文屋

過去のブログ

2012年12月18日

これがウワサの……/2012クリスマスの文屋座in東京

「読む匠」こと清水克衛さんのお店、「読書のすすめ」。

 

その店頭に飾られたPOPが、以前から気になっておりました。段ボールを無造作に切り取って作られたボード……マジックペンで無作為に書きなぐられたかのような、パワフルな文字群……「この本は読まなくていいです」などの刺激的なコピー……。

 

今回、「読書のすすめ」出張販売コーナーに、ウワサのPOPが並びました。

 

おおお! やっぱりすごい!

 

「面白すぎて寝れます」の「す」をピンク色のペンで消して「せん」と修正をかけたPOP!

 

「100回読ム覚悟がある方にのみ お売りします。」とお客様に挑戦状を叩きつけるかのようなPOP!

 

思わず見入ってしまうこれらのPOPが、人と本を強烈につないでくれるのです。

 

 

これも一つの「わくわく演出」ですね。 

 

 

 

いきなり記念撮影/2012クリスマスの文屋座in東京

やぶちゃんに続いてご登壇された花井裕一郎さん。

 

事前に配布された、ご著書『はなぼん』のチラシを聴講者のみなさまに掲げていただいて、「はい、ポーズ」。

 

講師からのリクエストにより、記念撮影で講演スタート!

 

という、花井さんならではの「わくわく演出」でした。

 

 

 

サウンドチューニング/2012クリスマスの文屋座in東京

読み手と書き手と作り手の、出会いと学びと語りあいの文化サロン「文屋座」。

 

2012年最後の文屋座は、「3匠」によるトークライブが展開いたしました。

 

今回の講師は……

 

「聞く匠」ことやぶちゃん。

 

「読む匠」こと清水克衛さん。

 

「演出の匠」こと花井裕一郎さん。

 

「聞く匠」のやぶちゃんがホストとなって、清水さん、花井さんを「やぶちゃんの部屋」へお招きし、御二方の魅力をグイグイと引き出す……という趣向です。

 

もともと「わもん」では、「聞き手はお茶席の亭主のような心をもって、大切なお客様をもてなす気持ちで話し手の話を聞く」という姿勢を大切にしています。

 

今回、講師のお一人であるやぶちゃんが、ホスト=亭主となり、清水さん、花井さんをゲストとしてお迎えし、もてなす(引き出す)……という設定により、やぶちゃんの魅力を存分に体感していただけたのではないでしょうか。

 

そんなやぶちゃんから、ご来場のみなさまへのクリスマスプレゼントは、「聞く力」!

 

全国で「わもん」勉強会や講演会を多数開催していらっしゃるやぶちゃんが開発された、最近ヒット中の練習法「サウンド・チューニング・トレーニング」で、全員参加により「聞く力」アップにチャレンジしていただきました。

 

話し手が発する「音」にとことん寄り添って聞くことにより、聞き手が一切言葉を返さなくても、話し手は「受けとめてもらえている」「わかってもらえている」と安心して話すことができるようになります。

 

そして……

 

じつはこのトレーニングが、このあと登場された花井さん、清水さんのご講演を拝聴するさいに、場の力を格段に高めるのです。

 

すると、講師の方々はとても話がしやすくなり、聴講者のみなさんは大切なメッセージをしっかりと受けとめられるようになり、結果として、みんなの幸福感がグンと高まっていく……「聞く匠」による、すばらしい場づくりです。

 

誰でも気軽にトライでき、しかも「わもん」の基本を体感していただける、画期的な練習法「サウンド・チューニング・トレーニング」。みなさま、しっかりとお持ち帰りいただけましたでしょうか。

 

 

 

『はなぼん』脱いでもスゴイんです

小布施町立図書館「まちとしょテラソ」の前館長、

花井裕一郎さん初のご著書が

ようやくできあがりました。

 

名づけて……

 

『はなぼん』。

 

『いい会社をつくりましょう』

『世界夢ケーキ宣言!』

『いのち輝くホスピタリティ』などなど、

これまで文屋の書籍は、

タイトルからおよその内容を予測できるものが

多かったのですが、今回、初めて、

「なんじゃこりゃ!?」なタイトルに挑みました。

 

ご著者・花井さんのお人柄のなせるわざでしょうか。

 

 

 

そんな『はなぼん』の装丁を担ってくださったのは、

鈴木成一デザイン室の

鈴木成一さんと、岡田玲子さんです。

 

初期のお打合せ時から、

「花井さんをアップでバーン!と出しましょう」

との方向性を確認しあっておりました、

そのとおりの表紙を作り上げてくださいました。

 

背表紙にも、花井さんの笑顔。

 

そして……

 

 

表紙カバーを外すと、

本体表紙にも花井さんの全面アップ!

