文屋
穴のあいた桶
考えてみる
末広がりのいい会社をつくる
穴のあいた桶
考えてみる
末広がりのいい会社をつくる

信州小布施から、
末広がりの年輪経営プロジェクト

美日常 末広がりのいい人生、いい会社、いい世界をつくりましょう

理念

経営のあり方<br>「年輪経営」とは?

年輪経営とは、日本を代表する大企業(TOYOTA・Panasonic・ANAなど)をはじめとする、中小企業の経営者がお手本とする、木の年輪のように毎年、緩やかにたくましく成長を続けていく経営哲学です。
提唱者は伊那食品工業株式会社 最高顧問の塚越寛さんです。

ビジョン

美日常

人生のあり方<br>「美日常」とは?

「美しい日常」と書いて「美日常(びにちじょう)」

「たいくつな日常」でも「たいへんな非日常」でもない、
両方の中間領域、
上質で小さなハレを楽しむ「たおやかな日常」のことを、
「美日常」と呼んでいます。

美日常は、
それぞれの人が和やかなこころもちで、
自らの役割と能力を踏まえた使命感をもって自身を磨き、
行動し続けることで味わうことのできる、
いのちの祝祭です。

「美日常」と呼ぶ、
そうした日々の営みの根幹を理解するために
お勧めしているお方が、プレム・ラワットさんです。

image
image

PICK UP

文屋座セミナー
かんてんぱぱ・伊那食品工業株式会社の現地で学ぶ

かんてんぱぱ・伊那食品工業株式会社の現地で学ぶ
年輪経営 伊那セミナー

かんてんぱぱ・伊那食品工業株式会社 最高顧問 塚越寛さんの最新刊『末広がりのいい会社をつくる』をテキストに、塚越英弘社長の講話を軸に学ぶ1泊2日のセミナーです。

書籍
おじいちゃんのまきストーブ

おじいちゃんのまきストーブ
文 さわもり りさ
絵 もとすぎ りゅう

人よ、森に還ろう。八ヶ岳のふもとの森で、薪ストーブをこよなく愛しながら暮らすエッセイストとアーティストの静かな語らいから生まれたお話です。

ブログ

準備中

Vol.811 「自習✕実践✕現地での学び合い」。最上級の学びのスタイルをあなたに。
みなさん、こんにちは。お元気ですか? 信州小布施は・・・きょうも暑いです。 二人の息子夫婦が小布施千年の森で営む 小布施牧場のジェラートとモッツァレラチーズの 工房&カフェ「milgrenn(ミルグリーン)... 続きを見る