HOME > 文屋だより

文屋だより

メールマガジン「文屋だより」は、
百年本の文屋代表、小布施人、農士、「美日常」提唱者として、
ものごとの原点(本来あるべき姿)を考えつづける筆者が、日々、交流の場を綾なしながら、
みなさまの人生とビジネスのお役に立つことを目的に、お届けしております。

お名前
メールアドレス

Vol.774 あり得ない理想の未来の会社で、自身の「基準を上げ」成果を出す年輪経営伊那セミナーへようこそ。その1

2020年04月02日

みなさん、こんにちは。お元気ですか?

きょうの信州小布施

文屋のお庭に咲く薄紅の梅の花は、
満開になってから10日以上、すぎています。

桜よりも花の時間が長いです。

雨風にも強くて、散りにくいようです。

梅は秋に実を結ぶからでしょうか?

朝夕の食卓を飾る
梅漬けと梅酒にするのが楽しみです。

みなさん、
いつもこのメールマガジンをお受け取りいただき、
ありがとうございます。

◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎
信州小布施 美日常の文屋だより vol.774
和合と感謝
百年本を世界の未来へ。
◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎
【きょうのテーマ】
あり得ない理想の未来の会社で、
自身の「基準を上げ」成果を出す
年輪経営伊那セミナーへようこそ。その1
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

**********************
★真摯に
  「四方よし」の幸せを追い求める方々へ★
**********************

文屋が6月11日(木)・12日(金)に主催する
かんてんぱぱ・伊那食品工業で学ぶ
「年輪経営 伊那セミナー」は、

定員満席まであとわずかとなりました。

真摯(しんし)に
「四方(しほう)よし」の幸せを追い求める方々への、
心を込めた贈り物です。

学びたい、そして自分の暮らしと働きに、
すぐに生かしていきたいと、

真摯に願い、
覚悟を定めた御方のご参加を願っております。

https://www.e-denen.net/index.php/bunyaza


**********************
★大久保寛司さんが『考えてみる』で描いた
            理想の会社像★
**********************


17年前の夏、
塚越寛さんの最初のご著書になった
『いい会社をつくりましょう』が世に出たあと、

5,000冊をつくった初版のうちの一冊を読んで、

「あった!
わたしが理想としていた会社を見つけた!」と叫んで、
すぐに塚越さんに連絡をした御方がいました。

人と経営研究所 所長で、
組織風土改革の第一人者・大久保寛司さんです。

大久保さんは、
『いい会社をつくりましょう』を読まれてすぐに、

かんてんぱぱ・
伊那食品工業株式会社の本社に電話をして、
塚越寛会長との面談日程を決めました。

即断即決即行、ですね。

塚越さんのお話を聴いて、
社員のみなさんの笑顔やしぐさ、
しつらえやおもてなし、

そして、
かんてぱぱガーデンの美しさを知って、

初めて「自分が理想とする会社を見つけた!
ほんとうに実在した」と思い、

心底、感激したことを、
後日、大久保さんは、
わたしにお話しくださいました。


大久保さんは、その後、
塚越会長と真剣勝負の対話などをまとめた
『映像本 いい会社をつくりましょう』を、

文屋と制作してくださいました。

また、
2011年3月には、
ご著書『考えてみる』を文屋から出版してくださいました。

地味な本です。

ですが、
現在、9刷27,000冊。

いまも毎年2千冊以上、求められている
ロングセラーに育っています。

http://www.e-denen.net/index.php/books?_id=13


**********************
★「みんな幸せになる道があるのです
    夢や理想ではありません
         そんな企業があるのです」
  と書いた大久保さんの想い★
**********************


文屋は『考えてみる』のことを、
「ビジネス詩集」と名づけています。

ビジネスと詩という、
一見、相容れないジャンルの融合です。

一人で静かに読んで考える。

朝礼で輪読して、語り合う。

研修会のテキストとして活用する。

・・・『考えてみる』は、

ビジネスと人生を深く考える
69編の詩的な文章と、
日本画家・中島千波さんの装画で構成された

清楚で美しい書物です。
http://www.e-denen.net/index.php/books?_id=13


「理想の会社像」を追い求めていた大久保さんが、
塚越さんと同社に出会えた喜びと、

「理想の会社は実在します!」とお伝えしたい
お気持ちがあふれるような一節を、

『考えてみる』からご紹介しましょう。

(ここから)
************

判断軸は社員の幸福


もうけるための社員ではなく
幸せにする対象ととらえたら?
まったく考え方が変わります!
一八〇度変わります 判断がまったく変わります

たくさんの社員や協力企業の方たちを不幸にして
結果として利益がたくさん出ても 何かが変です
不幸な人をたくさん生み出すのは やはり変です
何かが間違っていると思います

