HOME > 制作日記 > 2003年1月23日

2003年1月23日

大雪25センチ+師範代試験合格

0123.jpg

0123_2.jpg

5時半起床。午前、塚越社長の本執筆。朝からの粉雪が、午前10時ころには湿り気のある雪になり、どんどん積もって25センチくらいになりました。夜までに雪かき3度。異例のことです。
昼、アーティストの中村仁さんと待ち合わせて、コーヒーとジャズの「BUD」(バド)へ。中村さんとは10数年前からのおつきあいで、わたくしの本などの仕事の大半は、彼との協働です。軽井沢の西の御代田町に住んでいるため、ふだんのやり取りは通信手段のみ。会うのは年に5回ほど。それでも仕事ができているのは、やはり時間と体験のなせるワザ(技・業)ですね。
BUDにて、ミートソースのスパゲティー(細い麺と深くてさっぱりした味)とアーグレイのミルクティー。今後の本の構想や禅寺での煎茶の集いなどについて、語り合いました。
ここのマスターは、須々木健さん。東京生まれで、今は須坂市(小布施の南となり)に暮らし、奥さんと二人でこの店を営まれています。穀平味噌醸造場という江戸時代から続く味噌屋さんの蔵の一つを喫茶店として再生し、5年前に開店しました。味噌屋のあるじは、わたくしの先輩の小山洋史さんです。
「アート&クラフトぎゃらりい蔵」という別名もあるとおり、絵画や陶磁器の展示販売もされています。コンサートも開かれる小布施の文化サロンの一つです。
3人で話が弾み、仁さんの個展を、この秋にこちらで開いていただくことになりました。原画、版画、絵付けの陶器、ロストワックスという彫金など、”JINワールド”が展開されます。くわしく決まりましたらまたお知らせしますね。
午後後半は、塚越社長の本執筆。

先日上京して面接試験を受けたISIS編集学校「守」師範代試験の結果がメールで発表になりました。「ウメカオル」合格でした!さてこれからが大変です、そして楽しみです。松岡正剛校長のもと、一途に多様に、木下流の実験を始めたいと思います。
入門を希望される方は、次のサイトへどうぞ。直接わたくしにメールをくださっても、お答えできると思います。
ISIS編集学校 http://www.eel.co.jp/06_editschool/index.html
いと◎へん http://www.eel.co.jp/
ISIS立紙篇 http://www.isis.ne.jp/

【今日の写真】(上)午後の雪の庭です。
(下)BUDのマスター須々木健さん(左)とJINさん(ひげの顔は一度見たら忘れがたし)BUDはTEL026−251−4033です。

【透玄 今日の一句】「天気図に 指紋の如き 大寒波」

※映画『たそがれ清兵衛』観ましたか?わたくしはこれからです。いいそうですね。今日、掛け軸の家系図を見ていたら、なんと初代半之丞さんが跡式として継いだ先代に当たる人の名前が「清兵衛」さんでした。

固定リンク | 過去ログ | Commnets(0)

«  2003年1月  »
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

アーカイブ

PAGE TOP

HOME 商品一覧 文屋座 文屋語らい座 文屋について 書店様へ 文屋だより 制作日記 お問い合わせ プライバシーポリシー ご購入のご案内 特定商取引法