HOME > 文屋だより

文屋だより

メールマガジン「文屋だより」は、
百年本の文屋代表、小布施人、農士、「美日常」提唱者として、
ものごとの原点(本来あるべき姿)を考えつづける筆者が、日々、交流の場を綾なしながら、
みなさまの人生とビジネスのお役に立つことを目的に、お届けしております。

お名前
メールアドレス

vol.083 「幸せは穏やかな心に宿る」 ラワットさんの本が点字、音訳に

2016年02月10日

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

(きょうのテーマ)

「幸せは穏やかな心に宿る」

プレム・ラワットさんの本が点字、音訳に


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


**********************
★プレム・ラワットさんの講演活動50周年★
**********************


幸せは、穏やかな心に宿る。


この真理を、8歳の時から人前で語り始め、
13歳からは世界中に求められて
講演を続けているプレム・ラワットさん。

インドに生まれ、
いまは米ロサンゼルスを拠点に、
活動しているラワットさんは58歳。


一つの真理を、
世界中から招かれて、
50年間、語り続けている人物を、

わたしはほかに存じません。

ラワットさんはこの春から、
「講演活動50周年記念の世界ツアー」を
始まられます。


昨2015年秋、文屋から出版された
ラワットさんの初のご著書
『Pot with the Hole 穴のあいた桶』。


本書の英語版は、
世界を巡るラワットさんにお供して、
講演会場にて販売されることが決まっております。

3月末にはDVD(2015日本ツアー講演対話集)、
5月には『絵本 穴のあいた桶』が、
文屋から出版されます。

この2点も出版後、
世界ツアーに仲間入りいたします。


『Pot with the Hole 穴のあいた桶』はすでに、
日本語、英語で文屋から出版されました。

中国語、タミル語、ポルトガル語、
そしてスペイン語での翻訳出版も、
決めっております。

ラワットさんの
「平穏」「平和」のメッセージは、
世界中にゆきわたっていくことでしょう。

そんな中、日本国内からも、
温かな春風のようなニュースが届きました。


**********************
★プレム・ラワットさんのご著書の
     点訳、音訳が進められています★
**********************


世界への横展開と並行して、
日本国内での「縦展開」ともいえる動きが、
出ております。


視覚障害を持つみなさんのための
点訳(点字訳)と音訳(朗読)の作業が、
進められているのです。


準備してくださるのは、
「サピエ」という視覚障害をお持ちの方の
全国的なサービスです。

日本点字図書館がシステムを管理し、
全国視覚障害者情報提供施設協会が
運営を行っています。

https://www.sapie.or.jp/sapie.shtml

視覚障害者等の個人会員13,000人以上が
直接利用しています。


今年の10月に音声、
12月には点字がそれぞれ完成して、
利用できるようになります。

こちらのサイトには、本書のことを、

「親愛なる世界中の、穴のあいた桶たちへ。
すべての人の内面にある
本質的な「渇き」に目を向け、

世界250以上の都市で講演を行い、
シンプルで普遍的なメッセージを伝えている
プレム・ラワットの言葉をまとめる。」

と紹介されています。


サピエのサービスに採用されることを、
文屋から「営業」や「お願い」を
したことはありません。

こうして、自主的に、自然なかたちで、
採用されたことを、
心よりうれしく存じます。


この「吉報」を伝えてくださったのは、
ラワットさんのあついファンで、

岡山市で「fulful beauty美容室」を
営まれている杉本圭子さんです。
http://fulful-beauty.com


杉本さんからのお便りを、
ご紹介いたします。

「いつもメルマガを
ありがとうございます。

旧正月の時を迎え、
心新たに呼吸が運んでくれる命を
ますますゆっくり
感じて暮らしたい気持ちです。

ところで、以前お伝えしましたように
ご縁が広がり、
ラワット先生のご本が
目の見えない方に届き、
点字に訳されました。

それが、「穴のあいた桶」の寓話だけかと
思いましたら
なんと、一冊全部が点訳されて、

点字図書として
図書館にも置かれているとのことで、
とても嬉しくなりました。


美容室のお客様の山室裕子さんが、
ラワット先生のご本に感動して、
ご自分が行かれているカトリックの教会で
朗読をされました。

それがきっかけで、
同じ教会に行かれている野田瞳さんという
全盲の方が、ご本に出会われました。

「これを ぜひ点字にしたい」ということで、
野田さんもご本を購入されました。


野田さんは、
カトリック広島教区(中国地方をまとめる教区)
の中で、「ダミアンの輪」という
視覚障害者を支援する活動の副会長さんを
されています。

ダミアンの輪の活動で、
点訳チームというのがあり、
ふさわしい本があれば点訳するのだそうです。

カトリック広島教区「ダミアンの輪」
http://hiroshima.catholic.jp/ktd/damien/index.htm

野田さんにご紹介くださった山室さんも、
このことを知って本当に驚いて、
大喜びで、
いち早くこちらに教えてくださいました。

このご本の素晴らしさと、
人々のご縁がとても嬉しくて
木下さんにお知らせしたくなりました!

素敵ですね〜♡

それでは、どうぞお元気で〜 杉本圭子」


杉本さん、素敵なお知らせを、
ありがとうございます。


本書の出版をきっかけに、

ラワットさんの再来日を求める
読者樣のご希望が、
文屋に届いております。

ラワットさんも、
昨2015年秋の日本滞在中に、
大勢の日本のみなさんと交流なさり、

来日を楽しみにされています。

「講演活動50周年記念の世界ツアー」
の一環で、今年秋の来日が、
決まるかもしれません。


正式なご連絡が、
文屋(プレム・ラワット日本事務局)に
ラワットさんから届きましたら、

このメルマガにて、
読者のみなさまにいち早く、
お知らせいたします。

楽しみにお待ちください。


***************************

★きょうの気づき★

◆8歳の時から人前で語り始めたラワットさんは、
今年、「講演活動50周年記念の世界ツアー」を
始まられます。

幸せは穏やかな心に宿る。

このメッセージが、
世界の未来=みんなのあしたの
お役に立ち続けますように。

◆「親愛なる世界中の、穴のあいた桶たちへ。
すべての人の内面にある
本質的な「渇き」に目を向け、

世界250以上の都市で講演を行い、
シンプルで普遍的なメッセージを伝えている
プレム・ラワットの言葉をまとめる。」

ラワットさんのあたたかなメッセージが
目の不自由なみなさまの心を、
照らしますように。

**********************

ラワットさんのご著書や情報は、
文屋(プレム・ラワット日本事務局)が運営する
サイトへどうぞ:http://www.premrawat-japan.com/

お近くの書店さん、ネット書店さんでも、
お求めいただけます。

お近くの図書館への「購入リクエスト」も、
お願いいたします。

**********************

メールマガジン 文屋だより

アーカイブ

最新の投稿

PAGE TOP

HOME 商品一覧 文屋座 文屋語らい座 文屋について 書店様へ 文屋だより 制作日記 お問い合わせ プライバシーポリシー ご購入のご案内 特定商取引法