HOME > 文屋だより

文屋だより

メールマガジン「文屋だより」は、
百年本の文屋代表、小布施人、農士、「美日常」提唱者として、
ものごとの原点(本来あるべき姿)を考えつづける筆者が、日々、交流の場を綾なしながら、
みなさまの人生とビジネスのお役に立つことを目的に、お届けしております。

お名前
メールアドレス

Vol.604 【視察ツアーのご案内】富士山頂のあるまちのスーパー公務員が精魂込める大型プロジェクト!

2018年06月05日

みなさん、こんにちは。お元気ですか?

きょうの信州小布施は、
梅雨入りした小雨が、
新緑の大地を潤してくれています。

北信濃ではこういう雨のことを
「おしめり( 御湿り)」
といいます(ほかの土地でも言うようですね)。

農家の人たちは、
農休み(野休み。のやすみ)といって、

家で体を休めることが出来るので、
喜んで、
「いいおしめりだね」と言い合います。

ですが、
この時期にとてもたいせつな栽培工程がある
ブドウの農家のみなさんは、
雨合羽を着て、畑で作業されています。

秋の収穫が楽しみです。

◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎

信州小布施 美日常の文屋だより vol.604

和合と感謝
百年本を世界へ未来へ。

◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎

【きょうのテーマ】

【視察ツアーのご案内】

6月22日(金)・23日(土)1泊2日 5人樣限定!

富士山頂のあるまち静岡県小山町の
スーパー公務員が精魂込める
大型プロジェクト!を、

ご本人にご説明いただきます!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

*******************
★殖産興業遺産(国登録文化財)
     活性化プロジェクト★
*******************

「畏友(いゆう)」:尊敬する友人。

英語では、respected friendとも、
Esteemed friendともいうそうです。

みなさんには「畏友」はいますか?

どんな人にも尊敬できる面はありますから、
友人=すべて畏友ともいえますが、

そんな中でも、
「おそれかしこまる」「心服する」という意味の漢字
「畏」からイメージできる人物とは、

そうそうご縁をいただけるものではありません。

畏友に出会えるというのは、
「人生の幸福」といえるのではないでしょうか?


前置きが長くなりました。

わたしの畏友のお一人、
静岡県小山町(おやまちょう)の
まちづくり専門監で、

一級建築士、建築主事の溝口久さんを
みなさんにご紹介します。

5月28日(月)、
わたしのメルマガ600号

「愛するまちはありますか?
突き抜けてダントツの存在になる。」
http://www.e-denen.net/index.php/mailmag?_id=584

をご覧になった溝口さんから、
お返事をいただきました。

「ここ小山で形になってきているものも
相当なものですよ。

2020年6月には手がけている物すべてが
形になります。

一度ご覧になりにお越しくださいませ。」


誘われた時が、一番いい時。

すぐに返事をして、
6月22日(金)と23日(土)に1泊2日で、
勉強に伺わせていただくことになりました。

きっと小布施町の参考になるはず!

溝口さんからいただいた資料を眺めながら、
わたしは、
「この内容は、一人で行くのはもったいない!」と思い、

溝口さんに、
「希望する方がもしいらしたら、
一緒に参加していただいてもいいですか?」。

溝口さんがすぐに快諾してくだったのは、
申すまでもございません。


旅程とプロジェクトの詳細は、以下の通りです。

ご希望の方やご質問のある方は、お早めに、
わたしのアドレスにお便りをください。

bunya@e-denen.net


どなたも参加されなくてもだいじょうぶ(^0^)

すでに参加を決めている5人で、
少数精鋭にて楽しみます。

以下の内容をご覧になって、
ピピッと感じた方だけ、ご参加くださいね。

そのピピッ!は、
好奇心・意識のアンテナの周波数が、
溝口さんの波長と合っている証しですから。

参加条件は、これだけで、
あとは、
年齢もお仕事も国籍も性別も不問です!

************

小山プロジェクトを視察する!

