HOME > 文屋だより

文屋だより

メールマガジン「文屋だより」は、
百年本の文屋代表、小布施人、農士、「美日常」提唱者として、
ものごとの原点(本来あるべき姿)を考えつづける筆者が、日々、交流の場を綾なしながら、
みなさまの人生とビジネスのお役に立つことを目的に、お届けしております。

お名前
メールアドレス

Vol.733 11月30日(土) 高野登さん「直観」ってなんですか?仕事で「直観力」を磨くには、どんな心得が必要ですか? スペシャル講座と交流夕食会 in YBC。

2019年11月27日

みなさん、こんにちは。お元気ですか?

信州小布施の里、
きょうはおだやかな晴れの一日です。

文屋のお庭では、
先週から冬仕舞いの作業を始めています。

みなさん、
いつもこのメールマガジンをお受け取りいただき、
ありがとうございます。

◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎
信州小布施 美日常の文屋だより vol.733
和合と感謝
百年本を世界へ未来へ。
◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎

【きょうのテーマ】
11月30日(土) 高野登さん「直観」ってなんですか?
仕事で「直観力」を磨くには、どんな心得が必要ですか?
スペシャル講座と交流夕食会 in YBC。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

*******************
★直感力があり、
 直感力を発揮する優れた人へと
          成長するには?★
*******************

文屋が八重洲ブックセンター(YBC)さんで開いている
「塚越寛 いい会社をふやしましょうフェア」の
3つのスペシャル・トークイベント。

1回目
【11月30日(土) 高野 登さん(人とホスピタリティ研究所 代表)】

2回目
【12月1日(日) 前野 隆司さん(慶應義塾大学大学院教授)】

3回目
【12月7日(土) 新井 和宏さん(株式会社eumo(ユーモ) 代表取締役)】


講師のトップバッターは、
11月30日(土)午後の高野登さん
(人とホスピタリティ研究所 代表)です。

詳細とお申込みは:https://www.e-denen.net/index.php/bunyaza

お話のテーマは、
「いい会社に学ぶ、
優秀な人(優しさに秀でる人)の直観力」。

高野さんは、
20代からアメリカで、リッツ・カールトンなど
世界的なラグジュアリーホテルの現場で働き、

現在は、
百年先を見据えていまの生き方、
あり方を考える「寺子屋百年塾」という、

経営者を中心とした学びの場を、
全国十数カ所で開催するなど、

企業研修や講演活動を通して、
「あり方」を考え合い、
伝えつづけていらっしゃいます。

高野登さんへのわたしからの問いは・・・

高野さん!

・直観力があり、直観力を発揮する優れた人へと
成長するには、
どのような心のありようが求められるのでしょうか?

・伊那食品工業やリッツ・カールトンの現場で体験された
直観力発揮の実例を教えてください。

・そもそも直観とか直観力とは、何なのでしょうか?

こうしたことを、
塚越寛さんの最新刊『末広がりのいい会社をつくる』
を参考にしながら、考えたいと思います。

詳細とお申込みは:https://www.e-denen.net/index.php/bunyaza

*******************
★直感と直観はどう違う?
 今回のテーマはなぜ「直観」なのか?★
*******************

直感と直観

わたしはいままで、この二つの意味を、
きちんと考えてきませんでした。

ネットで調べたところ、
こんな文章に出会いましたので、
ポイントをご紹介しますね。

「直観と直感という二つの言葉は、

両者とも通常の論理的な思考とは異なる認識のあり方
のことを示しているという点では、
互いに共通しているのです。」

「「直感」という言葉は、
直接何かを感じるという触覚に根ざした認識のあり方を
示す概念であり、

その認識によって何かがはっきりと明確に
捉えられているわけではなく、

何となく肌で感じるといった、
ある種の勘(かん)や第六感のようなものを
意味していると考えられる。」

「「直観」という言葉は、
直接何かを観(み)るという視覚に根ざした認識のあり方を
示していて、

それは、
あらゆる認識の前提にある最も確かな認識であり、
実際に物事の本質を奥深くまで見抜いて、

それを心の目ではっきりと見て取り、
真理の全体を一挙に把握してしまうような認識のあり方を
示す概念である。」

「両者の認識のあり方の本質は
互いに大きく異なっていると
考えられることになるのです。」

直感:日常的な文脈で用いられることが多い。
一般的には、
勘(かん)や当てずっぽうに近い認識のあり方を
示している考えられる。

直観:哲学的文脈で用いられる。
あらゆる認識の前提にある最も確かで自明な
認識のあり方のことを示す言葉。

全体を俯瞰するような視点から、
物事の本質を一挙に見抜いてしまうような
認識のあり方であると考えられることになるのです。

全文は:
https://information-station.xyz/6438.html

************

直感は、なんとなく感じるの勘(かん)のような感覚。

直観は、はっきりと本質を見極める心の目の認識。

ということでしょうか?

