文屋

過去のブログ

2012年10月11日

くりっくり!

文屋の書籍を版元へ直接ご注文くださった方には、ささやかなプレゼントとしてオリジナル絵はがきを同封して発送させていただいております。

 

このたび新しい絵はがきを制作することになり、うれしい収穫期を迎えている文屋の栗園へ撮影に参りました。

 

栗は完熟すると自然落下します。みずから地面に落ちた栗だけが収穫されます。

 

その自然落下直前の栗を見ると、イガがはじけて、中からくりっくりの栗の実が今にも飛び出しそう。このときイガは笑っているように見えます。

 

それを「栗が笑む」と表現するのだそうです。

 

上の写真はまさしくニコニコ顔のイガ、そしてご満悦の木下豊さん(ほっぺが完熟栗みたい……)。

 

 

 

さて本日は、絵はがき用の撮影と並行して、もうひとつ撮影隊がお見えでした。

 

「モンブラン」をテーマにした番組を制作中のクルーご一行を文屋栗園にお迎えし、栗の木の剪定のようすを撮影したり、上質な栗を育てる秘訣をインタビューしたりするという趣旨です。

 

写真は、撮影クルーの方々と打合せ中の木下さん、そして栗栽培のご指導にかけつけてくださった小布施町の小林さん(右端)。

 

小林さんは、栗をはじめリンゴ、モモなどの果樹を栽培していらっしゃるプロフェッショナルです。

 

 

 

そして撮影。

 

 

 

「栗が笑」んでいるところ。みごとですね。

 

 

 

こんなに大きな粒になります。

 

 

 

撮影を終え、栗園をバックにニッコリ。

 

 

 

木下家の新栗を使った自家製栗かのこをいただきました。

美味! ごちそうさまです!

 

 

 

縁側では、落花生が天日干し中。

シーサーも笑って見守り中。

 

実り豊かな小布施の秋です。

 

新しい絵はがきの完成を、お楽しみに!

 

 

 

 

 

 

 

2012年9月26日

新刊『映像本 いい会社をつくりましょう』の誕生秘話

http://www.e-denen.net/kino/kino.cgi?_action=_log&_id=0

 

読者のみなさまの熱いご要望にお応えして、数年来の念願を叶えて、塚越寛さん(伊那食品工業株式会社 会長)の新刊『映像本 いい会社をつくりましょう』を発刊いたしました。

 

この本に込めた想いと、誕生にいたる物語をまとめました。

 

お読みいただけると幸いです。

 

2012年8月9日

「福島完全安全宣言へ、世界の英知を福島に」」8月11日(土) 「夏の文屋座in福島」を開きます。

「福島完全安全宣言へ、世界の英知を福島に」」8月11日(土) 「夏の文屋座in福島」を開きます。

【信州小布施 文屋だより 2012年8月8日号】

1.吉田昌郎さん(福島第一原発前所長)の独占取材映像。8月11日(土)「夏の文屋座in福島」で世界初上映決定です。

文 屋は7月10日、都内にて、世界中が注目する吉田昌郎さん(病気療養中)の独占インタビューを行い、8月11日(土)に福島市で開く文屋座で、その映像を 初上映することが決まりました。まだお席にゆとりがございます。お盆前のご多用の時期ですが、ご参加いただけると幸いです。

願いはただ一つ。 「福島完全安全宣言へ、世界の英知を福島に」

吉 田さんのインタビューは、『わもん-聞けば叶う』(文屋)の著者「聞く匠」薮原秀樹さんのご尽力で実現しました。聞く力がみるみる伸びる、考え方と秘訣で ある「わもん(話+聞)」は、年齢や立場の枠を超えて、幅広い層のみなさんが学び始めています。創始者である薮原さんの講演やセミナーを求める人が急増し て います。

薮原さんは、企業や行政、学校、主婦の集まりなどに招かれて「わもん」を伝えるかたわら、福島第一原発に入り、吉田さんをは じめスタッフのみなさんの話を聞き、精神面から支えるメンタルコーチを引き受けてきました。過去10回、通算20日間。東電から、旅費を含むいっさいの報 酬や費用を受け取っていません。

