HOME > 制作日記 > 編集学校「破」、全問回答できました!

2003年1月19日

編集学校「破」、全問回答できました!

0119.jpg

朝からISIS編集学校「破」のお稽古に集中。4-05と06、やり残しておいた2-04に取り組み、昼までに終えました。これまでもなんどか紹介してきましたが、この編集学校は、編集工学研究所の松岡正剛所長が編み出した編集術を、インターネットで学ぶ講座です。
入門編の「守」と中級編の「破」があり、「離」も準備されているようです。わたくしは昨年春から「守」、「破」と進んで本日に至りました。奥深い編集術の入口を右往左往している段階ですが、理念ではなく方法としての編集を術を学んだことは、きっと今後の大きな支えとなると思います。仕事にも、暮らしにも。
導いてくださった「守」の矢田師範代、「破」の畠山師範代、そして太田師範、松岡校長をはじめスタッフのみなさま、同級生のみなさん、ありがとうございました。

午後は、仕事場の掃除と、伊那食品工業・塚越社長の本の編集。
夕方、飯田分館の新役員への引継ぎ会で公会堂へ。分館主事としての1年間を、めでたく終了いたします。

【今日の写真】仕事場裏手の小さな庭に、冬も緑のツタの葉と、解けはじめている雪。

【透玄 今日の一句】「野の川に 音なき雪の 阿弥陀落ち」(20代後半につくった句です。思い出したので記します)

固定リンク | 過去ログ | Commnets(0)

コメントを投稿

※書き込んでいただいたコメントは、管理者の確認後に公開させていただきます。

名前

メールアドレス(非公開)

URL

タイトル

コメント

投稿キー  

迷惑書き込み防止のために投稿キーを設定しています。
投稿キーは627mです。上記の「投稿キー」にご記入下さい。

«  2003年1月  »
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

アーカイブ

PAGE TOP

HOME 商品一覧 文屋座 文屋語らい座 文屋について 書店様へ 文屋だより 制作日記 お問い合わせ プライバシーポリシー ご購入のご案内 特定商取引法