文屋

過去のブログ

2005年9月4日

仲良し、きょうだい

kako/2005_9/10584151858.jpg
朝、ゆっくりと眠り、6時半に布団から出ました。久しぶり。朝食、緑茶、新聞、おしゃべり。

軽トラに乗って町の施設である桃源荘へ。きょうまで2週間、滞在してくれた5か国の若者たちが使った布団を新生病院のスタート記念館へお返し。それから彼らが使った自転車を、アラ小布施にお返ししました。

ふたたび居間にて、妻と緑茶。さあ仕事だ!と思うのですが、なかなか仕事場に行く気になれません。どうしてかな、と思いましたが、すぐにわかりました。体、首から下が言うことを聞かないんです。「運動不足だから、頭や指より前に、体を使って!汗をかいて!!」と言っています。

愛車にまたがり、ひとっ走りすることにしました。千曲川のいつもの土手を走り、中野市の浜津ガ池の公園へ。往復1時間半。はい、もう大丈夫。これで頭や指を使ってもご機嫌よく動いてくれる、心身の状態になれました。

昼食のあと、机につきました。この写真帖の書き込み、本の発送、一新塾本の企画などをしてすごしました。夕方、スーパーへ買出しに。めずらしく、夕食をあたくしが作りまッす!

【きょうの写真】いまから10年ほど前の春、千葉の房総半島の海岸にて。波と戯れる山国の、3人の子どもたちです。一番後ろの長男は大学1年生、2番目は高校1年、長女は小学6年生になりました。いつまでも仲良く。仲良くしていれば、うまくいく、ね!

玄照寺さんの参道入口に、ご住職の葦澤義文さんがいつも揮毫して掲示されていることば。いまは「平和は幸福の基(もとい)なり」です。まったくそのとおりですね。そして平和とは、「戦争をしていない」状態だけでは実現しません。差別がなく、人権が守られ、みなが尊重しあって暮らしている状態。これを「積極的平和」というのだそうです。

ご住職のことばをもとにあたくしが思うことば。
「和合は平和の基 平和は幸福の基」
«  2005年9月  »
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

アーカイブ

image