文屋

文屋だより

メールマガジン「文屋だより」は、
百年本の文屋代表、小布施人、農士、「美日常」提唱者として、
ものごとの原点(本来あるべき姿)を考えつづける筆者が、日々、交流の場を綾なしながら、
みなさまの人生とビジネスのお役に立つことを目的に、お届けしております。

お名前
メールアドレス

vol.217 井内由佳さんが18日、東京国際フォーラムホールで講演

2016年07月05日

みなさん、こんにちは。お元気ですか?


6月下旬の週末、茨城県日立市にて、
井内由佳さんの講演会が開かれ、
学ばせていただきました。

2時間のお話の中で、
わたしの心ににいちばん響いた言葉は、

「成りたい自分に向かって、
ありたい自分である人」

でした。

井内さんはもしかすると、
この言葉を以前から
使われているのかもしれません。

しかしわたしには「初耳」で、
とても新鮮でした。


日々、「進歩」と「進化」をとげられている
井内さんの講演会が7月18日(月・祝)午後、
東京国際フォーラムで開かれます。


みなさん、毎日、文屋だよりを、
お受け取りくださいまして、
ありがとうございます。


◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎

信州小布施 美日常の文屋だより vol.217

和合と感謝

百年本を世界へ未来へ。

◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎


このメールマガジン(文屋だより)は、
百年本の文屋代表、小布施人、農士、
「美日常」提唱者として、

ものごとの原点(本来あるべき姿)を
考えつづける筆者が、

日々、交流の場を綾なしながら、
みなさまの人生とビジネスのお役に立つこと
を目的に、お届けしております。

★文屋・木下豊について
http://www.e-denen.net/index.php/about_rinen

ダ・ヴィンチニュース【超本人】
http://ddnavi.com/news/268966/a/


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

(きょうのテーマ)

井内由佳さんが18日、東京国際フォーラムホールで講演

「成りたい自分に向かって、
ありたい自分である人」  その1
 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


*******************
★欲深と欲張り★
*******************


井内由佳さんの新刊
『欲深(よくぶか)のすすめ』(日本文芸社)。


これを読んでいて、

欲深:自分と他の人の幸せを求めること。

欲張り:自分だけの目先の利益を求めること。

というように整理しました。


井内さんは回想しています。

「わたしにとってのしあわせの分岐点は、
神さまとの出会い、

そして神さまが
「欲深い生き方」を後押ししてくれたこと
だったように思います。」


そして「欲深」については、

「神さまは、誰も、傷つけない、
悲しませない、損をさせない「欲」で、

なおかつ自分や誰かをしあわせにする「欲」なら、
どんどん持ちなさいとおっしゃるんです。」


「わたしは、「欲」を持つことが、
しあわせを感じる源であり、
進化できる理由だと思っているのです。」

「わたしが知っている、しあわせを感じながら
暮らしている人たちは、
みんな「欲深(欲が深い)」な人です。」


そして、

「「欲」は神さまから人間へのギフト。
あなたの毎日を輝かせるもの。」と
結んでいます。


*******************
★「成りたい自分に向かって、
     ありたい自分である人」★
*******************


井内由佳さんは、先日の講演会で、

「人をしあわせにする人は、欲深な人。

欲深な人は、成りたい自分に向かって、
ありたい自分である人です。」
と、おっしゃいました。


「成りたい自分に向かって、
ありたい自分である人」


冒頭にも書きましたが、
わたしが聞きもらしていたのでなければ・・・
ですが、

井内さんがこの「一行・言い切り」の表現を
使われるのは、
最近のことだと思います。

成りたい自分:理想に向かい、哲学・理念をもって、
短期・中期・長期で叶えたい、「成りたい姿」。

ありたい自分:成りたい自分に成るために、
暮らしや働きの中で、為すべきことを為している
ありたい(あるべき)自分の姿。


わたしは以前のメルマガで、
「進歩」と「進化」について、
つぎのように書かせていただきました。


【進歩】は、量的な成長。

同じ舞台(ステージ)で、
ゆるやかな上り坂を歩みゆく成長の姿。


【進化】は、質的な成長。

進歩をつづけた結果として、

階段を一段上がり、
一つ上の
新しい舞台に上がる成長の姿。

成果は「考え方と能力と熱意」のかけ算。

http://www.e-denen.net/index.php/mailmag?_id=102


わたしのまわりには、
30数人の文屋のご著者のみなさんをはじめ、
日々、地道な進歩を積み重ねている

すてきな人がたくさんいらっしゃいます。

そのなかでも、

井内さんの進歩と進化の度合いには、
刮目(かつもく)すべき値うちを
感じております。


そんな「日々進化」をなさる井内さんのお話を、
ライブで聴いてみませんか?

東京では初の「ホール」での講演会で、
はりきっていらっしゃいます。


「井内由佳 東京講演会」

とき:7月18日(月・祝)
  13:00開演 12:30開場

ところ:東京国際フォーラムホール

詳しくは下記にてお願いいたします。
http://yuka-i.com/seminar/html/products/detail/3



************************

★きょうの気づき★

◆「神さまは、誰も、傷つけない、
悲しませない、そんをさせない「欲」で、

なおかつ自分や誰かをしあわせにする「欲」なら、

どんどん持ちなさいとおっしゃるんです。」

◆【進歩】は、量的な成長。

同じ舞台(ステージ)で、
ゆるやかな上り坂を歩みゆく成長の姿。


【進化】は、質的な成長。

進歩をつづけた結果として、

階段を一段上がり、
一つ上の
新しい舞台に上がる成長の姿。

成果は「考え方と能力と熱意」のかけ算。


**********************


★井内由佳さんのホームページが
リニューアルされました。

http://yuka-i.com

★最新刊『ハズレくじばかりのボクでも
「強運な人」になれた!
神さまからの秘密の教え

たった7日間で人生が変わる方法、
聞いてきました!』

http://www.amazon.co.jp/dp/4040680693

★井内さんの最初のご著書(文屋刊)
『わたし、少しだけ神さまとお話できるんです。』

http://www.e-denen.net/index.php/books?_id=12


*********************


★高野登さんの最新刊
『おもてなし日和』お申し込みページ:
http://www.e-denen.net/index.php/books?_id=31

アマゾン:http://my-tiny.com/doxx


**********************


★プレム・ラワットさんと薮原秀樹さんによる
文屋座セミナー

10月23日(日)14時30分から17時30分

東京・御茶ノ水ソラシティカンファレンスセンター

参加者募集中:
http://www.e-denen.net/index.php/bunyaza19

ラワットさんのご著書
『Pot with the Hole 穴のあいた桶』

http://www.e-denen.net/index.php/books?_id=27

幸せは、穏やかな心に宿る。

一つのメッセージを8歳のころから50年間、
世界中から招かれて講演しづつけている
ラワットさん。

今年は、「講演活動50周年記念」の
ワールドツアーが展開されます。

これからも、
ラワットさんのメッセージを、
世界へ未来へとお伝えしてまいります。

ラワットさんのメッセージを、
世界へ未来へ。

プレム・ラワットさんのご著書や情報は、
文屋(プレム・ラワット日本事務局)が運営する
サイトへどうぞ:http://www.premrawat-japan.com/

お近くの書店さん、ネット書店さんでも、
お求めいただけます。

お近くの図書館への「購入リクエスト」も、
お願いいたします。

**********************

このメルマガのアーカイブページが、
仕上がりました。

キーワードで検索することも
できるようになりました。

どうぞご覧くさい。
http://www.e-denen.net/index.php/mailmag

**********************

メールマガジン 文屋だより

アーカイブ

最新の投稿

image