「なぜそこまで?」の問いに薮原さんは、「原発事故の終息なしに、福島の復興も日本の未来もありません」 「『世界の英知を福島へ』の願いを叶えるためです」と答えます。この思い一つで原発の現場に通い続ける薮原さんへの絶大な信頼が、吉田さんの単インタ ビューという快挙の背景にあります。

8月11日の文屋座では、薮原さんが今までに聞き取った現場のみなさんの「心の底からにじみ出た声」を披露し、吉田さんの約70分間に及ぶ映像のうち、オンレコ部分約28分間を、無編集、ノーカットにて上映いたします。映像のすべてに英訳のテロップがつきます。

くわしい内容とお申し込みは、下記をご覧ください。

文屋サイト → http://www.e-denen.net/bunyaza_seminar.php

薮原さんが熱く語るヤブログ放送室『夏の文屋座in福島』 →http://yablog.jp/2012/08/2012in.html

書籍『わもん』 → http://www.e-denen.net/wamon.php

【写真の説明】

上)8.11夏の文屋座in福島のパンフレット

 


2.「2020年東京・福島オリンピック開催を!」 薮原秀樹さんの「わもん」と志、行動に、国内外メディアの注目が集中。

薮原さんの動向に海外のジャーナリストも敏感に反応しております。8月13日(月)には日本外国特派員協会(有楽町)に招かれ、講演会が開かれます。世界の主要メディアや独立系のジャーナリストなど約50社が加盟しています。

すでに、ニューヨークタイムス紙(米)、オーストラリアン紙(豪)、インディペンデント紙(英)などが文屋に、薮原さんへの取材を申し込んでいます。

また、13日夜、フジテレビの看板報道番組に招かれ、生出演が決まりました。

日時:8月13日(月)23時30分位〜
放送局:フジテレビ
番組名:ニュースJAPAN

薮原さんは、現在も福島完全安全宣言に向けて精力的な活動を続けています。また「福島完全安全宣言へ、世界の英知を福島に」の願いを叶える象徴として、「2020年東京・福島オリンピック」の開催を目指し、呼びかけを始めています。


3.「聞く力」がみるみる伸びる講座「文屋座 話聞遊学(わもんゆうがく)」のご案内です。

薮原秀樹さんと直接語り合い、学んで、「聞く力」を磨きたいという、強いご要望にお応えして、「話聞遊学」という文屋座を開くことが決まりました。当面年内は、4回、開催いたします。

平成24年
9月1日(土) 名古屋場所
9月2日(日) 東京場所
11月3日(土) 名古屋場所
11月4日(日) 東京場所
各回 14:00(受付13:30)〜18:00

会場は、名古屋場所が名古屋ビジネスセンター(「名古屋駅」より徒歩1分)、東京場所は赤坂ツインタワーカンファレンスセンター(銀座線・南北線「溜池山王駅」(12番出口)より徒歩1分)です。

くわしい内容とお申し込みは、下記をご覧ください。みなさまのご参加をお待ちしております。
http://www.e-denen.net/wamon_u.php

お申込は1回単位で、すべての回に参加する必要はありません。各回の内容は、その場の雰囲気に応じて自在に変わります。


4.文屋の近況
・ かんてんぱぱ 塚越寛さんの『映像本 いい会社をつくりましょう』(DVD2枚と講演録)は、編集工程が大詰めです。去る5月1日・2日に開いた文屋座特 別版で、伊那食品工業株式会社本社にて、大久保寛司さん(人と経営研究所所長)に企画監修とインタビューをお願いして収録した、DVD2枚と講演録の本の セットです。
1枚目は、塚越さんに大久保さんがインタビューした対話集です。2枚目は、大久保さんによる、社員の代表6人へのインタビューとま と めの解説です。講演録の本には、塚越会長の全インタビューと大久保さんのまとめ解説が収録されています。8月下旬にはお手元にお届けできます。ご用命をお 待ちしております。
http://www.e-denen.net/index.php/iikaisya_dvd

・ 特産「小布施栗」を育てている文屋栗園の栗のイガが、手のひらサイズまで大きくなりました。イガのトゲは、いままで触れても柔らかかったのですが、成長著 しく、すでに触れると痛いトゲになっています。このトゲの真ん中に、あのほっこりと深い甘さをたたえる栗の実が育ちます。大自然の真理を感じます。

みなさん、佳き夏の日々をおすごしください。

2012年7月10日午後、都内ホテルにて吉田昌郎さん(前列左)、木下(同右)、後列左から映画監督の花堂純次さん、薮原秀樹さん、映像作家の花井裕一郎さん。

 

2012年8月7日

我らがテラソ!花井館長!やぶちゃん!

