文屋

過去のブログ

2005年9月7日

台風一過の黄金の夕焼け

kako/2005_9/10587214158.jpg
kako/2005_9/10587214158-2.jpg
台風が九州から日本海を北上。朝から西のほうからの風が強く、夕方までつづきました。仕事場での編集と資料読み、伝票整理に終始した一日でした。

朝、トイレの掃除をしていて、以前から気になっていた便座を取り外してみようという気持ちになり、やってみました。ワンタッチで取り外すことができました・・・なんだ簡単じゃん。便座の、ふだんは取り外さない部分の下には、ほこりなどの汚れがありました。きれいにしていたつもりでしたが、その気になって取り組めば、やっぱりいくらでも掃除すべきことはあるのですね。ほかの二つの便座も、明日きれいにしようと思います。

台風がすぎた夕方、まだ風はありましたので、愛車でのトレーニングはおあずけにして、庭で体を動かしました。西の空が見る見るうちに朱色に染まり、やがて太陽の輝きを受けて雲が金色の輝きをもちはじめました。西の空一面が黄金色に。西方の極楽浄土とはこのことか・・・といたく感じ入りました。携帯に長野市の人から電話があったので、西の空を見て、と言うと「こちらの西の空は一面深い紫色です」とのこと。黄金の夕焼け、小布施に居る役得、なのでしょうか。よかった。

夜10時、眠りにつきます。

【きょうの写真】上)庭の入口にある樹齢300年の和ツツジの秋咲きです。

下)夕方6時ころに庭から見た夕焼けです。
«  2005年9月  »
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

アーカイブ

image