HOME > 制作日記 > 五輪モーグルスキー、五大会連続入賞の上村愛子さんから推薦文!

2014年6月10日

五輪モーグルスキー、五大会連続入賞の上村愛子さんから推薦文!

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4

みなさん、こんにちは。信州小布施の出版社・文屋、木下豊です。
小布施の里は、特産の小布施栗の花が満開です。仕事場から見える庭には、渡り鳥のカッコウが鳴き、オナガが淡い青の羽根を広げています。メルマガ「文屋だより」お届けいたします。

【もくじ】
1.五輪モーグルスキー、五大会連続入賞の上村愛子さんから推薦文! 最新刊『クマンバチと手の中のキャンディ』(松山三四六・著)が増刷です。元気いっぱいのKOTODAMA(ことだま)集です。大切な方へ、ご自分へ、贈り物にどうぞ。

2.6月14日(土)午後、浦和の老舗書店「須原屋本店」さんで、松山三四六さんのトーク&サイン会が開かれます。

* * * * * * * * * *

1.五輪モーグルスキー、五大会連続入賞の上村愛子さんから推薦文! 最新刊『クマンバチと手の中のキャンディ』(松山三四六・著)が増刷です。元気いっぱいのKOTODAMA(ことだま)集です。大切な方へ、ご自分へ、贈り物にどうぞ。

おかげさまで、三四六(さんしろう)さんの最新刊『クマンバチと手の中のキャンディ』はこのたび、2刷が仕上がりました。本文の内容は初版のままですが(一部修正)、帯を一新しました。
帯のメインコピーは、「今、もっとも“相談にのってほしい男”松山三四六が贈る自伝的応援歌。」としました。
そして、4人の著名なみなさんの文章を、推薦文として帯に掲載しました。

「三四六さんの哲学にふれて、引退を決めた私の心が、
すーっと溶けて、温かくなりました。」
 スキーモーグル選手 上村 愛子さん

「あの五輪のあと、三四六先輩と語り合った言霊たちが、
私の心によみがえってきました」
 シドニー五輪 柔道銀メダリスト 篠原 信一さん

「僕が必要とするエネルギーの中に、
松山三四六という成分は不可欠です」
 タレント ぐっさん 山口 智充さん

そして、1970年代当時、世界最高峰のリーグと言われたドイツのブンデスリーガで活躍した初めての日本人選手、奥寺康彦さんからも、メッセージをいただきました。

「自分の中にある可能性を見つけ、
失敗を怖れずに挑戦することの大切さが伝わります。
ドイツ・ブンデスリーガでの記憶がよみがえりました」
 サッカー元日本代表、日本サッカー殿堂入り 奥寺 康彦さん

三四六さんは東京生まれの東京育ちの43歳で、いまも東京にお住まいです。FM長野、FMNACK5(首都圏)ラジオパーソナリティとして絶大な人気をほこり、学校や企業での講演会の講師、大学の客員教授としても活躍していらっしゃいます。
小中学生のころは全日本チャンピオン、向かうところ敵無しの柔道少年で、高校から大学時代も五輪金メダルを目指して練習していましたが、度重なる怪我で選手生活を断念。その後、吉本興業やアメリカ暮らしを経て、現在は、DJ、タレント、作詞作曲家、歌手、そして柔道の指導者など、さまざまな顔を持っています。本書は、三四六さんの43年間の泣き笑い半生記であり、同時に、悩める中高生とその父母、そして先生方への応援メッセージでもあります。

「いまの日本に、この男とかぶるキャラはいない」。

三四六さんの講演会を取材するために、ある中学校へ同行しました。講演を終えて廊下を歩く三四六さんに、男子生徒が近づいて言いました。「もっと早く、こんな大人に出会いたかった。でもきょう、三四六さんに出会えて、よかった」。生徒の目には涙があふれていました。三四六さんは彼の肩を両手で抱いて、固い握手を交わしていました。

今春、中学校に進んだ子どもたちを担任した小学校の先生は、こんな感想文を寄せてくださいました。
「本書は、子どもたちが生きていく上での“生き力のバイブル”、宝物です。保護者のみなさんにも、育児書ならぬ“育人書”として、子育ての助けになると思います」。この先生は、卒業記念として、クラスの全員に、三四六さんのサイン入りの本書をプレゼントしてくださいました。

三四六さんのコンサート会場は、幼稚園児から80代まで、年齢の幅が広いのが特徴です。本書は、中高生を読者に想定して作りましたが、購読者には20代、30代の独身の方も目立ちます。どなたが読んでも、深く感じ入り、納得して、勇気の湧いてくる内容に仕上がっています。

『クマンバチと手の中のキャンディ』は、本体1,200 円+税です。全国の書店、ネット書店でお求めいただくことができます。文屋サイトからお求めの場合、本書1冊につき出版記念の「三四六KOTODAMA CARD」2枚をもれなくプレゼントいたします。オリジナルのクリアファイル(A4、本体250円)もどうぞ。

文屋サイト:http://www.e-denen.net/index.php/kuma

Amazonサイト:http://urx.nu/8NKU


2.6月14日(土)午後、浦和の老舗書店「須原屋本店」さんで、松山三四六さんのトーク&サイン会が開かれます。

みなさん、お誘い合わせて、お出かけください。参加は無料です。・・・でも、本は買ってくださいませ!

◆須原屋書店本店(埼玉県さいたま市浦和区) 6月14日(土) 15:00〜17:00
http://www.suharaya.co.jp/information/?id=1#event

「信州の三四六から、日本の三四六へ」

これからも、首都圏から全国へ、三四六さんのトーク&サイン会や講演会が開かれていきます。ご期待ください。

なお、三四六さんへの講演やお仕事の依頼は、以下のURLからどうぞ。
http://www.diamondblog.jp/34656/category/work_request/

【写真のご説明】
左上:上村愛子さん(日本タレント名鑑より)
右上:仕上がった第2刷、帯を一新しました。
左下:三四六さん
右下:須原屋本店さんでは、あのベストセラーと並べていただいています!

ではみなさん、佳き日々を、お健やかにおすごしください。

平成26年6月10日
文屋 代表 木下 豊・朝子

固定リンク | 日々 | Commnets(0)

コメントを投稿

※書き込んでいただいたコメントは、管理者の確認後に公開させていただきます。

名前

メールアドレス(非公開)

URL

タイトル

コメント

投稿キー  

迷惑書き込み防止のために投稿キーを設定しています。
投稿キーはsi1dです。上記の「投稿キー」にご記入下さい。

«  2014年6月  »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

アーカイブ

PAGE TOP

HOME 商品一覧 文屋座 文屋語らい座 文屋について 書店様へ 文屋だより 制作日記 お問い合わせ プライバシーポリシー ご購入のご案内 特定商取引法