HOME > 制作日記 > ファンづくり/文屋座特別版

2012年5月14日

ファンづくり/文屋座特別版

文屋座特別版、2日目は、伊那食品工業の朝掃除の体験、見学から始まり、朝礼とラジオ体操への参加、そして塚越寛会長へのインタビューと進みました。

 

以下、ごく一部ですが、塚越会長の談話から。

 

「『いい会社』の意味、そしていい会社づくりの実践がどういう結果を生むのかということを、機会あるごとに繰り返し社員に語ってきた。それが共有できてきたから、みんな一生懸命やっている」

 

「ファンづくりは経営の要。商売がうまくいくためには『この会社が好き』『この会社の商品が好き』と思ってもらうこと」

 

「あらゆる人にファンになってもらうよう努めている。入社試験に訪れた学生さんに対しても、もしも入社できなくても『いい会社だった』と思って帰ってもらえるように」

 

「ファンづくりの一環として、寄付行為は地元集落が最優先」

 

「私が入社したばかりのころには、経営で一番大切な信用も、生産技術も、お金もなく、社員が財産のすべてだった。社員がモチベーションを上げてくれるために何をすべきかが、最大のテーマだった。そのための一環で、よく社員と一緒に食事もした。一緒に食べることは、ずっと大切にしている」

 

「社員にやる気を起こしてもらうには、この会社の一員だ、自分たちの会社だと思ってもらうこと。『伊那食ファミリー』という言葉にその思いを込めている。すべて一緒に苦しみ、一緒に楽しむ」

 

「自分の仕事を天職だと信じ、一生をかける価値があると確信して、一生懸命にやること」

 

「有言実行が大切。黙ってやるより、言ってからやること。人に話してしまえば、やらざるを得なくなるし、軽はずみなことも言わなくなる」

 

「木曽ヒノキのように、優秀な木材ほど目が詰まっている。会社も少しずつ成長することによって、目が詰まった強い会社になる」

 

「成長とは、会社で働く人たちが『うちは去年よりもよくなった』と実感できること」

 

「とにかく社員に直接話しかけている。食事の時間でも、トイレで行き会っても、話しかける」

 

「会社のパワーの源泉は、社員の結束力、チームワーク。そのために、新卒者を採用するときは、学業の成績よりも協調性を重視している」

 

「学ぶとは、どう生きるかを知ること。会社において道とは、自分の職業は本来どうあるべきかということ」

 

「働くことは社会人として当たり前のこと。憲法27条には、勤労の権利とともに義務が規定されている。高齢になっても、分に応じて働くことが、日本人の義務」

 

「自分の会社をよくすることと同時に、公のためにいいことをしたい。それが会社のイメージアップ、ブランド力アップにつながる」

 

「一生懸命に働いて損をすることはないと、社員全員が思っている。社員たちとともに、理想郷をめざしたい」 

 

 

 

(写真:文屋座受講者のみなさんも、朝掃除の後、一緒にラジオ体操を行いました。)

 

塚越寛会長の『いい会社をつくりましょう』、くわしくはこちらです。

http://www.e-denen.net/syoseki/iikaisya.html 

 

 

 

 

 

固定リンク | 過去ログ | Commnets(0)

コメントを投稿

※書き込んでいただいたコメントは、管理者の確認後に公開させていただきます。

名前

メールアドレス(非公開)

URL

タイトル

コメント

投稿キー  

迷惑書き込み防止のために投稿キーを設定しています。
投稿キーはiljnです。上記の「投稿キー」にご記入下さい。

«  2012年5月  »
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

アーカイブ

PAGE TOP

HOME 商品一覧 文屋座 文屋語らい座 文屋について 書店様へ 文屋だより 制作日記 お問い合わせ プライバシーポリシー ご購入のご案内 特定商取引法