HOME > 制作日記 > トヨタ自動車 豊田章男社長も「経営の師」と仰ぐ人、塚越寛さんのBookフェア情報(長野、東京)。平安堂長野店では高野登さんの記念トーク&サイン会(2月7日)。

2015年1月21日

トヨタ自動車 豊田章男社長も「経営の師」と仰ぐ人、塚越寛さんのBookフェア情報(長野、東京)。平安堂長野店では高野登さんの記念トーク&サイン会(2月7日)。

トヨタ自動車 豊田章男社長も「経営の師」と仰ぐ塚越寛さんが、あらためて注目を集めています。

経営誌『PHP松下幸之助塾』(PHP研究所)の新年号では、塚越さんと豊田さんの特別対談が掲載されています。

「会社の目的は社員を幸せにすること。利益は健全な経営の結果であって、会社の目的ではない」「木がどんなに厳しい気候の年にも、確実に年輪を一つ増やすように、ゆるやかな安定成長による、末広がりの永続経営を目指すべきである」・・・こうした塚越さんの理念と実践に、業種や規模の違いを越えて、多くの経営者が、教えを請うています。

塚越さんの最初のご著書である『新訂 いい会社をつくりましょう』の版元として、塚越さんの人生観や経営理念をより広くお伝えして、「いい会社、いい人生」を増やしていくために、文屋では「塚越寛フェア」をプロデュースしています。

全国の書店さんに呼びかけて、店頭で「塚越寛フェア」を開いていいただきます。みなさんのおなじみの書店さんでも、ビジネスマンのお客さまが多いなど、塚越寛フェアを開くにふさわしいお店がありましたら、文屋にご紹介いただけると幸いです。

写真下)春のかんてんぱぱガーデン(伊那食品工業本社・工場にある、一般公開されている庭園)。毎朝、社員全員で、落ち葉掃きや草取りをして、掃除され、磨き上げられています。近隣や遠方からの大勢のお客さまをお迎えしています。

文屋では、「塚越寛フェア」のプレゼント品をご用意しております(写真下)。

一つは、フェアのために特別につくられた小冊子『社是「いい会社をつくりましょう」に込めたおもい』。ハガキサイズ8ページの中に、「いい会社とは」「企業目的」「社是を実現するための会社としての心がけ」「社是を実現するための社員としての心がけ」「座右の銘(二宮尊徳翁の「遠きをはかる者は富み・・・」)「『いい会社』をつくるための十箇条」が凝縮されています。"塚越経営"のエキス中のエキスが、コンパクトに収められています。

もう一つは、伊那食品工業(株)から読者樣へ贈り物として、かんてんぱぱ商品一袋です。

1.「塚越寛フェア」平安堂長野店樣

期間 1月23日(金)~3月1日(日)

同店は、JR長野駅の西隣にある大型書店です。

フェアを記念して、高野登さんによるトーク&サイン会が開かれます。

2月7日(土)17時から、同店3階の「カフェぺえじ」にて。

くわしくは、http://www.e-denen.net/index.php/info_Plan

写真下)高野登さん

2.「塚越寛フェア」+「塚越寛写真展」

  八重洲ブックセンター本店樣

期間 2月8日(日)~2月28日(土)

会場 同店2階ビジネスフロア

内容 長年、塚越さんが撮影してきた「かんてんぱぱガーデン」や地元伊那谷の風景の写真数点が展示されます。同時に、塚越寛フェアも開かれます。

みなさん、どうぞ「塚越寛フェア」へお出かけください。よろしくお願いいたします。

固定リンク | 日々 | Commnets(0)

コメントを投稿

※書き込んでいただいたコメントは、管理者の確認後に公開させていただきます。

名前

メールアドレス(非公開)

URL

タイトル

コメント

投稿キー  

迷惑書き込み防止のために投稿キーを設定しています。
投稿キーはh76sです。上記の「投稿キー」にご記入下さい。

«  2015年1月  »
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

アーカイブ

PAGE TOP

HOME 商品一覧 文屋座 文屋語らい座 文屋について 書店様へ 文屋だより 制作日記 お問い合わせ プライバシーポリシー ご購入のご案内 特定商取引法