文屋

『ちよにやちよに 普及版』

『ちよにやちよに 普及版』発売記念
期間限定20%上乗せ(特大盛り)キャンペーン!

和の天命をありがとうーー

子どもも外国人も読める 美しい大人たちの絵本
『ちよにやちよに』の内容を、たくさんの人たちに知ってほしいーー。

文屋はこのたび、
愛読者のみなさまから寄せられた熱い願いにお応えして、
『ちよにやちよに』の普及版を発行することを決めました。

なんと!本書(定価1,650円)の1/3という、
お求めになりやすいお値段にいたします。

ちよにやちよに【普及版】
『ちよにやちよに【普及版】』(2021年12月4日発売)

期間限定の特典20%上乗せ(特大盛り)キャンペーン!もご用意いたしました。

どうぞ最後までお読みください!

菜の花畑の祈り
「菜の花畑の祈り」(本書より)

君が代は
千代に八千代に
さざれ石の
いわおとなりて
こけのむすまで

「君が代」は、世界一古い歌詞の、世界一短い国歌です。
日本の人々に1100年以上も前から愛唱されてきた和歌です。

誰がつくったのかはわかりません(詠み人知らず)。

そしてこの和歌は、平安時代に生きた、ある人物が、
恋しい人に寄せた熱いラブレターでした。

夜空の祈り
「夜空の祈り」(本書より)

この歌を歌うとき、誰を「君(きみ)」と思うのかは、歌う人の自由です。

国境も宗教も、時代さえも、たやすく超えることができます。

「君」は人でなくてもかまいません。

想像力をふくらませれば、虫や動物や草木、山や海や地球、月でも宇宙にさえも広がります。

「君が代」は、大らかで和やかな人類愛・自然愛を込めた、究極のラブレターです。

2000年以上も続くこの国の先人たちからの贈り物です。

永い歴史の中で、国民みんなの歌として愛され、やがて国歌となった君が代の「旅」。

この旅は、地球に暮らす私たち家族の未来に、希望の光を灯してくれることでしょう。

未来を創る子どもたちへ、和を尊び、命を慈しむ、受け継がれてきた日本人の心を贈りませんか?

中西進先生(左)と著者の白駒妃登美さん
本書に推薦文を寄せてくださった、
元号「令和」の名付け親とされる国文学者の中西進先生(左)と著者の白駒妃登美さん

『ちよにやちよに』はおかげさまで大勢のみなさまにご支持をいただき、
発売から100日で増刷となりました。

家族だんらん
家族だんらん。親子で読み語り

ご愛読者のみなさまからは、

「もっと早くに、小学生の時に教えてほしかった。
 孫たちに読んであげます」

「君が代アレルギーが治りました。
 これでスッキリした気分で歌えます!」

という感動と感謝のご感想と共に、

「本書の内容を、もっとたくさんの人たちに知ってほしい」という
お声が寄せられています。

具体的には、つぎのようなご希望です。

こころを込めて贈りましょう
こころを込めて贈りましょう

・クリスマスや年末年始で集まる子どもや孫たち全員に手渡したい。

・卒業を前にした小学6年生全員にプレゼントして、母校にご恩返ししたい。

・母校の在校生全員に贈ることで、ふるさとへの感謝の気持ちを伝えたい。

・ボーナスやお給料の日に、社員全員にメッセージを添えて贈りたい。

・退職記念に、後輩の社員のみなさんに贈りたい。

・創立記念日に、すべての社員とお取引先のみなさんに贈りたい。

・総合的な学習の時間や道徳科の副読本として使いたい。

・海外へ!美しい英訳付きなので、外国の知り合いや取引先の人たちに手渡したい。

あたたかい笑顔と共に
あたたかい笑顔と共に

・・・こうしたご希望を寄せられた読者さまから、

「より求めやすい普及版があれば、手配りしやすいですね」

「本書の美しい絵と文章はそのままに、まとめ買いできるお値段に」

というご要望も寄せられております。

そこで、文屋はこのたび、
『ちよにやちよに【普及版】』を新発売することを決めました!