8月6日の朝日新聞朝刊に、われらが「まちとしょテラソ」が登場。

 

「図書館 本だけじゃない」と題された記事に、テラソの先駆的な取り組みとして、

 

・小布施町コンサルタント歴3年余となる薮原秀樹さん(やぶちゃん)の「わもん」を柱とした、子どもたちのしゃべり場「テラソdeやぶちゃん」定期開催

 

・住民参加による運営検討

 

・プロのアーティストによるワークショップ運営

 

・講演会や古本市など多彩な活動

 

などが紹介されました。

 

「(図書館へ)行けば何かあると思ってもらうために図書館側から地域の人の生活に入っていっています」と花井館長のコメント。

 

多岐にわたるテラソの活動が、「まちじゅう図書館構想」の可能性も拡げてくれるものと思います。

 

住民として、いろいろな場面でかかわっていけることは、とても幸いです。

 

 

 

 

2012年7月29日

吉田昌郎氏(福島第一原発前所長)の独占取材映像。8月11日( 土)「夏の文屋座in福島」で世界初上映決定です。

メルマガのURLは下記です。

http://www.e-denen.net/kino/kino.cgi?_action=_log&_id=0

本文は下記です。

吉田昌郎氏(福島第一原発前所長)の独占取材映像。8月11日(土)「夏の文屋座in福島」で世界初上映決定です。


【信州小布施 文屋だより 2012年7月26日号】

【1.吉田昌郎氏(福島第一原発前所長)の独占取材映像。8月11日(土)「夏の文屋座in福島」で世界初上映決定です。

文屋は7月10日、都内にて、世界中が注目する吉田氏の独占インタビューを行い、8月11日(土)に福島市で開く文屋座で、その映像を初上映することが決まりました。お盆前のご多用の時期ですが、ご参加いただけると幸いです。

吉田氏のインタビューは、『わもん-聞けば叶う』(文屋)の著者「聞く匠」薮原秀樹さんのご尽力で実現しました。聞く力がみるみる伸びる、考え方と秘訣である「わもん(話+聞)」は、年齢や立場の枠を超えて、幅広い層のみなさんが学び始めています。創始者である薮原さんの講演やセミナーを求める人が急増しています。

薮原さんは、企業や行政、学校、主婦の集まりなどに招かれて「わもん」を伝えるかたわら、福島第一原発に入り、吉田氏をはじめスタッフのみなさんの話を聞き、精神面から支えるメンタルコーチを引き受けてきました。過去10回、通算20日間。東電から、旅費を含むいっさいの報酬や費用を受け取っていません。

「なぜそこまで?」の問いに薮原さんは、「原発事故の終息なしに、福島の復興も日本の未来もありません」「『世界の英知を福島へ』の願いを叶えるためです」と答えます。この思い一つで原発の現場に通い続ける薮原さんへの絶大な信頼が、吉田氏の単独インタビューという快挙の背景にあります。

8月11日の文屋座では、薮原さんが今までに聞き取った現場のみなさんの「心の底からにじみ出た声」を披露し、28分間に及ぶ吉田氏へのインタビューを無編集で上映します。

一昨日夕、共同通信社からこのことを報じる記事が、全国配信され、おかげさまで問い合わせをたくさんいただいております。

くわしい内容とお申し込みは、下記をご覧ください。
http://www.e-denen.net/bunyaza_seminar.php

書籍『わもん』 http://www.e-denen.net/wamon.php

【2.「聞く力」がみるみる伸びる講座「文屋座 話聞遊学(わもんゆうがく)」のご案内です。】


薮原秀樹さんと直接語り合い、学んで、「聞く力」

を磨きたいという、強いご要望にお応えして、「話聞遊学」という文屋座を開くことが決まりました。当面年内は、4回、開催いたします。

平成24年
9月1日(土) 名古屋場所
9月2日(日) 東京場所
11月3日(土) 名古屋場所
11月4日(日) 東京場所
各回 14:00(受付13:30)〜18:00

