HOME > 制作日記 > 2013年8月26日

2013年8月26日

最新刊 『ありがとう大臣とポストの神様』のお知らせです。

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4

最新刊 『ありがとう大臣とポストの神様』のお知らせです。

「ありがとう」とすべてのものごとに感謝の気持ちの大切さと、その気持ちを表す手立てとしての「手書きのハガキ」のすばらしさ。この2つをお伝えする書物です。

9月中旬に、全国の書店、ネット書店で発売となります。

著者の阿川龍翔(りゅうしょう)さんは、1年ほど前まで、最高級イタリア車のトップセールスマンでした。毎月700枚、通算15万枚の「ありがとう」ハガキを書き続ける日々の中で見つけた、「商品以外のものを売る」極意を、物語で紹介します。

物語に登場するのは、「ありがとう大臣」と「ポストの神様」。お二方(?)ともバリバリの関西弁で、やんわりとユーモラスに、でもきっぱりと、極意を語っています(文屋史上初の関西弁の本です!)。

神戸市在住の阿川さんの文章に華を添えるのは、滋賀県在住の新進のイラストレーター・中川貴与美さんです。大臣と神様・・・どんな顔かたちのイラストになるの? という編集者の疑問と心配に、とってもすてきでキュートな「ありがとう大臣」と「ポストの神様」を描いて、答えてくださいました。

96ページの軽やかな本書の中に、数十点のイラストがカラーでちりばめられています。

装丁と本文レイアウトをお引き受けくださったのは、著名なブックデザイナーの鈴木成一さんです。『わたし、少しだけ神さまとお話できるんです。』(井内由佳・著)、『はなぼん わくわく演出マネジメント』( 花井裕一郎・著)に続いて、鈴木さんによる文屋のブックデザインは、この本で3冊になりました。

ありがとう大臣とポストの神様からのメッセージです。
「ワクワクしてホクホクになる2つの極意! 営業の仕事だけやないでー、この小さな本には、あなたの悩みを消して、運を開くポイントがいっぱいやぁ♫」。

四六判、並製本、96ページ、全ページカラー
定価1,260 円(本体1,200 円+税)
発行:文屋、発売:サンクチュアリ出版

★文屋サイトからのご予約・お求めは・・・ http://www.e-denen.net もれなく、記念ポストカードを進呈いたします!

★いつもの書店さんからのお求め・ご予約は、『ありがとう大臣とポストの神様』の書名と、「発売:サンクチュアリ出版」とお伝えください。

★Amazon:
http://www.amazon.co.jp/ありがとう大臣とポストの神様-阿川龍翔/dp/4861136393/ref=cm_cr_pr_product_top

【写真】
上左)阿川龍翔さん
上右)『ありがとう大臣とポストの神様』の表紙
下左)中川貴与美さん
下右)ありがとう大臣

固定リンク | 日々 | Commnets(0)

秋の文屋座のお誘いです。10月14日(月・祝) 東京・御茶ノ水にて。

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4

みなさん、こんにちは。いよいよ、収穫と食欲、読書の秋ですね。いかがおすごしでしょうか? こちら信州小布施にも、朝夕は秋らしい風が漂い始めました。

きょうは、秋の文屋座についてお知らせさせていただきます。

井内由佳さん、阿川龍翔さん、そして高野登さんのお三方の豪華なゲストをお迎えします。

テーマ「世界の幸せ者が実践する、やさしい法則」です。

井内由佳さんは、『わたし、少しだけ神さまとお話できるんです。』(文屋)のご著者でいらっしゃいます。8月には4冊目の新刊『わたしが神さまから聞いたお金の話をしてもいいですか?』(総合法令出版)を上梓なさいます。

阿川龍翔さんは、9月に文屋から発行する初のご著書『ありがとう大臣とポストの神様』のご著者で、文屋座は初めてのご登壇です。

高野登さんは、世界の高級ホテルでの経験を経てリッツ・カールトン日本支社長としてご活躍の後、現在は、人とホスピタリティ研究所所長として、講演会、セミナー講師、著述や行政・企業の指導など、幅広い分野で活躍していらっしゃいます。今回は、「結果を出す気づきの力」をテーマにお話しいただき、トークセッションでは、阿川さんと井内さんの魅力の引き出し役をおつとめくださいます。

