HOME > 文屋について > 活字世界への起点

文屋について

活字世界への起点

「ものおき」から飛び込んだ活字の世界

「ものおき」

1969(昭和44)年、3月6日の信濃毎日新聞に掲載された詩「ものおき」と、わが家のものおきの写真です。初代から四代(父)まで母屋として使っていて、わたくしが小学校4年の時に取り壊しました。写真はその時のものです。

古いものおきへの想いをつづったこの詩を認めていただけたことが、活字の世界に生きる人生の起点になりました。

メールマガジン 文屋だより

文屋だより

Vol.794 リッツ・カールトンと伊那食品工業。「社員の成長」の意味を高野登さんに学ぶ。その4
みなさん、こんにちは。お元気ですか? きょうも、信州小布施は、 さわやかな五月晴れです。 コロナさんの災禍をきっかけに、 生活を本来ありたい姿に建て直す肝として、 夜9時に寝て朝3時に起きることを始め... 続きを見る

Bookフェアの開催予定

オリジナル絵はがき

ご購入のご案内

  • bunya Facebook page
  • @bunyakinoshita

PAGE TOP

HOME 商品一覧 文屋座 文屋語らい座 文屋について 書店様へ 文屋だより 制作日記 お問い合わせ プライバシーポリシー ご購入のご案内 特定商取引法