HOME > 制作日記 > 3.25街頭清掃

2012年3月28日

3.25街頭清掃

(写真は、2011年秋、文屋栗園にて、クリクリに実った栗を前に、ご満悦の木下豊さん。)

 

「掃除に学ぶ会」つながりで、3月25日の街頭清掃を記録させていただきます。

 

当日は、朝6時から7時半まで、小布施町福原の県道の歩道を掃除しました。

 

道路両脇の歩道は往復延長400m。この日集まったメンバーは計4人でしたので、時間とのかねあいから、栗の枯れ葉がいちばんたくさん積みあがった部分100mほどを、集中的にやることになりました。

 

道具は、竹ボウキとチリ取り、コンテナ、そして各自持参のゴミ袋です。

 

歩道の落ち葉を掃き集め、一定量になるとチリ取りに取り、コンテナに詰めます。

 

落ち葉の中には、投げ捨てられたスナック菓子や菓子パンなどの包装袋や、コンビニのビニール袋、新聞紙、雑誌の切れ端、(なぜか)乾電池、コーヒー缶、ビール缶、割れたお酒ビンなどなどが混ざっています。

 

これらを、枯れ葉の中から選り分け、ざっと可燃ゴミと不燃物に分けて、ゴミ袋へ入れていきます。

 

枯れ葉は予想外に大漁(大量)で、コンテナはすぐに一杯になります。7、8コのコンテナを、次々に埋めていき、枯れ葉が山盛りになったコンテナは、軽トラで運んで畑の肥料として活用します。そのためにも、ゴミはどんな小さなものでも、きれいに分別することが大事です。

 

朝の県道は、まだ車の通りもそう多くはありませんが、その中に時折「ブオーーー」とエンジンの轟音が響くことがあり、「若者がマフラーでも外して走っているのかな? 朝から元気だな」と思って車道を振り返ると、畑に枯れ葉を運び終えた木下さんの軽トラが爆走してきます。なかなかいい光景です。

 

ホウキで枯れ葉を集める。

 

チリ取りで取ってコンテナに詰める。

 

ゴミを選り分けて袋へ。

 

1カ所がおよそきれいになると、少し先へ移動して、また枯れ葉集め、コンテナ詰め、ゴミ選り分け。

 

移動するごとに、道具も運搬。

 

合間に、一杯になったコンテナ運搬。

 

……という作業を、延々繰り返していくのですが、私以外の御三方は「小布施掃除に学ぶ会」レギュラーのベテランの方々ばかり。とにかく手際がよく、仕事はきっちり迅速です。さりげない気遣いや連携プレイも次々展開。さすがベテランのみなさんの掃除は違う……。

 

せめて足手まといにならないようにと、必死でついていきました。

 

日の出と前後して掃除を始めたころには、雪が舞っていて、冷え込んでいましたが、日が昇り、掃除を進めるうちに、うっすら汗ばむほど体も暖まっていきました。

 

山盛りだった枯れ葉がほぼ片付いたところで、終了が告げられ、道具を片付けて、みんなで感想を話し合いました。

 

予想以上に枯れ葉や土が溜まっていたこと。

 

投げ捨てゴミも多かったこと。掃除する姿を見た人が、少しでも意識してくれるようになるといいですね、とのお話も出ました

 

枯れ葉が一番多い部分をきれいにできたのは収穫として、街頭清掃がまだ浸透しておらず、人数が集まらないため、やり残しがあったのは、今後の課題、とのお話も。10人集まれば、総延長400mを時間内にすべて掃除できるそうです。

 

お一人から……「みなさん若いから作業が速いんですが、還暦を過ぎた身には、ついていくのが大変です。ご配慮いただければ」とのお話。

 

必死でついていっていたつもりが、気張り過ぎて、急かしてしまっていたようです……次回から、気をつけます。もっとしっかり、全体を見ることですね。

 

ともあれ、長い間、懸案だった県道脇の枯れ葉の山も、ひとまずスッキリと落ち着いて、すがすがしい日曜の朝でした。

 

 

 

 

固定リンク | 過去ログ | Commnets(0)

コメントを投稿

※書き込んでいただいたコメントは、管理者の確認後に公開させていただきます。

名前

メールアドレス(非公開)

URL

タイトル

コメント

投稿キー  

迷惑書き込み防止のために投稿キーを設定しています。
投稿キーはrtekです。上記の「投稿キー」にご記入下さい。

«  2012年3月  »
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

アーカイブ

PAGE TOP

HOME 商品一覧 文屋座 文屋語らい座 文屋について 書店様へ 文屋だより 制作日記 お問い合わせ プライバシーポリシー ご購入のご案内 特定商取引法