HOME > 文屋だより

文屋だより

メールマガジン「文屋だより」は、
百年本の文屋代表、小布施人、農士、「美日常」提唱者として、
ものごとの原点(本来あるべき姿)を考えつづける筆者が、日々、交流の場を綾なしながら、
みなさまの人生とビジネスのお役に立つことを目的に、お届けしております。

お名前
メールアドレス

Vol.706 命。大いなるお力からのさずかりもの、あずかりもの。絵本『おじいちゃんのまきストーブ』から考えること その2

2019年08月31日

みなさん、こんにちは。お元気ですか?

きょうも信州小布施の里のきょうは、
さわやかな秋晴れです。

アブラゼミが、夏と秋のはざまに、鳴き通しています。
まるで「この瞬間を生き切る」が如くに。

みなさん、
いつもこのメールマガジンをお受け取りいただき、
ありがとうございます。

◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎
信州小布施 美日常の文屋だより vol.706
和合と感謝
百年本を世界へ未来へ。
◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎

【きょうのテーマ】
命。大いなるお力からのさずかりもの、あずかりもの。
絵本『おじいちゃんのまきストーブ』から考えること 
その2
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

*******************
★あずかりもの★
*******************

前号に続きます。

文屋はいま編集中の
絵本『おじいちゃんのまきストーブ』の最後の場面で、

おじいちゃんは、
愛用の薪ストーブにあたたまりながら、
愛犬のりんたに見守られながら、天に召されます。

この絵本には、主人公のやまとの誕生から成長、
おじいちゃんの死まで、
人の一生が盛り込まれています。

編集していて、あらためて、「死と生」について、
じっくりと考える機会をいただいています。

前号では、

親しくおつきあいいただいている
地元の禅寺のご住職から伺った、

「わたしはこのお寺(の建物や土地)を
お預かりしている立場なのです」とのお話から、

わたしが「自分所有物」として使っている
宅地や農地、建物も、
ご住職の場合と同じく、

5代前の江戸時代の初代から、
世代を経て受け継いだもの。

そして、次世代へと引き継ぐもの。

この資産を「お預かりしている立場」であり、

ご先祖と子孫への「おつとめ」として、

減らすことなく、汚すこともなく、
きれいに磨き上げながら守り、
手渡していきたいと考えるようになったと、
つづりました。

*******************
★命。
神さまからのさずかりもの、
         あずかりもの★
*******************

この家も土地も田畑も、
先代と次代からのあずかりもの。

この視座は、

会社にも、
この身体にも、
この命にも、

当てはめることができそうです。


会社も身体も命も、
自分のもの、所有物。


同時に、


会社:社会から、
商品(物やサービス)を
提供するお役目を託された存在。

身体:ご先祖(親)から、
社会のお役に立つように使うようにと、
託された存在。

命:神さま、仏さま(何か偉大なるもの)から、
使命(命を使う)を果たすように、
託された存在。


「命は、神さまからのさずかりものであり、
あずかりもの。」


そして、命は、
「生きている時間」そのもの。

時間の最小単位である
「一瞬一瞬」は、
命の最小単位、いのちの細胞。


だからこそ、
この一瞬一瞬は、尊く、
いま生きている、生かされているという

この「奇跡」を祝いながら、
明るく前向きに、
お役立ちに人生を歩んでいきたい。

そう思えるようになりました。


*******************
★プレム・ラワットさんの
 「命のメッセージ」を編集中です★
*******************

幸せは、穏やかな心に宿る。


このメッセージを、世界中から招かれて
話しつづけているプレム・ラワットさん。


ラワットさんの初のご著書
『Pot with the Hole 穴の空いた桶』(文屋)から、
一節を引用します。

************


生きていることの意味を理解したい。

もしあなたがそう思ったなら、

その瞬間、その中心となるのはあなたです。

あなたの命も、あなたの一歩も、あなたの人生も

あなたの胸が高まることも、心が満ちることも、

あなたが生きているから存在するのです。

次号では、
この絵本のモデルの一つになった
「北海道のおじいちゃん」のことを、
ご紹介いたします。

************

みなさまから、
この絵本のクラウドファンディングでお預かりした
尊いご厚情と資金の生かし方は、
このメルマガの以下のバックナンバーをご覧ください。
http://www.e-denen.net/index.php/mailmag?_id=688

************

【写真説明】http://www.e-denen.net/index.php/mailmag?

・縁もゆかりもない若いカップルの再訪を受け入れて、
同居することになりました、の図。

************************

このメールマガジン(文屋だより)は、
百年本の文屋代表、小布施人、農士、
「美日常」提唱者として、

ものごとの原点(本来あるべき姿)を
考えつづける筆者が、
日々、交流の場を綾なしながら、
みなさまの人生とビジネスのお役に立つこと
を目的に、お届けしております。

★文屋・木下豊について
http://www.e-denen.net/index.php/about_rinen
http://www.e-denen.net/index.php/about_kino

◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎

2019年1月20日に八重洲ブックセンターで開いた
かんてんぱぱ・伊那食品工業株式会社会長
塚越寛さんの講演音声データ。

語り手と聞き手の意識が高いレベルで一体になった
「奇跡の講演会」の90分間の全容を、
ぜひお手元で何回も聞いてお役立てください。
http://www.e-denen.net/index.php/movies?_id=42

◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎

◎わたしのこころの師匠・戸村和男先生
 富士和教会の公式サイト:http://fujiwa-k.com/

師匠のお弟子さん・井内由佳さんのご著書

『もっと美しく、もっと幸せに
~リッチに輝いて愛される33の理由』
(廣済堂出版。2018年)より

【第3章 しあわせは素肌にあらわれる】

年齢をありがたく受け入れ、
日々のできごとに感謝しながら
うれしい気持ちで行うトレーニングは、

美しく若々しい身体を作る特効薬です。

★井内由佳さんの公式サイト:http://yuka-i.com

★井内由佳さんが社長をつとめる
株式会社フィールド オブ ドリームスの公式サイト:
https://f-o-dreams.com/

◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎

◎文屋では、平和の大使プレム・ラワットさんの
集大成となるご著書を、世界出版するため、
制作中です!

テーマは、「呼吸としあわせ」です。
お楽しみに。

◎ラワットさんの講演動画

2011年、欧州議会にて「平和と幸福の実現」をテーマに講演。
講演後に提案された「平和の誓約書」に
37の政府、団体の代表が署名。

「歴史的な講演」と評価され、
「平和の大使」の任命を受けました。
https://youtu.be/owcmZ4ymmS0

◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎

◎わたしのイチオシ。斉藤一人さんの「覚悟の話」
goo.gl/hJbwWd
◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎

************

メールマガジン 文屋だより

アーカイブ

最新の投稿

PAGE TOP

HOME 商品一覧 文屋座 文屋語らい座 文屋について 書店様へ 文屋だより 制作日記 お問い合わせ プライバシーポリシー ご購入のご案内 特定商取引法