業績を追う前に 
社員の幸せを考えてみては?
「そんなことを言っていたら企業経営なんてできない」と
思っている人も多いでしょう

でも 
結果はずっとすばらしいことになります
信じられないほどすばらしい結果が 
ついてきます

笑顔で喜んで働いている人の仕事は
お客様に喜びを運びます
その喜びは
企業の繁栄につながります

みんな幸せになります
みんな幸せになる道があるのです

夢や理想ではありません
そんな企業があるのです

************
(ここまで)


文屋が6月11日(木)・12日(金)に主催する
かんてんぱぱ・伊那食品工業で学ぶ
「年輪経営 伊那セミナー」は、

まさに、大久保寛司さんが、
「わたしが探し求めていた理想の会社」が
舞台です。

特任講師をお引き受けくださった高野登さんは、

「かんてんぱぱ・伊那食品工業さんは、
学びの宝庫です」と評されています。

ものごとの表面だけを見て、感動したところで、
高く、深い意味を感じとり、
「学ぶ」ことはできません。


そんなことを考えているとき、
ライブ講師(R)実践会代表の寺沢俊哉さんの
メールマガジンで、

映画「ピーター・ブルックの世界一受けたいお稽古」
をお勧めいただきました。

ピーター・ブルックさんは、96歳になられる
イギリスの演出家、演劇プロデューサー、
映画監督です。

映画「ピーター・ブルックの世界一受けたいお稽古」。

副題は、
「選ばれし役者だけに許された
門外不出の創作の舞台裏」。


プロの役者さんをトレーニングしている風景を
実写映画として撮った映画です。

予告編の最後で語られているブルックさんの
メッセージに、寺沢さんと同じく、
わたしもしびれました。

「基準を上げる」

「このワークショップ(綱渡り)で
役者が達成したのは

「技術を習得した」とか、
「もう安心して演技ができる」と感じることではない。

「自分はかつてないほど豊かな真理に直面した。

それを糧とするには自分の基準を引き上げ、
さらなる努力が必要なんだ。」と気づくことだ。」


年輪経営伊那セミナーの役割の一つは、
まさに、ここにあります。

「自分はかつてないほど豊かな真理に直面した。
それを糧とするには自分の基準を引き上げ、
さらなる努力をしていく」

高く、深く、意味のあるものごとの、
表面だけを見て、感動したところで、
「あすからの外的な改善・進化」にはつながりません。


主催者として、
2回にわたって高野さんがご出演くださる
事前のオンラインセミナーをはじめ、

当日2日間の学びが充実したものになり、
「自分の基準を上げて」
「あすからの改善と進化」にお役立ていただけるように、

準備を進めてまいります。

真摯に願い、
覚悟を定めた御方のご参加を願っております。

あと2席です(^0^)!!
https://www.e-denen.net/index.php/bunyaza


映画「ピーター・ブルックの世界一受けたいお稽古」
http://www.peterbrook.jp/

ではみなさん、お健やかに、
佳き春の日々を楽しみましょう。

どうぞよろしくお願いいたします。


文屋 木下 豊より


【写真説明】http://www.e-denen.net/index.php/mailmag?

大久保寛司さんの『考えてみる』。

この本の出版のころに、

東京・上野公園の国立西洋美術館の前庭
(エントランス)にある
ロダン作「考える人」(無料で観られます!)

************************

★プレム・ラワットさんの「心の平和」のメッセージを、

これから100年の未来を生きる、
無限の可能性を秘めた子どもたちに贈りたい!

寄付本プロジェクトにご一緒しませんか?★

ラワットさんのこのご著書を、
より多くのみなさんにお伝えしていきましょう!

新刊と寄付本プロジェクトの詳細はこちら →
http://premrawat.shop-pro.jp/?pid=148653715

*********************

小布施牧場の
しぼりたてジャージー牛乳を使った
ジェラートとモッツァレラチーズの工房&カフェ
milgreen(ミルグリーン)
https://obusedairyfarm.co.jp/milgreen/

************************

このメールマガジン(美日常の文屋だより)は、
百年本の文屋代表、小布施人、農士、
「美日常」提唱者として、

ものごとの原点(本来あるべき姿)を
考えつづける筆者が、
日々、交流の場を綾なしながら、
みなさまの人生とビジネスのお役に立つこと
を目的に、お届けしております。

★文屋・木下豊について
http://www.e-denen.net/index.php/about_rinen
http://www.e-denen.net/index.php/about_kino

◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎

2019年1月20日に八重洲ブックセンターで開いた
かんてんぱぱ・伊那食品工業株式会社会長
塚越寛さんの講演音声データ。

語り手と聞き手の意識が高いレベルで一体になった
「奇跡の講演会」の90分間の全容を、
ぜひお手元で何回も聞いてお役立てください。
http://www.e-denen.net/index.php/movies?_id=42

◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎

◎わたしのこころの師匠・戸村和男先生
 富士和教会の公式サイト:http://fujiwa-k.com/

師匠のお弟子さん・井内由佳さんのご著書

『もっと美しく、もっと幸せに
~リッチに輝いて愛される33の理由』
(廣済堂出版。2018年)より

【第1章 美しく暮らす】

眠る直前の感情が、翌日のあなたと、
その周辺環境を形作ります。

ベッド周りを整え、よいことを思い出して
感謝しながら眠る習慣で、
現実が変わり始めます。


★井内由佳さんの公式サイト:http://yuka-i.com

★井内由佳さんが社長をつとめる
株式会社フィールド オブ ドリームスの公式サイト:
命を受けました。
https://youtu.be/owcmZ4ymmS0

◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎

◎わたしのイチオシ。斉藤一人さんの「覚悟の話」
goo.gl/hJbwWd
◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎

メールマガジン 文屋だより

アーカイブ

最新の投稿

PAGE TOP

HOME 商品一覧 文屋座 文屋語らい座 文屋について 書店様へ 文屋だより 制作日記 お問い合わせ プライバシーポリシー ご購入のご案内 特定商取引法