会場は、名古屋場所が名古屋ビジネスセンター(「名古屋駅」より徒歩1分)、東京場所は
赤坂ツインタワーカンファレンスセンター(銀座線・南北線「溜池山王駅」(12番出口)より徒歩1分)です。

くわしい内容とお申し込みは、下記をご覧ください。みなさまのご参加をお待ちしております。

http://www.e-denen.net/wamon_u.php

お申込は1回単位で、すべての回に参加する必要はありません。各回の内容は、その場の雰囲気に応じて自在に変わります。

平成24年7月10日午後、都内のホテルにて、インタビュー映像収録の後に。吉田さん(前列中央)、木下(前列右)、後列左から映画監督の花堂純次さん、薮原秀樹さん、映像作家の花井 裕一郎さん。撮影:山本香織さん。

2012年7月18日

聞く匠 薮原秀樹さんを紹介する記事が沖縄タイムスにも!

聞く匠 やぶちゃんこと、薮原秀樹さんが創始した「わもん」の活動を紹介する記事が、沖縄タイムスのきょうの朝刊に掲載されました。


この記事は、「『聞く力』人をつなぐ」と題して、共同通信社本社文化部の大谷善邦さんが執筆して、全国のマスコミに配信されました。配信は3月でしたが、7月の新聞に掲載されたのは、それだけ時間が経過していても”値する”内容だからでしょう。

おかげさまで、すでに全国の20数紙に掲載していただき、文屋から出ているやぶちゃんの書籍『わもん』もご好評をいただいております。

上の写真は、やぶちゃんの熱烈なファンで、やぶちゃんを「声楽」の世界に導いた仲宗根萩枝さんが、送ってくださいました。はぎえさん、有り難うございます!

上の記事は、3月に長野県の信濃毎日新聞に掲載された同じ記事です。

やぶちゃんは、数年前から小布施町の行政コンサルタントとして、職員の人材育成を担当されています。「わもん」を習って聞く力を養いたい、やぶちゃんの人柄に触れたいという希望が多く、毎月数日間の小布施滞在は、日中は町役場、朝や夕方は、住民たちがやぶちゃんを囲んでいます。

記事の写真は、少年野球のメンバーと語り合うやぶちゃんです。町から「小布施町親善大使」の称号を受けているやぶちゃんの今後の活動は、きっと全国から注目を集めることでしょう。

書籍『わもん』について、くわしくは、下記をご覧ください。

http://www.e-denen.net/wamon.php

2012年7月15日

第10回小布施見にマラソン

7月15日、第10回小布施見にマラソンが開催されました。自宅のすぐ近くをマラソンコースが通っていますので、朝から応援に出かけました。

 

松川べりへ出てみると、ユースホステル「おぶせの風」の北風さんとばったり。さらに「わもん」勉強仲間の小宮山さんも駆けつけ、いっしょに応援しました。

 

まずは7:53、役場の高野伸一さんが軽快ラン。風のように通り過ぎたものの、「おおおーーー!」と気づいて戻ってきてくださり、みんなでハイタッチ。高野さん余裕です。

 

 

 

つづいて8:00、遠く西宮市から、なんとチャリティ枠で出場された岸本綾さん(水色のTシャツ)の姿が。「がんばれー!」の声が届くか届かないかという速度で駆け抜けていきました。

 

綾さんは各地でフルマラソンや70kmウルトラマラソンにも出場経験のある猛者です。

 

 

 

さらに5分経過した8:05、オレンジ色の集団が見えてきました。『わもん 聞けば叶う』のご著者、薮原秀樹さん(やぶちゃん)率いるチームYMCAのみなさんです。

 

やぶちゃんの胸には「小布施親善大使」のタスキがキラキラ。

 

 

 

今回のやぶちゃんのテーマは「fun run」。社会福祉協議会の川上局長との伴走を楽しむことをタイムよりも優先する走りとあって、やぶちゃんもリラックスした笑顔です。

 

後ろから役場の土屋さん、そしてやぶちゃんの似顔絵Tシャツ着用の社協の川上さん。

 

 

 

役場の土屋さん、愉しそうです。

 

土屋さんの後ろは、大阪からご参加の黒瀬光庸さん。昨年、小布施見にマラソン出場までに約30kgものダイエットに成功された強者です。

 

 

 

大会前に腰を傷められ、コルセットを着用されていた川上さんも、満面の笑み。

 

 

 

YMCAのみなさんも一人ひとりと丁寧にハイタッチを交わしてくださいました。こうしたほのぼのムードも小布施見にマラソンならではかもしれません。

 

 

 

そしてウサギのお耳で走るレディは、千葉県からお越しの高橋茉希さん。

 

しばらくぶりに再会した茉希さんは、見違えるほど凛々しくスレンダーに。翌日にご自身が講師を務められるセミナーを控えて、心は穏やかに、氣力は充実していらっしゃるようです。セミナーの大成功、お祈りしております!

