文屋

文屋だより

Vol.759 「専心せよ」の声。佳きご縁は系統樹のように自然体で連なっていく。その2

2020年03月01日

みなさん、こんにちは。お元気ですか?

春浅い信州小布施の里

きょうは快晴のぽかぽか陽気です。

みなさん、
いつもこのメールマガジンをお受け取りいただき、
ありがとうございます。

◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎
信州小布施 美日常の文屋だより vol.759
和合と感謝
百年本を世界へ未来へ。
◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎

【きょうのテーマ】
「専心せよ」の声。
佳きご縁は系統樹のように自然体で連なっていく。
その2
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

**********************
★ご縁の系統樹はどこを目指すのか?★
**********************

前号では、
「佳きご縁は系統樹のように自然体で連なっていく」と題して、

ラワットさんとの出会いの系統樹が、

1.19年前、鎌倉・富士和教会の師匠との出会いと導き →

2.かんてんぱぱ伊那食品工業 塚越寛会長との再会と
  『新訂 いい会社をつくりましょう』の出版 →

3.この本を愛読されていた渡辺経営コンサルタント事務所
  代表の渡辺雅文さんとの出会いと、
  ご著書『根っこづくりの経営』の出版 →

4.渡辺さんの「京都ショック・クリニック・セミナー」
  への参加と、
  関佳彦さん、マックス・ウィトルさんとの出会い。 →

5.プレゼントされたラワットさんの講演DVDの視聴と、
  ラワットさんとの初対面。

とつらなり、養われてきたと記しました。

これを場所で示すなら、

1.神奈川県 → 2.長野県 → 3.福島県
→ 4.京都市 → 5.大阪市 を経て、

インド生まれ、ロサンゼルス在住のラワットさんと
巡り会ったことになります。

この系統樹という「樹木」は、
大地の四方・八方・十方にしっかりと根を張って、
太い幹を天高く伸ばし、
たくましい枝葉を青々と茂らせています。

ではこの大木は、どこを目指していくのか?

すべての人たちが、その人らしく、
その人のおつとめ(使命・天命)を果たしながら、
心穏やかに、仲良く、
生き生きと幸せに暮らし、働ける世界をつくること。

これが、
わたしという木、
文屋という木の「目的」です。

42歳、19年前からご指導をいただいている
富士和教会の戸村和男先生に
教えていただいていることもであります。

とても崇高な理想です。

今の人類には、とうてい成し遂げることができないと
思えるほどの、理想です。

しかし、
百年、千年の時間をかければ、
実現できると思います。

実現するまでは、何回でも生まれ変わって、
叶えていきます。

今回の人生の幕を開けて60年(今月61年)。

目先の誘惑にブレることもあります。

しかし、近ごろ、
ある朝の目覚めの時、
夢現(ゆめうつつ)の中で、
ある声がしました。

「専心せよ」

この意味を、こう解釈し、受けとめています。

1.わたしにしかできないことに人生を使う。

2.わたし以外の人にもできることは、しない。
  わたし以外の人にもできることをするときも、
  「1」をいつも念頭において厳選し、他者に委ねる。

3.「三つの真実」をいつも念頭に、今を生ききる。


具体的には、

1.塚越寛さんの「いい会社づくりはいい世界づくり」の
  理念と実践を、世界の未来へとお伝えしていく。

2.プレム・ラワットさんの心の平和のメッセージを、
  世界の未来へとお伝えしていく。

3.小布施の美日常のまちづくりの理念と実践を、
  世界の未来へとお伝えしていく。

文屋の事業としては、

1泊2日の視察ツアーや講演会などを主催し、
書籍や動画などをテキストにして、

参加された方あたが、
「あすからの暮らしと働きをより良いものにしていく」
ことの手助けをしていきたいと考えております。


プレム・ラワットさんの新しいご著書を、

全国の児童養護施設や子ども病院で
がんばっている子どもたち、

刑務所で更生と社会復帰を目指す人たちに、
プレゼントする寄付本プロジェクトも、
「専心せよ」の声に答えるための挑戦です。

みなさんの暮らしと働きの目的は何ですか?

その目的に向かって、
どんなことに「専心」していますか?

*********************
★ラワットさんのメッセージを、

これから100年の未来を生きる、
無限の可能性を秘めた子どもたちに贈りたい

寄付本プロジェクトにご一緒しませんか?★

ラワットさんのこのご著書も、
多くのみなさんにお伝えしていきましょう!

新刊と寄付本プロジェクトの詳細はこちら →
http://premrawat.shop-pro.jp/?pid=148653715
*********************


ようやく春ですね。
みなさん、すてきな日々をおすごしください。

感謝、いっぱい、込めまして!

文屋 木下豊より

【写真説明】​http://www.e-denen.net/index.php/mailmag​?

大樹の枝葉から降りそそぐ木漏れ日。

大樹が目指すのは、お日さまの陽光ですね。

二人の息子たちが夫婦で営む小布施牧場の
ジェラートとチーズの工房&カフェ
milgreen(ミルグリーン)がある
小布施千年の森にて撮影しました。

************************

このメールマガジン(美日常の文屋だより)は、
百年本の文屋代表、小布施人、農士、
「美日常」提唱者として、

ものごとの原点(本来あるべき姿)を
考えつづける筆者が、
日々、交流の場を綾なしながら、
みなさまの人生とビジネスのお役に立つこと
を目的に、お届けしております。

★文屋・木下豊について
http://www.e-denen.net/index.php/about_rinen
http://www.e-denen.net/index.php/about_kino

◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎

2019年1月20日に八重洲ブックセンターで開いた
かんてんぱぱ・伊那食品工業株式会社会長
塚越寛さんの講演音声データ。

語り手と聞き手の意識が高いレベルで一体になった
「奇跡の講演会」の90分間の全容を、
ぜひお手元で何回も聞いてお役立てください。
http://www.e-denen.net/index.php/movies?_id=42

◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎

◎わたしのこころの師匠・戸村和男先生
 富士和教会の公式サイト:http://fujiwa-k.com/

師匠のお弟子さん・井内由佳さんのご著書

『もっと美しく、もっと幸せに
~リッチに輝いて愛される33の理由』
(廣済堂出版。2018年)より

【第4章 愛の中にいる】

穏やかに、穏便に、ものごとを丸く進めると、
まとめるエネルギーが働き、

人間関係も、仕事も、健康も、美容も、
すべてがうまくいくようになります。


★井内由佳さんの公式サイト:http://yuka-i.com

★井内由佳さんが社長をつとめる
株式会社フィールド オブ ドリームスの公式サイト:
https://f-o-dreams.com/

◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎

◎文屋では、平和の大使プレム・ラワットさんの
集大成となるご著書を、世界出版するため、
制作中です! 日本語版は初夏に出版する予定です。

テーマは、「呼吸としあわせ」です。
お楽しみに。

◎ラワットさんの講演動画

2011年、欧州議会にて「平和と幸福の実現」をテーマに講演。
講演後に提案された「平和の誓約書」に
37の政府、団体の代表が署名。

「歴史的な講演」と評価され、
「平和の大使」の任命を受けました。
https://youtu.be/owcmZ4ymmS0

◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎

◎わたしのイチオシ。斉藤一人さんの「覚悟の話」
goo.gl/hJbwWd
◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎

メールマガジン 文屋だより

アーカイブ

最新の投稿

image