HOME > 文屋だより

文屋だより

メールマガジン「文屋だより」は、
百年本の文屋代表、小布施人、農士、「美日常」提唱者として、
ものごとの原点(本来あるべき姿)を考えつづける筆者が、日々、交流の場を綾なしながら、
みなさまの人生とビジネスのお役に立つことを目的に、お届けしております。

お名前
メールアドレス

Vol.794 リッツ・カールトンと伊那食品工業。「社員の成長」の意味を高野登さんに学ぶ。その4

2020年05月24日

みなさん、こんにちは。お元気ですか?

きょうも、信州小布施は、
さわやかな五月晴れです。

コロナさんの災禍をきっかけに、
生活を本来ありたい姿に建て直す肝として、

夜9時に寝て朝3時に起きることを始めて、
ひと月がすぎました。

それまでも3時半に目覚めていたのですが、
30分早める工夫をしただけで、
一日の幕開けの景色がまったく異なっています。

チェンジに
チャレンジすれば
チャンスがもたらされますね。

あなたはなにか、チャレンジしていますか?

みなさん、
いつもこのメールマガジンをお受け取りいただき、
ありがとうございます。

◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎
信州小布施 美日常の文屋だより vol.794
和合と感謝
百年本を世界の未来へ。
◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎
【きょうのテーマ】
リッツ・カールトンと伊那食品工業。
「社員の成長」の意味を高野登さんに学ぶ。その4
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

**********************
★リッツ・カールトンと伊那食品工業が、
  最も大事にしていること、それは?★
**********************

前号までに、

リッツ・カールトン元日本支社長で、
人とホスピタリティ研究所代表の
高野登さんとわたしの出会い、

そして、

高野さんが「こころの背骨」といえる
お父様のお教え
「戸隠山(とがくしやま)に恥ずかしいことはするな」

さらに、

伊那食品工業とリッツ・カールトンは、
塚越さんとホルスト・シュルツィさん(リッツの創業者)は、

経営で一番大事に考えていることが、
同じ「社員の成長と幸せ」であることを、
ご紹介しました。

****************

では塚越さんとシュルツィさんは、
「社員の成長」と「会社の成長」の関係を
どうとらえていらっしゃるのでしょうか?


まず、
塚越さんのご著書『末広がりのいい会社をつくる』を
読んでみましょう。

第2章の一節「真の会社の成長とは、
「社員一人ひとりの人間的成長の総和」」から、
引用します。

・・・というか、
この節のタイトルそのものが回答ですね。

(ここから)
****************

「会社の成長」について、当社では、
単なる売上増や利益増ではなく、

「社員一人ひとりの人間的成長の総和」と
定義づけています。

もちろん「社員」には経営者も含まれます。
 
技術面や知識面での成長も大切ですが、
何よりも人間的成長が重要だと思います。
 
人間的成長よりもスキルアップを優先する人が
多いようです。

スキルが高まれば、
会社の売上には寄与できるでしょう。

しかしそれだけでは、長期的に見たときに、
どこかでほころびが出てきます。

会社の永続的な成長をめざすなら、
経営者は社員の人間的成長にこそ
力を注ぐべきだと思います。

****************
(ここまで)

5年、10年くらいの短期間の急成長を狙うのであれば、
トレンドを意識した技術面や知識面のスキルアップでも
叶えられるかもしれません。

しかし、
塚越さんが目指すのは、会社の永続です。

だから、
経営者が目指すべきは、
「経営者は社員の人間的成長」であり、

「社員一人ひとりの人間的成長の総和」
としての、会社の成長なのですね。


では、

リッツ・カールトンのシュルツィさんは、
「社員の成長」と「会社の成長」の関係を
どうとらえていらっしゃるのでしょうか?

高野登さんのご著書
『リッツ・カールトン 至高のホスピタリティ』を
ひもといてみましょう。

第1章「本質を見極める」に、
それへのヒントになる文章を見つけましたよ。

(ここから)
****************

「世界一になる」というビジョンは壮大です。

「世界一を常にイメージして、
それに一歩ずつ近づいているホテル」という、

この夢の中に巻き込まれていくことの楽しさは、
誰にもおわかりいただけると思います。

リッツ・カールトンでは
仕事をしていくことの意味を
そこに見出(みいだ)しているのです。

この夢を実現するときに、
最も価値あること、最も重要なことは、

そこで働いている社員一人ひとりの成長です。

成長することで、
この夢の実現に巻き込まれる力が
ついてくるからです。

トップが「世界一になる」という夢をかかげ、
その夢に自分が「巻き込んでもらっている」
という意識だけでは、成長はありません。

****************
(ここまで)

あなたは、
高野さんのこの文章を、どう読まれますか?

