HOME > 商品一覧 > 考えてみる

書籍

書影

考えてみる

大久保 寛司

著者:大久保 寛司
装画:中島千波画伯(日本画家・東京藝術大学教授)
価格:1,200円+税
判型:四六判変形 
頁数:168ページ

著者からの動画メッセージ

この本について

出会いに学び 己に問いかけ 心を磨く珠玉の言葉たち短詩形による69編

最近、自分でわかってきたことがあります。それは自分がわかっていなかったこと、わかっていないことです。自分にはまだまだ見えていない、そのような自分が見えてきました。
書きつづったものの多くは、自分に向けた言葉です。
なりたい自分の姿でもあります。
恥ずかしいことですが、これが今の自分のレベルです。
一〇年後に振り返ったとき、少しでも進歩向上している自分でありたいと思います。
(おわりにより)

立ち読み
  • 著者プロフィール

    大久保 寛司(おおくぼ かんじ)

    人と経営研究所 所長1949(昭和24)年生まれ。横浜市立大学商学部卒業。1973年、日本アイ・ビー・エム入社。中部支社を中心に営業現場にて活躍。1992年、本社業務改革推進本部MDQ(マーケット・ドリブン・クオリティ)推進担当。1998年、CS部長に就任。2000年、同社を退社し、人と経営研究所を設立、所長に就任。

    著書に『月曜の朝からやる気になる働き方』『自分が変われば組織も変わる コミュニケーション上手になる』『経営の質を高める8つの基準 日本経営品質賞のねらい』(以上、かんき出版)、『二十一世紀 残る経営、消える経営』(中央公論新社)、『仕事の壁を破るヒント 自分が変わる「気づき」の60話』(PHP研究所)ほか多数ある。

    もくじ

    第一章 こんなふうに生きたい
    第二章 己に問う
    第三章 第三章 友へ

    メールマガジン 文屋だより

    文屋だより

    Vol.720 「塚越寛 いい会社をふやしましょうフェアと、3つのトークイベント」の内容が決まりました。
    みなさん、こんにちは。お元気ですか? 信州小布施の里は、 12日夜から13日未明の台風19号による大きな被害が、 発生しました。 前号で、 「善玉菌で育った「小布施牧場の小布施栗」が 熟しています。 ふるさ... 続きを見る

    Bookフェアの開催予定

    オリジナル絵はがき

    ご購入のご案内

    • bunya Facebook page
    • @bunyakinoshita

    文屋の書籍

    PAGE TOP

    HOME 商品一覧 文屋座 文屋語らい座 文屋について 書店様へ 文屋だより 制作日記 お問い合わせ プライバシーポリシー ご購入のご案内 特定商取引法