ちよにやちよに【普及版】
『ちよにやちよに【普及版】』(2021年12月4日発売)

『ちよにやちよに』を普及する目的は、
つぎの2つです。

1.「君が代」の誤解を解いて、正しい理解を広げること。(君が代を元の姿に戻す!)
  和歌「君が代」は、自国愛のレベルをはるかに超えた人類愛・自然愛の賛歌です。  
 

2.この和歌に詠み込まれた日本の天命である「世界の母 世界の太陽になる」を
  国内外にお伝えすること。(君が代を解き放つ!)
  日本人の使命は、世界中を丸くあたたかく包みこみ、世界平和の導き手になる
  ことです。

普及版は、ハードカバーの上製本と違って、小学校の白地図や副読本のようなソフトカバーです。
紙質も製本方法も簡素ですが、内容は上製本と変わりありません。

著名なブックデザイナーである鈴木成一さんの素敵なアイデアをもとに、
印刷製本の現場の人たちが創意工夫してくれた結果、
本書の1/3のお値段を実現することができました。

鈴木成一さん ご著書
NHKTV「プロフェッショナル 仕事の流儀」にも出演した装丁家 鈴木成一さんとご著書
(鈴木さんの写真:毎日新聞社Webサイトより転載)

価格をお安く抑えましたので、まとまった数をご購入いただきやすくなりました。

ご活用のシーンとしては、上記のお声のように、
間もなく卒業式を迎える母校の子どもたち全員にプレゼントしたり、
会社の部下たちへの贈り物にすることを想定しております。

一冊550円。本書1,650円の1/3のお値段です。

すべての本に、「普及版の発行に寄せて」と題するメッセージカードを添えます。

仮に、母校の小学6年生、3つのクラスの100人全員にプレゼントすると仮定すると、
代金の合計は、55,000円(税込)です。

手軽に読める小冊子として、1冊のご購入も、もちろん歓迎いたします!
(送料は、何冊でも無料です)

【10冊以上は感謝の10%上乗せ(大盛り)】

「経営者は値引きは厳につつしむべし!」とは、
『いい会社をつくりましょう』のご著者で、
文屋が敬愛する塚越寛さん(「かんてんぱぱ」ブランドで知られる伊那食品工業(株)最高顧問)の、
すべての社長へ向けてのメッセージです。

塚越寛さん 『新訂  いい会社をつくりましょう』
塚越寛さんと『新訂 いい会社をつくりましょう』

ですから、値引きはいたしません。

値引きはしませんが、普及版の趣旨にご賛同いただいて申し込んでくださるあなたへの感謝を込めて、
10冊以上をご購入くださる場合、冊数の10%分(10冊なら1冊、100冊なら10冊)を上乗せして、
大盛りにしてお届けいたします。

【さらに!期間限定 20%特盛り特典】

期間限定の上乗せ制度を設けます。

いまだけの特盛りキャンペーンです!

《特大盛りキャンペーン期間》

11月25日(木)13時から12月15日(水)13時までの3週間

《特盛りの内容》

10冊以上を予約して銀行振込でお支払いくださる方には、
特別にお申込冊数の20%分(10冊なら2冊、100冊なら20冊)を上乗せ
してお届けいたします。

ふるさとの母校へ、特盛りの上乗せ分は、学校図書館や先生方にプレゼントしていただけますね。

社員のみなさんに贈る場合には、特盛りは、特別功労賞の若手社員に上乗せ!・・・

なお、Amazonでの発売開始は、特盛りキャンペーン期間終了後の12月中旬になります。

この地球に生きるすべての命に
この地球に生きる
すべての命に

世界を豊かで平和な未来へと導く天命をもつ『ちよにやちよに』を、
人類愛・自然愛の賛歌として、より多くの身近な人たちにお伝えいただけたら有り難く存じます。

image