文屋

過去のブログ

2002年12月7日

子供に小言を言い続ける小物の大人

1412071.jpg

「男親は少々間の抜けているくらいがいいんだよ。黙ってみていればいい。日本海へ車を飛ばして、沈む夕陽を眺める。砂浜で黙って。たまには気を抜いて、ゆったりしなよ。大らかにな」。6日昼過ぎ、お茶を飲みながら、Yさんはわたくしに言いました。
いい面を見つけたりほめたりするよりも、だめな面や失敗を見つけてしかる、怒る、怒鳴る。そんな自分の一面にほとほといやけがさしていたときだけに、すずしい風が汗の額をなでたような気分になりました。小言は小物の証明、ですよね。深呼吸して遠くを眺めてみます。

【今日の写真】さて今日の写真は、わが家の入口にたたずむ石の祠(ほこら)と娘の星河です。この祠をうちでは、「屋敷神(やしきがみ)さん」と呼びます。江戸後期の作。京都の伏見のお稲荷さんのお札をまつってあります。なぜお稲荷さんなのか?それはなぞですが、この土地が昔から「狐橋(きつねばし)」という小字名であったことと関係があるのかもしれません。そう、狐のお稲荷さん、ですね。
わたくし、この「狐橋」の地名がたいそう気に入っております。この村の中世の豪族の広大なお屋敷の入口がこの土地だったそうで、見張り役が駐在していたとも教えられました。
わが家では、毎朝ご飯とお水を上げてお参りするほか、出かける前とあとには一礼して、交通安全とよき出会いをお願いします。
先のYさん、今年3月に大きな事故にあい、2か月間も意識を失っていたのだそうです。「すべてを振り出しにもどす出来事でした」と語るYさんの3人の子育て談に聞き入った昼下がりでした。

【今日の一句】「淡き陽を 芯に抱いて 霜の薔薇」
「全身を 陽のいけにえに 冬薔薇(そうび)」
«  2002年12月  »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

アーカイブ

image