文屋

文屋だより

Vol.758 佳きご縁は系統樹のように自然体で連なっていく。

2020年02月27日

みなさん、こんにちは。お元気ですか?

春浅い信州小布施の里

今朝は真冬に逆戻りです。

粉雪が吹雪のように降りつづいています。

白馬や志賀高原や野沢温泉でスキー場やお宿を営む
お仲間たちが大喜びする顔が、
目に浮かびます。

文屋の居間では、
燃えさかる薪ストーブが主役顔です(^0^)!!


みなさん、
いつもこのメールマガジンをお受け取りいただき、
ありがとうございます。

◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎
信州小布施 美日常の文屋だより vol.758
和合と感謝
百年本を世界へ未来へ。
◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎

【きょうのテーマ】
佳きご縁は系統樹のように自然体で連なっていく。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

**********************
★運命の出会いから始まったものごと★
**********************

2013年初夏、

京都を訪れたわたしは、
旧知の経営者・関佳彦さんに、
ある英国人男性を紹介されました。

関さんは、
京の都で知る人ぞ知る、

素材にこだわった本格的なお弁当とレストランの
遊食邸(京フーズ:http://www.yushokutei.jp/)を
経営されています。

『根っこづくりの経営』
(文屋:http://www.e-denen.net/index.php/books?_id=26)の

ご著者・渡辺雅文さんのWMC
渡辺経営コンサルタント事務所(福島市)が主催する
企業訪問セミナーに参加したときのことです。

関さんが紹介してくれた英国人男性は、

その後、プレム・ラワット日本事務局(文屋)の副代表として、
海外出版社との契約や取引を先導してくれた
マックス・ウィトルさん(現在はオランダ在住)です。

マックスさんは高校生の時、
母国イギリスで開かれたラワットさんの
講演会に初めて参加しました。

「この人の心の平和のメッセージはすごい!

生涯、ラワットさんから学びながら、
歩んでいきたい」と、
心に決めたのだそうです。

セミナーを終えて帰宅したわたしは、
関さんとマックスさんにいただいた
ラワットさんの講演DVDを観ました。

「ラワットさんの心の平和のメッセージが
世界の未来に広がっていけば、

その結果として、
揺るぐことのない平和な世界が実現する」

そう確信したわたしは、
ラワットさんのご著書を読みたくなり、
マックスさんに尋ねました。

「ラワットさんはまだご著書を出したことがありません」
とマックスさん。

「そうなんですか。

それならわたしがつくりたいです。
ラワットさんと会わせてください」

というわけで、
2014年10月に大阪市内のホテルで、
ラワットさんとの初面談につながり、

いまに至る、
【文屋発・世界の未来行き】のラワットさんの出版活動に
結びついています。


こうした「ふとした」「ひょうなことから」
「偶然」「たまたま」という表現が似合う出会いについて、
一人で静かに考えるときがあります。

思い浮かぶ言葉は、

「系統樹(けいとうじゅ)」

です。

「生物の進化やその分かれた道筋を枝分かれした図として
示したものである。

樹木の枝分かれのように描かれることがあるので、
こう呼ばれる。」(ウィキペディア)

英語では、

a genealogical tree とか

family tree とか

system tree というそうです。


ラワットさんとの出会いの系統樹は、

1.19年前、鎌倉・富士和教会の師匠との出会いと導き →

2.かんてんぱぱ伊那食品工業 塚越寛会長との再会と
  『新訂 いい会社をつくりましょう』の出版 →

3.この本を愛読されていた渡辺経営コンサルタント事務所
  代表の渡辺雅文さんとの出会いと、
  ご著書『根っこづくりの経営』の出版 →

4.渡辺さんの「京都ショック・クリニック・セミナー」
  への参加と、
  関佳彦さん、マックス・ウィトルさんとの出会い。 →

5.プレゼントされたラワットさんの講演DVDの視聴と、
  ラワットさんとの初対面。

という系統樹になります。

これを場所で示すなら、

1.神奈川県 → 2.長野県 → 3.福島県
→ 4.京都市 → 5.大阪市 を経て、

インド生まれ、ロサンゼルス在住のラワットさんと
巡り会ったことになります。


こんなことを考えていると、
きのう、偶然に耳にした秋元順子さんの名曲
『愛のままで』の花岡優平さんの歌詞が耳にとまりました。

「すべての偶然が あなたへとつづく~」
https://www.uta-net.com/movie/60710/


秋元さんの歌を聴いていると、

「偶然とは、神さまがもたらした必然」

とのメッセージが、浮かんできました。


ご縁の不思議さと大切さを感じています。

いま、文屋では、
ラワットさんの集大成となるご著書を編集中です。

テーマは呼吸と幸福です。

文屋発→世界行きのラワットさんの出版活動。

この先の物語がどのように展開してゆくのか?