会場受付では、お三方のご著書コーナーを設け、サイン会もございます。文屋の書籍も販売いたします。

文屋座は、読み手と書き手と作り手の、出会いと学びと語り合いの場です。

みずからの本来を考え、未来を創る、和やかなサロンとしての文化を、共に育てていきたいと思います。

どなた様にもご参加いただけます。お気軽に、お誘い合わせて、おでかけください。

くわしい内容とお申し込みは、下記をクリックしてご覧ください。

http://www.e-denen.net/bunyaza_seminar.php


○開催日時 平成25年10月14日(月・体育の日) 13:30(13:00受付)〜20:00

○会場
【学び座 お話の会】御茶ノ水ソラシティー カンファレンスセンター(Hall East)
【語らい座 三人の講師を囲むパーティー】山の上ホテル

 ※学び座だけのご参加は可能です。語らい座だけのご参加はできません。

http://www.e-denen.net/bunyaza_seminar.php

【写真説明】
上左)井内由佳さん
上右)高野登さん
下左)阿川龍翔さん
下右)阿川さんの新刊『ありがとう大臣とポストの神様』表紙 

固定リンク | 日々 | Commnets(0)

秋の文屋座のお誘いです。10月14日(月・祝) 東京・御茶ノ水にて。

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4

みなさん、こんにちは。いよいよ、収穫と食欲、読書の秋ですね。いかがおすごしでしょうか? こちら信州小布施にも、朝夕は秋らしい風が漂い始めました。

きょうは、秋の文屋座についてお知らせさせていただきます。

井内由佳さん、阿川龍翔さん、そして高野登さんのお三方の豪華なゲストをお迎えします。

テーマ「世界の幸せ者が実践する、やさしい法則」です。

井内由佳さんは、『わたし、少しだけ神さまとお話できるんです。』(文屋)のご著者でいらっしゃいます。8月には4冊目の新刊『わたしが神さまから聞いたお金の話をしてもいいですか?』(総合法令出版)を上梓なさいます。

阿川龍翔さんは、9月に文屋から発行する初のご著書『ありがとう大臣とポストの神様』のご著者で、文屋座は初めてのご登壇です。

高野登さんは、世界の高級ホテルでの経験を経てリッツ・カールトン日本支社長としてご活躍の後、現在は、人とホスピタリティ研究所所長として、講演会、セミナー講師、著述や行政・企業の指導など、幅広い分野で活躍していらっしゃいます。今回は、「結果を出す気づきの力」をテーマにお話しいただき、トークセッションでは、阿川さんと井内さんの魅力の引き出し役をおつとめくださいます。

会場受付では、お三方のご著書コーナーを設け、サイン会もございます。文屋の書籍も販売いたします。

文屋座は、読み手と書き手と作り手の、出会いと学びと語り合いの場です。

みずからの本来を考え、未来を創る、和やかなサロンとしての文化を、共に育てていきたいと思います。

どなた様にもご参加いただけます。お気軽に、お誘い合わせて、おでかけください。

くわしい内容とお申し込みは、下記をクリックしてご覧ください。

http://www.e-denen.net/bunyaza_seminar.php


○開催日時 平成25年10月14日(月・体育の日) 13:30(13:00受付)〜20:00

○会場
【学び座 お話の会】御茶ノ水ソラシティー カンファレンスセンター(Hall East)
【語らい座 三人の講師を囲むパーティー】山の上ホテル

 ※学び座だけのご参加は可能です。語らい座だけのご参加はできません。

http://www.e-denen.net/bunyaza_seminar.php

【写真説明】
上左)井内由佳さん
上右)高野登さん
下左)阿川龍翔さん
下右)阿川さんの新刊『ありがとう大臣とポストの神様』表紙 

固定リンク | 日々 | Commnets(0)

«  2013年8月  »
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

アーカイブ

PAGE TOP

HOME 商品一覧 文屋座 文屋語らい座 文屋について 書店様へ 文屋だより 制作日記 お問い合わせ プライバシーポリシー ご購入のご案内 特定商取引法