文屋

過去のブログ

2002年12月25日

ガンマGTP、ごぞんじ?楽酒宣言です

1412251.jpg

朝、新生病院の健康管理センター「ヘルシーベル」へ。ここは70年前にできたクリスチャン(日本聖公会)の病院です。クリスマスだから?ではありません。それは偶然。このセンターには年一回、人間ドックでお世話になっています。わたくしの(腹黒いことをのぞいた)唯一の課題は、ガンマGTP。よくは知らないのですが、肝臓の元気度を示す数値だそうです。とくにお酒による疲れ具合。今日、血液検査をしたところ、数値は150。16〜73が適正ですから、大幅に高い(悪い)。それでも、お酒をたくさん飲んでいた2年前は250でしたから、断酒500日!の成果はあったといえましょう。で、そろそろ正常値か、と期待したのですが、甘かったです。嗚呼(ああ)。
お医者さんには「20年痛め続けたのだから、(治るにも)20年かかる」なんて言われてます。
今日の診察の結論は「一病息災」でした。ほか(腹黒いことのぞく)はいいのだから、健康に気をつけるためには、一つくらいの数値の悪さはむしろ良し。少しくらい、たしなむ程度ならばお酒OKとのこと。「神経質になりすぎてもいけないから」だそうです。
ニンマリ!「たしなむ程度」ですね。ハイ、わかりやした!そうさせていただきます。ということで、本日、お酒解禁、ただし楽酒宣言(×苦酒)であります。みなさん、ほどほどにおつきあいくださいまし。

【今日の写真】ヘルシーベルの保健師・丸山春江さんと。ちょっときびしいのは、身体を気遣ってくれてのこと。とってもやさしいお姉さまです。頼りにしてます。この建物は、フィンランドのログハウスです。健康検査などのお申込は、電話026−247-6000、丸山さんをご指名ください。

【透玄 今日の一句】「つひばまれ なほぶらさがり 冬林檎」
「栗裸木 あまたの枝に 幹一本」
「出陣に 身の丈ほどの 白き息」
「冬の霧 夢想家(ゆめみるもの)を 黙らしむ」
«  2002年12月  »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

アーカイブ

image