文屋

過去のブログ

2015年9月3日

百日紅(さるずべり)が満開です。栗もきっと豊作です。

文屋のお庭(木下の自宅)で百日紅が満開です。濃いピンクの花房が、ぽたぽたと秋風に揺れています。今年は気候の影響で、開花が遅く、そのぶん満開の時期も秋にずれこみました。

この百日紅は、樹齢が50年あまり。毎年秋に庭師さんに強めの剪定をお願いしているので、樹齢のわりに背丈は低く、そのぶん直径は太く育っています。

江戸時代からある石のほこら(屋敷神様)の目の前に立つご神木の一つです。

何も無い限り、これから50年、いえ100年以上、ここで生き続けていくことでしょう。ほぼ同い年のわたしの世がついえたあとも。

「木は偉い」。つくずく思う今日この頃です。

目を仕事場の北に広がる栗園に転じれば、イガをたわわにつけた栗の木が、隆々と枝葉を延ばしています。

文屋栗園の栗たちは、春先から何回も、乳酸菌と麹菌、酵母菌、納豆菌、そして三温糖の培養液を浴びて育ちました。農協さんが勧める農薬は、まったく使っていません。農園で散布する有用微生物の培養液と同じ液を、わたしは自宅で毎晩飲んでいます。おかげさまで、胃腸は快調です。飲める液を散布するのですから、防毒マスクも雨具も不要、Tシャツで作業しています。

収穫は今月下旬からです。楽しみです。

固定リンク | 日々

«  2015年9月  »
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

アーカイブ

image