 

 

脱いでもスゴイ『はなぼん』、

内容と併せまして

装丁もお楽しみください。

 

 

 

 

2012年12月6日

本日の「はなぼん」

花井裕一郎さん初のご著書

『はなぼん わくわく演出マネジメント』。

 

本日、最後の校正確認を経て

印刷スタートとなります。

 

いわゆる「最後の五分」に突入しました。

ここまでの、みなさまのご尽力に感謝しつつ、

慌てず、急いで、しっかりと、進めてまいります。

 

 

 

2012年12月4日

祝!新刊『はなぼん』出版記念「クリスマスの文屋座in東京」を開催します。

『はなぼん 〜わくわく演出マネジメント』の発刊日が決まりました。12月14日です。翌日15日に文屋が主催して東京で開く、「クリスマスの文屋座in東京」の受付で、発売いたします。

 

著者の花井裕一郎さんが、映像演出家として、また「まちとしょテラソ」館長として養ってきた「わくわく演出マネジメント 場づくり21の成功法則」が、わかりやすい実体験とともに、紹介されています。

 

くわしいことは、下記のメルマガをご覧ください。

http://www.e-denen.net/kino/kino.cgi?_action=_log&_id=0

 

文屋サイトで、予約を承ります。

 

2012年11月23日

『はなぼん』大詰め

レイアウト校正が進行中の

『はなぼん わくわく演出マネジメント』。

 

ご著者の花井裕一郎さんを囲んで、

お打合せの時間をいただきました。

 

デザインが動きだすと、

がぜんテンションがあがってきます。

 

 

お打合せ後、カメラマンの大井川茂さんをお迎えして

さっそく撮影開始。

 

コンシェルジュカウンターで

お客様を応接中の花井さんです。

 

晴天になり次第、表紙写真を撮影予定。

楽しみです!

 

 

 

 

『こころの はなの さくところ』完成!

のじまひさこさん初の絵本、

『こころの はなの さくところ』が

完成いたしました!

ありがとうございます!

 

みなさま、どうぞお手に取ってご覧ください。

 

 

 

 

2012年11月17日

ラストスパート

「まちとしょテラソ」の館長、花井裕一郎さん初のご著書『はなぼん わくわく演出マネジメント』の仕上げが進んでおります。

 

11月14日、同館で毎月開催されている「わもん」勉強会、「テラソdeやぶちゃん」の終了後に、プチ中締めミーティングを行いました。

 

やぶちゃん(薮原秀樹さん)からは、

 

「12月15日の文屋座で、この本の御披露目をする! 花井さんの来年の運気が必ず上がる! そこだけに焦点をあてて、歩んでまいりました!」

 

と力強い応援コメント。

 

あと一息、いよいよ最後の最後の練り上げ、削ぎ落とし、煎じ詰めです。引き締めて進めてまいります。

 

 

 

 

 

2012年10月15日

熱血クリスマス

2012年12月。

 

文屋からみなさまへのクリスマスプレゼントは、

 

「絆を深めるコミュニケーション術」!

 

「聞く匠」ことやぶちゃん(薮原秀樹さん)が、聞き方の奥義を直伝くださいます。

 

すぐれたコミュニケーションは、「聞く」ことから。徹底的に聞いてこそ、自分の思いもしっかりと伝わります。

 

さらに、やぶちゃんがホストとなって、ゲストお二人の思いをグイグイと引き出し、心の奥底にひそむ宝石を、ともにご披露くださいます。

 

ゲストのお一人は、「読書のすすめ」店主で「本のソムリエ」として大人気の清水克衛さん。

 

そしてもうお一人は、「日本一チャーミングな図書館」まちとしょテラソの館長、花井裕一郎さん。

 

最後は御三方の揃い踏みにて、「出会いを絆に育てる場づくり」をテーマとした熱いトーク。

 

12月15日(土)、13:00より、東京は品川区「きゅりあん」イベントホールにて、濃密な語らいの場が展開いたします。

 

どうぞ、どうぞ、お見逃しなく!

 

 

 

«  2012年12月  »
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

アーカイブ

image