HOME > 制作日記 > 文屋の薪ストーブに火が入りました。

2013年11月18日

文屋の薪ストーブに火が入りました。

  • 画像1
  • 画像2

先週、文屋の居間にある薪ストーブに、火が入りました。

初夏から秋まで静におとなしくしていたストーブですが、寒くなり、火が入ると、いきなり存在感を増すのが、薪ストーブです。冬の間は、まさに、居間の主役です。

このストーブは、アメリカ・ハートストーン社製で、鋳物の枠に石の板がはめ込まれています。上の石板の上で、煮物もできます。

薪は、文屋の栗園やご近所のりんご畑からいただいた幹や枝を、夏の間に作って、積んで、乾燥させておきます。

いつもならそうなのですが、今年は春から秋まで、今まで以上に多用な日々で、なかなか薪作りに時間をとれませんでした。

雪が降るまでの間、チェーンソーを使って、薪作りに励みます。

みなさん、佳き冬の日々をおすごしください。

固定リンク | 日々 | Commnets(0)

コメントを投稿

※書き込んでいただいたコメントは、管理者の確認後に公開させていただきます。

名前

メールアドレス(非公開)

URL

タイトル

コメント

投稿キー  

迷惑書き込み防止のために投稿キーを設定しています。
投稿キーはshclです。上記の「投稿キー」にご記入下さい。

«  2013年11月  »
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

アーカイブ

PAGE TOP

HOME 商品一覧 文屋座 文屋語らい座 文屋について 書店様へ 文屋だより 制作日記 お問い合わせ プライバシーポリシー ご購入のご案内 特定商取引法