高野さんは、
一流のホスピタリティの現場で、
そして、真剣勝負のセミナーや講演会の場で、

ご自身の直観力を、
どうやって磨いてこられたのでしょう?

そして、
塚越寛さんの営む伊那食品工業さんの現場で、
また、ホテルなどの現場で、

どんな優れた直観力発揮の場面を
観てこられたのでしょうか?

興味は尽きません。

みなさん、
11月30日(土)の高野登さんのスペシャルトークを
お見逃しなく!

終了後は、
ご予約先着15名様前後の少人数限定で、
高野さんを囲んで、交流夕食会を開きます。

トークイベントの内容を深掘りするもよし、
ご自身の課題を、高野さんや参加者に問いかけるもよし。

めったにない貴重な機会です。
高野さんを少人数で囲みながら、
お食事と語らいの充実したひとときをお楽しみください。

みなさま、お誘い合わせてご参加ください。

トークイベントも交流夕食会も、
文屋公式サイトからの、
事前のお申込みが必要です!

詳細とお申込みは:https://www.e-denen.net/index.php/bunyaza


【フェア開催期間】

令和元年11月1日(金)~令和2年1月17日(金) (78日間)

フェア出展書籍をお求めの方には、

1冊につき小冊子
『社是「いい会社をつくりましょう」に込めたおもい』
(塚越寛著・非売品)1冊を文屋からプレゼントしております。


【トークイベントと交流会】

いよいよ2020年!
この先10年間のあり方、生き方、働き方を考える3講座

11月30日(土)・12月1日(日)・12月7日(土)(3回) 
1時間前(12月1日は30分前)に開場いたします。
自由席(一部指定)です。

各回とも、①事前申し込みが必要です。
当日は、②フェアの書籍の中からお一人3冊をご購入につき、
参加券1枚をお渡しいたします。

交流会は、

トークイベントに参加した方だけが参加できます。
(トークイベントに参加なさらない方の、
交流会だけお申込はご遠慮ください)

詳細とお申込みは:https://www.e-denen.net/index.php/bunyaza

************

1回目
【11月30日(土) 高野 登さん(人とホスピタリティ研究所 代表)】

お話のテーマ
「いい会社に学ぶ、優秀な人(優しさに秀でる人)の直観力」
 
 高野さん、優れたホスピタリティを支える直観力を養うには、
 どのような心のありようが求められるのでしょうか?

日程・14時~16時(終了後、サイン会)
・17時~19時 交流夕食会
(会場から徒歩数分のレストラン。
お申込の方に個別にお知らせいたします)

交流夕食会参加費 15,000円(税込) 定員 15名様(先着順)

詳細とお申込みは:https://www.e-denen.net/index.php/bunyaza


2回目
【12月1日(日) 前野 隆司さん(慶應義塾大学大学院教授)】

お話のテーマ
「幸福はどのように広がっていくのか。
いい会社に学ぶリーダーのあり方」
 
 前野さん、この国に、「いい会社」を営む幸せな経営者と、
 そこで働く幸せな社員を増やして、
 より「いい国」にしていくには? 幸福経営学をご教示ください!

日程・10時30分~12時30分(終了後、サイン会)
・13時30分~15時30分 交流昼食会
(会場から徒歩数分のレストラン。
お申込の方に個別にお知らせいたします)

交流昼食会参加費 10,000円(税込) 定員 15名様(先着順)

詳細とお申込みは:https://www.e-denen.net/index.php/bunyaza


3回目
【12月7日(土) 新井 和宏さん(株式会社eumo(ユーモ) 代表取締役)】

お話のテーマ
「共感が「お金」になる時代の新しい生き方。
 未来の通貨を使いこなすことにより、いい会社をふやしていく」

 新井さん、共感をもとにした未来の通貨は、どうして、どうやって、
 幸せな経営者と社員と、いい社会をつくっていけるのですか?