 

わずか1時間足らずの沿道応援でしたが、みなさんの勇姿に出会え、また趣向をこらしたたくさんのコスチュームランにも遭遇できて、たのしいひとときでした。

 

ご出場のみなさん、おつかれさまでした!

完走されたみなさん、おめでとうございます!

ボランティアのみなさん、ありがとうございます!

 

 

 

2012年7月6日

本間正人さん『壁?』できました!

文屋の新刊、できました!

 

NHK Eテレ「3か月トピック英会話」の人気講師であり「学習学」の提唱者、本間正人さんの『壁?』です!

 

目の前にある壁を越えたいとき、わたしたちはどうするでしょうか? 目的達成のために、どんなアプローチを発想するでしょうか?

 

この本は、「壁の越え方を教える」のではなく、「壁の越え方の見つけ方をともに考える」端緒としての問いかけを投げてくれる1冊です。

 

 

 

平林いずみさんによる愛らしいイラストとともに、楽しく読み進めることができます。

 

なお、本文は全文にわたり英語対訳付きです。 

 

 

 

装丁もちょっと凝っています! 

 

ご覧ください、まばゆいグロス特殊加工! ピカーン!

 

 

 

ただいま開催中の「東京国際ブックフェア」文屋ブースにて、届いたばかりの『壁?』を展示販売しております。なんと、陳列から10分後に、最初の読者様がお買い上げくださいました!

 

みなさま、ぜひ、お手に取ってご覧ください!

 

『壁?』のお隣に並んでおりますのは、薮原秀樹さん(やぶちゃん)の『わもん 聞けば叶う』。

 

今回、文屋から『壁?』を発刊させていただけることになりましたのも、本間先生のメンターを務めていらっしゃるやぶちゃんがつないでくださったご縁あってのことでした。

 

初めて本間先生とお目にかかった日、10年越しの出版構想についてお話しいただき、その場で木下さんと「やりましょう!」と盛り上がり、一気に発刊へ漕ぎ着けた、奇跡の書(?)です。

 

本間先生、やぶちゃん、そしてイラストを担ってくださった平林さん、縁の下の力持ちとして終始お支えくださった編集者の高木繁伸さん、ありがとうございます!

 

 

 

 

 

 

 

文屋ブースへお越しください!/東京国際ブックフェア

東京国際ブックフェアが昨日開幕しました。

 

一般公開はあす7日と8日です。

 

みなさん文屋ブース(2−18)へお越しください。

 

布施町立図書館「まちとしょテラソ」との共同出展です。民間の出版者と公立図書館が同じブース?とみなさん驚かれますが、そこが小布施なんですよねー、と説明にならない説明をしております。

 

100枚の小布施の写真が壁面一杯に飾られ、いい空気が漂っています。

 

 

 

2012年7月5日

東京国際ブックフェアに出展!

本日より4日間にわたり東京ビッグサイトで開催されます「東京国際ブックフェア」。

 

文屋はまちとしょテラソと共同出展いたします!

 

 

 

2度目の出展となります今回は、国立情報学研究所の中村佳史さんをはじめスタッフのみなさま、まちとしょテラソのみなさまに多大なるご協力をいただきまして、こんなにすばらしいディスプレイが実現いたしました! 見応え満点です!

 

 

壁面を埋め尽くす小布施の風景スナップ。そして「小布施」のロゴもステキです!

 

 

 

文屋とご縁をいただいておりますご著者の方々によるトーク&サイン会も目白押し! 

 

できたて、ほやほやの新刊も並びます!!!

 

一般のお客様向けは7日(土)、8日(日)の両日です。

 

ぜひおでかけください!

 

 

 

«  2012年10月  »
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

アーカイブ

image