ご案内人:小山町まちづくり専門監 
溝口 久さん

【平成30年6月22日(金)】
11:00 小山町役場集合 町の説明 
   (御殿場線駿河小山駅10:39着 徒歩15分で役場)
12:00~13:00 六合山荘(溝口さんのご自宅!~で食事
13:00~17:00 町内視察 
・金時公園 ・豊門公園 
・南藤曲町営住宅+クルドサック16(家・庭一体の宅地分譲) 
・パークゴルフ場クラブハウス 
・子育て支援センター「金太郎ひろば」 
・小山フィルムファクトリー 
・足柄駅(隈研吾設計中) 
・道の駅「ふじおやま」 
・北郷小学校放課後児童クラブ 

17:30 TOTO研修所 チェックイン
    ※シングルユースまたは、同性同士の相部屋    
19:00 懇親会
23:00 消灯 宿泊

【6月23日(土)】
9:00 チェックアウト
・浅間神社 
・富士山五合目(小富士。山歩き、昼食:名物 山椒パスタ他)
帰路:駿河小山駅13:43発
○参加費:12,000~15,000円です。

わたし(木下)は、
6月22日(金)朝、小布施町を車で出発、
高速道路と国道を約4時間走って、
現地に向かいます。

お住まいの場所によっては、
途中からの相乗りも出来ます。ご相談を。

【小山町の公式サイト】 http://www.fuji-oyama.jp

溝口さんが精魂込める大型プロジェクト!

【豊門公園を核とした小山町新たな観光への挑戦
~小山町殖産興業遺産(国登録文化財)活性化プロジェクト】
(プレゼン資料より転載します)

小山町には、
町の近代化の礎を築いた富士紡績株式会社の遺産である

豊門会館、西洋館、及びそれらがある豊門公園、
さらには森村橋がある。

これら一連の施設は、
当町に譲渡され国の登録文化財として残っているものの
老朽化が進んでいる。

●国登録文化財の豊門会館及び
西洋館が立地する豊門公園を修景
「明治の殖産興業の息吹を感じる」公園として内容充実を図る。

●豊門会館及び西洋館の大規模修繕と利活用 ・豊門会館:
貸しスペース⇒茶会、食談会、結婚式、会議、集会
・西洋館:レストラン、歴史ギャラリー「小山町と富士紡」

●森村橋を復原 ・明治39年の竣工当時に復原、
ライトアップするとともに公園化する。
・豊門公園からの回遊を促す。


【溝口久さんのプロフィール】(抜粋)
 昭和58年静岡県に入庁 
建築技師として、美術館、高等学校、
公営住宅の建設や建築確認審査に携わる。(中略)

平成7年に浜松土木事務所に戻った後、
大分県にある由布院温泉観光協会と旅館組合が
事務局長を全国公募していることを聞きつけ、応募する。

平成8、9年に県の派遣研修制度により、湯布院町へ出向。
ゆふいん親類クラブ、観光マインド事業、
駅アートホール運営の仕組みの立ち上げ、

建築環境デザインガイドブック作成など
民間主導のまちづくりの仕切りと段取りに携わる。(中略)

平成26年3月に静岡県を早期退職し、
4月から駿東郡小山町に町長からのオファーを受け
まちづくり専門監に着任。
蕎麦打ち師匠の県職OBの松本氏とともに
県内はもとより全国に蕎麦打ちに出張し、
蕎麦サロンを企画実施。(中略)

平成26年4月からは小山町にある
富士紡績会長の別荘として明治29年に建てた
「六合山荘」に住み、

町長の特命事項に建築・観光・NPO・都市計画の知識をベースに
ネットワークの力を呼び込み、

ふるさと納税、国登録文化財の森村橋
(ほか上記プロジェクト。木下注)などの事業に挑戦中。

溝口さんのプロフィールは以上です。
(溝口さん、中略・割愛してしまい、ごめんなさい!)

