HOME > 文屋だより

文屋だより

メールマガジン「文屋だより」は、
百年本の文屋代表、小布施人、農士、「美日常」提唱者として、
ものごとの原点(本来あるべき姿)を考えつづける筆者が、日々、交流の場を綾なしながら、
みなさまの人生とビジネスのお役に立つことを目的に、お届けしております。

お名前
メールアドレス

Vol.699 感謝!寄付本プロジェクトで全世界に13,888冊を寄贈できました。

2019年08月23日

みなさん、こんにちは。お元気ですか?
しばらくのご無沙汰をお詫びいたします。

きょうも信州小布施の里は、うすぐもりです。

気温は30度まで上がりましたが、
吹き渡る風はすでに秋の気配がいたします。

「暑中」と「残暑」を分かつお盆を境に、
季節ははっきりと、収穫の秋に向かっていますね。

みなさん、
いつもこのメールマガジンをお受け取りいただき、
ありがとうございます。

◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎
信州小布施 美日常の文屋だより vol.699
和合と感謝
百年本を世界へ未来へ。
◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎

【きょうのテーマ】
感謝!世界平和大使 プレム・ラワットさんのご著書を、
寄付本プロジェクトで全世界に13,888冊を寄贈できました。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

**********************
★世界最小の出版社から世界の人々へ★
**********************

文屋は2015年秋から、
「平和の大使」として世界中で講演と慈善活動をつづける
プレム・ラワットさんのご著書を、

全国・世界の子どもたちに贈ることを
読者のみなさまにお勧めする
「寄付本プロジェクト」を進めています。

寄付本プロジェクト:
http://premrawat-japan.com/kifubon/

このプロへジェクトにはすでに、
全国・世界から合わせて13,274冊分の寄付が
寄せられています。

金額にして、19,911,000円です。

今月初め、ラワットさんの最初のご著書
『Pot with the Hole 穴のあいた桶』のスペイン語版
4,811冊を、

このプロジェクトを通じて、

スペインと南米のスペイン語圏の施設や学校、図書館に
お届けするための寄付手続きが完了しました。

これで、寄付本プロジェクトによる寄付は、
合計で13,888冊になります。
(13,888-13,274=超過の614冊は文屋からの寄贈)

このプロジェクトは、

出版社が贈り主である読者と、
寄贈先の子どもたちなどの仲立ちをして、
本を寄付する事業です。

仕組みは次の3ステップです。

【ステップ1】
書籍の趣旨に賛同し、
書籍に込められたメッセージの普及を願う読者が、
出版社(文屋)からその書籍を購入します。

購入の単位は、1冊から10冊、100冊、
それ以上の大口から選ぶことができます。

【ステップ2】
出版社は、

購入代金を売上金として貯えます。
書籍は購入した読者には届けずに、保管します。

【ステップ3】
出版社は、

あらかじめ予定している施設
(児童養護施設・子ども病院・刑事施設等)や学校、
公共図書館などに、

寄贈先リストの順番に従って、書籍を届けます。

結果として、読者は出版社を通して、
希望する施設に本を贈り、
書籍に込められたメッセージを届けることができます。

「ラワットさんの心の平和の素晴らしいメッセージを、
日本中、世界中に広げたい」というご希望を、
かたちにした事業です。

国内では、すでに、

刑務所の被収容者や、

児童養護施設で暮らす子どもたち、
肢体不自由児の施設や子ども病院で
がんばっている子どもたちに届けられました。

また、
2017年と2018年には、
ラワットさんが、福島県内の小学校を訪れて、

原発事故による直接・間接の被害の中で
暮らしている子どもたちに、
『絵本あなのあいたおけ』を手渡しました。

この絵本の「寄付本プロジェクト」を通じた
第一次の寄付先として選ばれたのは、

福島県のすべての小学校図書館446校と、
同県のすべての公立図書館118館で、
各1冊、合計564冊にのぼりました。

文屋では現在、
プレム・ラワットさんの集大成となるご著書を
編集しています。

テーマは「呼吸と心の平和」です。

呼吸できることに、感謝すること。

呼吸に意識を集中することによって養われる
心の平穏な状態=心の平和を、
わたしたち一人一人が保ちつづけること。

そんな心おだやかな人々が集まったはじめて、
真の世界の平和が叶えられていく。

というメッセージを、
ラワットさんの言葉によって表現し、
一冊の本にまとる企画です。

本書とその英語版を、
全国・世界の人々にプレゼントするための
寄付本プロジェクトを、これからも継続していきます。

極東の日本の田舎町にある
一人出版社の文屋から、

みなさんのご賛同に支えられて、
全国・世界へと展開している寄付本プロジェクトに、
参加なさいませんか?

寄付本プロジェクト:
http://premrawat-japan.com/kifubon/

【写真説明】http://www.e-denen.net/index.php/mailmag?

2017年秋、
講演をしたあとで、
プレム・ラワットさんから絵本を直接手渡されて喜ぶ
福島市内の小学校の児童たち。

ラワットさんの『絵本あなのあいたおけ』

************************

このメールマガジン(文屋だより)は、
百年本の文屋代表、小布施人、農士、
「美日常」提唱者として、

ものごとの原点(本来あるべき姿)を
考えつづける筆者が、
日々、交流の場を綾なしながら、
みなさまの人生とビジネスのお役に立つこと
を目的に、お届けしております。

★文屋・木下豊について
http://www.e-denen.net/index.php/about_rinen
http://www.e-denen.net/index.php/about_kino

◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎

2019年1月20日に八重洲ブックセンターで開いた
かんてんぱぱ・伊那食品工業株式会社会長
塚越寛さんの講演音声データ。

語り手と聞き手の意識が高いレベルで一体になった
「奇跡の講演会」の90分間の全容を、
ぜひお手元で何回も聞いてお役立てください。
http://www.e-denen.net/index.php/movies?_id=42

◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎

◎わたしのこころの師匠・戸村和男先生
 富士和教会の公式サイト:http://fujiwa-k.com/

師匠のお弟子さん・井内由佳さんのご著書
『もっと美しく、もっと幸せに
~リッチに輝いて愛される33の理由』
(廣済堂出版。2018年)より

【第2章 こことと身体をしあわせにする食事】

3.食事のときのメニュー選び、店選びには妥協しない。

どんな小さなことでも、いったん妥協してしまえば、
自分の人生を”流して”しまうことにもつながります。

★井内由佳さんの公式サイト:http://yuka-i.com

★井内由佳さんが社長をつとめる
株式会社フィールド オブ ドリームスの公式サイト:
https://f-o-dreams.com/

◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎

◎文屋では、平和の大使プレム・ラワットさんの
集大成となるご著書を、世界出版するため、
制作中です!

テーマは、「呼吸と心の平和」です。
お楽しみに。

◎ラワットさんの講演動画

2011年、欧州議会にて「平和と幸福の実現」をテーマに講演。
講演後に提案された「平和の誓約書」に
37の政府、団体の代表が署名。

「歴史的な講演」と評価され、
「平和の大使」の任命を受けました。
https://youtu.be/owcmZ4ymmS0

◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎

◎わたしのイチオシ。斉藤一人さんの「覚悟の話」
goo.gl/hJbwWd
◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎

************

メールマガジン 文屋だより

アーカイブ

最新の投稿

PAGE TOP

HOME 商品一覧 文屋座 文屋語らい座 文屋について 書店様へ 文屋だより 制作日記 お問い合わせ プライバシーポリシー ご購入のご案内 特定商取引法