日程・14時~16時(終了後、サイン会)
・17時~19時 交流夕食会(会場から徒歩数分のレストラン。
お申込の方に個別にお知らせいたします)

交流夕食会参加費 15,000円(税込) 定員 15名様(先着順)

詳細とお申込みは:https://www.e-denen.net/index.php/bunyaza


【参加お申し込み方法】

文屋サイトより事前にお申し込みください。
詳細とお申込みは:https://www.e-denen.net/index.php/bunyaza

◆トークイベント◆
お申し込みは、1メールアドレスにつき1名様です。
定員の80名様に達しましたら、締め切らせていただきます。

お申込の方は、
当日、レジにてフェア出展書籍から3冊以上をご購入ください。

スタッフが「ご予約者名簿」でお名前を確認のうえ、
参加券1枚をお渡しいたします
(レジは1階です。開始1時間前より8階会場のレジに移動いたします)。
自由席(一部指定席)です。

時間の都合から、サインはお一人様1冊に限らせていただきます。
講師とお話の際は、
後ろにつづくみなさまへのご配慮をお願いいたします。

◆交流会◆
お申し込みは、1メールアドレスにつき1名様です。
各回定員の20名様に達しましたら、締め切らせていただきます。

************

3つのスペシャル講座を、

2020年の幕開けに向けて、
「来年の目的と計画」を立てるための「導き手」として
活用されてはいかがでしょうか?

ではみなさん、八重洲ブックセンターにてお目にかかりましょう。

詳細とお申込みは:https://www.e-denen.net/index.php/bunyaza

お健やかなご多幸を祈念いたします。

文屋 木下 豊より


【写真説明】​http://www.e-denen.net/index.php/mailmag​?

高野登さん

************************

このメールマガジン(文屋だより)は、
百年本の文屋代表、小布施人、農士、
「美日常」提唱者として、

ものごとの原点(本来あるべき姿)を
考えつづける筆者が、
日々、交流の場を綾なしながら、
みなさまの人生とビジネスのお役に立つこと
を目的に、お届けしております。

★文屋・木下豊について
http://www.e-denen.net/index.php/about_rinen
http://www.e-denen.net/index.php/about_kino

◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎

2019年1月20日に八重洲ブックセンターで開いた
かんてんぱぱ・伊那食品工業株式会社会長
塚越寛さんの講演音声データ。

語り手と聞き手の意識が高いレベルで一体になった
「奇跡の講演会」の90分間の全容を、
ぜひお手元で何回も聞いてお役立てください。
http://www.e-denen.net/index.php/movies?_id=42

◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎

◎わたしのこころの師匠・戸村和男先生
 富士和教会の公式サイト:http://fujiwa-k.com/

師匠のお弟子さん・井内由佳さんのご著書

『もっと美しく、もっと幸せに
~リッチに輝いて愛される33の理由』
(廣済堂出版。2018年)より

【第1章 美しく暮らす】

眠る直前の感情が、
翌日のあなたと、その周辺環境を形作ります。

ベッド周りを整え、よいことを思い出して
感謝しながら眠る習慣で、
現実が変わります。

★井内由佳さんの公式サイト:http://yuka-i.com

★井内由佳さんが社長をつとめる
株式会社フィールド オブ ドリームスの公式サイト:
https://f-o-dreams.com/

◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎

◎文屋では、平和の大使プレム・ラワットさんの
集大成となるご著書を、世界出版するため、
制作中です! 

2020年初夏の出版をめざしています。

テーマは、「呼吸としあわせ」です。
お楽しみに。

◎ラワットさんの講演動画

2011年、欧州議会にて「平和と幸福の実現」をテーマに講演。
講演後に提案された「平和の誓約書」に
37の政府、団体の代表が署名。

「歴史的な講演」と評価され、
「平和の大使」の任命を受けました。
https://youtu.be/owcmZ4ymmS0

◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎

◎わたしのイチオシ。斉藤一人さんの「覚悟の話」
goo.gl/hJbwWd
◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎

メールマガジン 文屋だより

アーカイブ

最新の投稿

PAGE TOP

HOME 商品一覧 文屋座 文屋語らい座 文屋について 書店様へ 文屋だより 制作日記 お問い合わせ プライバシーポリシー ご購入のご案内 特定商取引法