60年の半生の中で
溝口さんにとって、
「由布院温泉観光協会と旅館組合の事務局長」として
活躍された2年間が、大きなトピックなのだと思います。

そうしたご縁をその後も養われ、溝口さんは、
25年10月15日、かの有名なJR九州の「ななつ星in九州」に
ファーストゲストとして迎えられています(垂涎!)。

このほか、
めだかの学校生徒(異業種、異地域、異世代交流)、
小田原市ファンクラブ「小田原評定衆」
全国都道府県職員有志の人的ネットワーク「Jネット47」会員
寸又峡まちづくり会議実行委員相談役

みなさん、以上です。

ご希望の方やご質問のある方は、お早めに、
わたしのアドレスにお便りをください。

bunya@e-denen.net


文屋 木下 豊より


【写真説明】http://www.e-denen.net/index.php/mailmag?

溝口久さんのお写真です。

「結婚記念日、妻とななつ星で“帰郷” 
由布院観光総合事務所の初代事務局長」と見出しの躍る
「西日本新聞経済電子版」より転載。

「町おこしについて熱弁する溝口さん」
(「タウンニュース」より転載)


************************

★きょうの気づき★

◆「おそれかしこまる」「心服する」という意味の漢字
「畏」からイメージできる人物は、

そうそうご縁をいただけるものではありません。

畏友に出会えるというのは、
「人生の幸福」といえるのではないでしょうか?


◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎


このメールマガジン(文屋だより)は、
百年本の文屋代表、小布施人、農士、
「美日常」提唱者として、

ものごとの原点(本来あるべき姿)を
考えつづける筆者が、

日々、交流の場を綾なしながら、
みなさまの人生とビジネスのお役に立つこと
を目的に、お届けしております。

★文屋・木下豊について
http://www.e-denen.net/index.php/about_rinen
http://www.e-denen.net/index.php/about_kino

★熱血ライターの神山典士(こうやま・のりお)さんの
『成功する里山ビジネス~ダウンシフトという選択』
(角川新書)。


その第一章に、
「長野県小布施~地域DNAをビジネス化する」として、
文屋と小布施町が紹介されます。

帯には、文屋栗園で笑顔の木下夫婦が!
角川新書の公式サイト:
http://store.kadokawa.co.jp/shop/g/g321703000362/


◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎

◎わたしの師匠・和丸斎先生

 富士和教会の公式サイト:http://fujiwa-k.com/


師匠の一番弟子・井内由佳さんの最新刊
『すべてはあなたの思いどおり
~神さまからの究極の御利益』(主婦と生活社)より

【第3章 哀】

5. 過去に挫折をした経験はある?
  そのとき、なぜ挫折してしまったのか。考えてみない?

【『わたし、少しだけ神さまとお話できるんです。』(文屋)の
  ご著者・井内由佳さんの情報】


★井内由佳さんの公式サイト:http://yuka-i.com


◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎

◎平和の大使プレム・ラワットさんの講演動画

2011年、欧州議会にて「平和と幸福の実現」をテーマに講演。
講演後に提案された「平和の誓約書」に
37の政府、団体の代表が署名。

「歴史的な講演」と評価され、
「平和の大使」の任命を受けました。
https://youtu.be/owcmZ4ymmS0


◆みなさん、
10月13日(土)午後は、広島平和記念公園内の
広島国際会議場フェニックスホールの現場に、
ごいっしょに身を置いて、


平和の大使プレム・ラワットさんの講演を
ライブで聴いて、
新しい人類史の幕開けを体感しませんか?!
http://www.e-denen.net/index.php/bunyaza



◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎


◎わたしのイチオシ。斉藤一人さんの「覚悟の話」

goo.gl/hJbwWd

◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎

メールマガジン 文屋だより

アーカイブ

最新の投稿

PAGE TOP

HOME 商品一覧 文屋座 文屋語らい座 文屋について 書店様へ 文屋だより 制作日記 お問い合わせ プライバシーポリシー ご購入のご案内 特定商取引法