身に着けることが、
進化に繋(つな)がるのだと思います。」


高野登さん、ありがとうございます。

         進化
      出力
   深化
入力

この好循環スパイラル(らせん状の向上)


高野さんが、お目にかかるたびに、
新鮮な「進化」を
遂げられていると感じていた、

その「秘密」を
明かしていただきました。


**********************
★初公開!
 新刊『おもてなし日和』に描かれた「進化」★
**********************


3月19日(土)午後、東京・御茶ノ水で開く文屋座。

高野さんの最新刊
『おもてなし日和』(文屋)の出版を記念して
開きます。

すてに100人ものみなさまが、
お申し込みくださっています
(まだお席はあります)。


高野さんはこの新刊に、
「進化」について、書かれています。

その一節を、引用します。初公開です!


************


「化(ば)ける瞬間へ、歩みゆく」
の節より


(前略)

人は、好きなことには夢中になれる。

そして驚くほど上達していく。

好きなスポーツやゲーム、仕事などは、
みるみる進歩していく。

新しい知識が増え、スキルもアップしていく。

セミナーの講師もこうアドバイスをする。

「まずは得意なことに打ち込みなさい。」

「自分の好きなことを仕事にしなさい。」

好きなこと、得意なことであれば、
多少の苦労も、我慢がきくものだ。

そして、一歩一歩、進み、歩みながら、
人は「進歩」していく。


一方、
世のなかの成功者に共通している特徴は、
彼らの成長の質的変化にある。

すなわち、彼らは
「進歩」から「進化」へと
成長の質を変えていくのだ。

「進歩」は進み歩むと書く。

「進化」は進んで化けると書く。

つまり進化とは、
違う自分に「化ける」ということ。

(後略)

************


高野登さんの近刊『おもてなし日和』は、
こうした「散文詩」的な短文を
編集したものです。


累計50万部を超える高野さんの
記念すべき「20冊目」のご著書です。


ご自身が「今までの集大成の一冊」と
仰せのように、

これまでのご体験「入力」と
思索「深化」と、
百年塾などの「出力」による

「進化の総体」が、
数十編の短詩形のメッセージとして
まとめられています。

散文を短詩形にする過程でも、
和歌や俳句を創作するのにも似た、

「凝縮」という名の編集

が加えられました。


3月19日(土)の文屋座は、
「新境地」に至った高野さんの
ご講演を主軸として、

井内由佳さんと高野さんとの
対談による「深化」が
華を添えることでしょう。

桜舞うお江戸の春の一日を、
文屋座という異空間で、
非日常体験を楽しまれませんか?


「相互進化」の場へ、ようこそ。



***************************

★きょうの気づき★

◆高野登さん流
「進化し続けることの秘訣」

「師匠と出会い、
良本を読み、旅に出る。

そして学び得た視点・感性を
アウトプットする場を持つこと。

そうした習慣を身に着けることが、
進化に繋(つな)がるのだと思います。」


◆冷厳なるプロフェッショナルの世界。

「進化」「相互進化」の場を、
情け容赦なく連打される「舞台」に、
自身を置きつづける。

この緊張感が、
「必死」のインプットと、
「深化」(深い思索)を、
自身に課すことになる。

出会いに恵まれるかどうかは、
「進化の波長」で決まる。

いま、自分は、
どんな「進化の波長」を発しているのか?


**********************

メールマガジン 文屋だより

アーカイブ

最新の投稿

PAGE TOP

HOME 商品一覧 文屋座 文屋語らい座 文屋について 書店様へ 文屋だより 制作日記 お問い合わせ プライバシーポリシー ご購入のご案内 特定商取引法