文屋

文屋だより

Vol.851 「ウイルス禍を生きる子どもたちに正しい科学知識を」30歳、気鋭の研究者夫妻の志を絵本に!

2021年03月19日

みなさん、こんにちは。お元気ですか?

信州小布施、
きょうは、抜けるような快晴です。

お彼岸ですね。

きょうは、いつもより気合いを入れて、
お先祖の眠るお墓の掃除をしてきました。

南のほうから桜の便りが届いていますが、
こちらはまだ、梅のつぼみさえ、かたいままです。

さっそく本日のテーマをお伝えいたします。

【本日のテーマ】

「ウイルス禍を生きる子どもたちに正しい科学知識を」
30歳、気鋭の研究者夫妻の志を絵本に!━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

****************
情報を得ることにおいて、
誰一人として仲間外れにしたくない!
****************

文屋はいま、1冊の絵本をつくっています。

4月25日(日)に全国発売いたします。

書名は『おやすみルーシー』。

副題は「ウイルスがやってきた!」です。

著者は、
米西海岸にお住まいのルーシーさんと新妻耕太さん。

絵は、
千葉県にお住まいの、こまちだたまおさんです。


耕太さんは、
筑波大学にて人間生物学の博士号を取得。

いまは、スタンフォード大学博士研究員として、
免疫学、幹細胞学を研究しています。

1991年1月生まれですから、
まだ弱冠30歳の気鋭の研究者です。

ルーシーさんは、
上海市に生まれ、
留学した筑波大学で耕太さんと出会いました。

結婚して、
今はスタンフォード大学の生命科学技術職員として、
耕太さんと暮らしています。

耕太さんは、こう振り返ります。

****************

「2019年の暮れに新しい感染症の発生が報道されて以来、
世界の感染者数は拡大の一途をたどり、

2020年3月には私たちが住むカリフォルニア州で
外出制限の日々が始まりました。

ある日、ルーシーがふと、こう言ったのです。

「医療従事者のみなさんが最前線で頑張る中、
私たちに何かできることはないのかな?」

私はこの言葉を受けて考えをめぐらせました。

私たちには、ウイルスに対する免疫応答の研究に
携わった経験からの専門性があります。

また私は大学時代に塾講師として
小中高生を指導していた教育経験がありました。

これらをもとに、
私たちは新型コロナウイルス感染症に関わる基礎知識を
専門用語なしに解説する動画教材を
YouTubeで公開してきました。」

****************

YouTubeの番組制作は、

専門分野の情報を、
一般の人たちにわかりやすく伝える
二人の活動の原点になりました。

「新妻免疫塾」をはじめとする
二人のYouTube番組は、
すでに67万回以上の再生数を数えています。
(すごい!)

2020年9月で、
わたしは、
耕太さんの実父で旧知の新妻健治さんから、
久しぶりにご連絡をいただきました。

耕太さんが、絵本を出してくれる版元を探している、
という内容でした。

ふたたび、耕太さんの回想から引用します。

****************

「動画は小学生からご高齢の方まで、
多くの方々にご覧いただきました。

さらにこれらの動画をもとに書籍も執筆しました。

しかしルーシーには、
ずっと引っかかっていた課題がありました。

「私たちの動画では幼い子どもたちにまでは
知識は伝わらない。

情報を得ることにおいて、
誰一人として仲間外れにしたくない!」

世界規模の感染症は、
遠くない未来にまた発生する可能性があります。

幼い子どもたちにも、
漏らすことなく正しい知識を届けることが
たいせつだと考えたのです。

私たちはそのツールとして「絵本」が最適だと考え、
とにかく作ってみることにしました。

しかし2020年5月に初めて試作した
絵本動画 を公開してみたものの、

絵本制作の想像以上の難しさに、
制作は行き詰まってしまいました。

絵本はまさに究極のプレゼンテーションであることを
思い知らされたのです。

****************

世界中の子どもたちが、
コロナ禍の中で暮らしいます。

潔癖の度を超して、
石けんとアルコール消毒液を使いすぎて、
手が真っ赤に腫(は)れてしまう子。

自宅で家族だんらんの夕食時にも、
「食事中は絶対に話しちゃダメなんだって!」と、
黙々と食べる子。

科学や医療の正しい知識を身につけることで、

「おそれすぎないで、
正しく予防と養生をして生きる」
ことができます。

そんな願いを込めたこの絵本の誕生物語は、
まだつづきます。

いま、二人は、
4月25日(日)の出版を前に、
ゲラの校正をしながら、

クラウドファンディングに挑戦中です。
https://readyfor.jp/projects/OyasumiLucy

つづきは、次号に書かせていただきます。

****************

ではみなさん、お健やかに、
陽春の佳き日々を楽しみましょう。

どうぞよろしくお願いいたします。

文屋 木下 豊より


【写真説明】https://www.e-denen.net/cms_mailmag.php?_id=843

新妻耕太さんと妻のルーシーさん

◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎

★文屋・木下豊について
https://www.e-denen.net/cms_about.php

メールマガジン 文屋だより

アーカイブ

最新の投稿

image