HOME > 制作日記 > 2009年12月4日

2009年12月4日

『ブログ道』の著者・久米信行さん

久米繊維工業株式会社というTシャツメーカーを知ったのは、2年前の夏のことでした。

 

 

久米信行さんという、若き社長の率いる、1935年創業の老舗国産Tシャツメーカーです。
 

 

「Tシャツプロジェクト」を小布施で始めた花井裕一郎さん(現在は、まちとしょテラソ館長)のご紹介でした。

 

 

奥様と元気な二人の息子さんを連れて東京から車で小布施にいらした久米さんは、ワークショップでTシャツの絵を描きながら、私に語ってくれました。

 

 

話題の中心は「ブログ」の魅力、でした。

 

 

当時の私は、文屋サイトで「おぶせ写真帖」という日記を書いていました。しかし、月に数回書けばいいほうで、ひどいときには半年近くも書き込まない状態でした。

 

 

いくらブログの魅力や効用を説かれても、私の心には届きませんでした。

 

 

今、私の手には、久米さんの著書『ブログ道』(NTT出版)があります。

 

 

わが国のブログ界の先駆け的な存在で、現在もいくつかのブログに極上の情報を書いておられます。

 

 

その一つに、こう書かれています。

 

 

「オーガニックコットンなど厳選素材で謹製した最高級国産Tシャツに世界で1枚のプリントを!老舗メーカー三代目の第二創業記」。

 

 

http://plaza.rakuten.co.jp/enginekimyo/

 

 

以下は、アマゾンにある、同書の説明です。

 

 

「人はいったいなぜハマルのか? その魅力と効用について稀代のネットワーカーが懇切丁寧に解説。単なるハウツウ書ではなく、読者をひきつけるコツから書く際の心がまえまで「作法」中心に展開していく。」

 

 

「1対1の通信が前提の「メール」に比べ、不特定多数の相手が対象の「ブログ」ではより高度な「作法」が要求される。まさに時代の要請に応える一冊である。」

 

 

さらに、「夢実現+縁結び+自伝ツール」を活かす道。心に響き、人生を切り拓く「心得」と「作法」・・・とも。

 

 

久米さんの「ブログ道」を読みながら、遅ればせながら、自身のブログのあり方を考えつつ模索しつつ、毎日のブログ書き込みを続けてみようと思います。

 

 

久米さん、花井さん、ありがとうございます!

固定リンク | 過去ログ | Commnets(1)

12月19日(土)、喫茶室メイプルで、小弥太さんと語る会

12月19日(土)3:00に始まる、喫茶メイプルでの催し「岩崎小弥太さんのお話と、オリジナルメニュー”世界一のパンセット”を楽しむ会」のチラシが仕上がりました。

 

 

わたしの手づくり(パソコン作り)ですので、デザインセンスはほめられたものではありませんが、主催者としての思いは込めました。

 

 

絵本『世界一のパン 〜チェルシーバンズ物語』の主人公・岩崎小弥太さんのお話を聴けるうえに、この絵本の読み聞かせの会もあります。そして、小弥太さんのサイン会や、チェルシーバンズが当たる抽選会も。

 

 

参加者にはもれなく、本書の発刊記念で文屋が作った、絵本作家・市居みかさんの原画のオリジナルポストカード3枚セットを、プレゼントしちゃいます。

 

 

それなのに! 入場料は、”世界一のパンセット”のお代500円、ワンコインのみ。これは、参加しなくちゃ、そんですよね。

 

 

開場は2:30。先着30人までしか座れません。以降は、立ち見になります(ごめんなさい)。

 

 

小さなお子さまも、歓迎ですよ〜。19日はメイプルへ、急げ!

固定リンク | 過去ログ | Commnets(0)

«  2009年12月  »
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

アーカイブ

PAGE TOP

HOME 商品一覧 文屋座 文屋語らい座 文屋について 書店様へ 文屋だより 制作日記 お問い合わせ プライバシーポリシー ご購入のご案内 特定商取引法