わたしの師匠のお弟子さん・井内由佳さんのご著書
『もっと美しく、もっと幸せに
~リッチに輝いて愛される33の理由』(廣済堂出版)で、

井内さんは、こう書いています。

「自分にとっての最適の場所は、
神さまの作った”流れ”の行き着く先。

そう気づいたことが、
しあわせな人生へ舵(かじ)を切る分岐点となる。」

これこそ、「ご縁の流れ」ですね。

駐機場からゆっくりと走ってきた飛行機が、
飛行場の長い滑走路の出発地点に到達して、

エンジン全開で全速力で走り出すために、
ブレーキをはずす直前の、

静止した、
あの瞬間。

いま、
自分がその地点に立っていると実感しています。


*********************
★ラワットさんのメッセージを、

これから100年の未来を生きる、
無限の可能性を秘めた子どもたちに贈りたい

寄付本プロジェクトにご一緒しませんか?★

ラワットさんのこのご著書も、
多くのみなさんにお伝えしていきましょう!

新刊と寄付本プロジェクトの詳細はこちら →
http://premrawat.shop-pro.jp/?pid=148653715
*********************


ようやく春ですね。
みなさん、すてきな日々をおすごしください。

感謝、いっぱい、込めまして!

文屋 木下豊より

【写真説明】​http://www.e-denen.net/index.php/mailmag​?

『新訂 いい会社をつくりましょう』の塚越寛さんと。

『Pot with the Hole 穴のあいた桶』の
プレム・ラワットさんと。

いずれも、お二人の「人生初のご著書」です。

************************

このメールマガジン(美日常の文屋だより)は、
百年本の文屋代表、小布施人、農士、
「美日常」提唱者として、

ものごとの原点(本来あるべき姿)を
考えつづける筆者が、
日々、交流の場を綾なしながら、
みなさまの人生とビジネスのお役に立つこと
を目的に、お届けしております。

★文屋・木下豊について
http://www.e-denen.net/index.php/about_rinen
http://www.e-denen.net/index.php/about_kino

◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎

2019年1月20日に八重洲ブックセンターで開いた
かんてんぱぱ・伊那食品工業株式会社会長
塚越寛さんの講演音声データ。

語り手と聞き手の意識が高いレベルで一体になった
「奇跡の講演会」の90分間の全容を、
ぜひお手元で何回も聞いてお役立てください。
http://www.e-denen.net/index.php/movies?_id=42

◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎

◎わたしのこころの師匠・戸村和男先生
 富士和教会の公式サイト:http://fujiwa-k.com/

師匠のお弟子さん・井内由佳さんのご著書

『もっと美しく、もっと幸せに
~リッチに輝いて愛される33の理由』
(廣済堂出版。2018年)より

【第4章 愛の中にいる】

自分が人に与えたいなら、まず自分が持つべき。

だから、愛を与えたいなら、
自分を褒めることから始めて、
自分自身を愛で満たしましょう。

★井内由佳さんの公式サイト:http://yuka-i.com

★井内由佳さんが社長をつとめる
株式会社フィールド オブ ドリームスの公式サイト:
https://f-o-dreams.com/

◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎

◎文屋では、平和の大使プレム・ラワットさんの
集大成となるご著書を、世界出版するため、
制作中です! 日本語版は5月に出版する予定です。

テーマは、「呼吸としあわせ」です。
お楽しみに。

◎ラワットさんの講演動画

2011年、欧州議会にて「平和と幸福の実現」をテーマに講演。
講演後に提案された「平和の誓約書」に
37の政府、団体の代表が署名。

「歴史的な講演」と評価され、
「平和の大使」の任命を受けました。
https://youtu.be/owcmZ4ymmS0

◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎

◎わたしのイチオシ。斉藤一人さんの「覚悟の話」
goo.gl/hJbwWd
◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎

メールマガジン 文屋だより

アーカイブ

最新の投稿

image