社員の成長を、
「トルネード(大規模な竜巻)」を例に表現するのは、
いかにもアメリカ的?

しょうじき、わたしは、
「巻き込む」という言葉が趣味ではありません。

日本語の、とくに、日本のビジネス界で使われる
「巻き込む」には、

すごくテクニカルで表層的な「操作主義」を
感じてしまうからです。

だからわたしはこれからも、
「巻き込む」をみずから書くことはないと思います。

ですが、
高野さんのこの文章を読んで、
「巻き込み」感が変わりました((^0^))。

それは、
上記に続く、以下の文章にガッテンしたからです。

(ここから)
****************

成長というのは、
トルネードの中で、グルグル回されている立場から、
自ら一緒になってトルネードを巻き起こす
立場になっていくことです。

この立場にならないと、
夢の中に巻き込まれているとはいえません。

****************
(ここまで)


伊那食品工業とリッツ・カールトンは、
塚越さんとシュルツィさんは、

経営で一番大事に考えていることが、
同じ「社員の成長と幸せ」です。

そして、
「社員の成長」と「会社の成長」の関係について、

塚越さんは、
「社員一人ひとりの人間的成長の総和」、

シュルツィさんは、
「一人ひとりの社員が自ら一緒になって
トルネードを巻き起こす立場になっていくこと」

と言われます。

****************

では、そもそも、
「社員の成長」「人間的成長」とは、
どんなことを意味するのでしょうか?

さらに、
伊那食品工業とリッツ・カールトンは、
「社員の成長と幸せ」のために、
どんな仕組みをつくっているのでしょう?

それを一貫して支えている理念は?

興味は尽きません。

あなたは、

ご自分の成長とご家庭やお仕事、
社員の成長と会社の成長のことを、

どのようにお考えですか?

(次号につづきます)

****************

「経営の目的は、社員の幸せな理想郷づくり」の
信念を貫いて62年にわたり、
増収・増益・増員の実績を築いてこられた

塚越寛さんの音声データを、お手元に保管して、
繰り返しご聴講ください。

塚越さんの

「社員が幸せないい会社づくりは、平和で明るい、
いい世界づくりにつながる」のメッセージは、

これからの暮らしに、働きに、
きっとすてきな生き甲斐と働き甲斐を
もたらすことでしょう。

音声ダウンロード
「2019年1月20日塚越寛氏“奇跡”の講演会」
定価:3,300円(税込)ですが・・・

★新型コロナウイルスの世界的大流行に伴う、
国の緊急事態宣言の期間中、
特別価格2,200円(税込)にて
ご提供いたします。

「2019年1月20日塚越寛氏“奇跡”の講演会」
音声ダウンロードはこちらからどうぞ:
https://www.e-denen.net/index.php/books?_id=42

****************

文屋が主宰する
「末広がりの年輪経営プロジェクト」では今後、

「場」を磨いて、be(あり方)を高めることを
たいせつなテーマとして、

オンラインセミナーとリアルセミナーを融合させた

「年輪経営伊那セミナー」
「年輪経営小布施セミナー」などを、
開催して参ります。


その第一弾として、
高野登さん(リッツ・カールトン元日本支社長、
人とホスピタリティの研究所代表)が、

『映像本いい会社をつくりましょう』の
映像を観ながら、独自の視点で解説する
オンラインスクールを、

7月1日に開講いたします。

お楽しみに!

****************

ではみなさん、お健やかに、
初夏の佳き日々を楽しみましょう。

どうぞよろしくお願いいたします。

文屋 木下 豊より


【写真説明】http://www.e-denen.net/index.php/mailmag?

高野登さんの
『リッツ・カールトン 至高のホスピタリティ』
(KADOKAWA、2013年)

名著です。行間を読み始めると、
深すぎて、先に読み進めることができなくなります。

「2019年1月20日塚越寛氏“奇跡”の講演会」
音声ダウンロードはこちらからどうぞ:
https://www.e-denen.net/index.php/books?_id=42

◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎

このメールマガジン(美日常の文屋だより)は、
百年本の文屋代表、小布施人、農士、
「美日常」提唱者として、

ものごとの原点(本来あるべき姿)を
考えつづける筆者が、
日々、交流の場を綾なしながら、
みなさまの人生とビジネスのお役に立つこと
を目的に、お届けしております。

★文屋・木下豊について
http://www.e-denen.net/index.php/about_rinen
http://www.e-denen.net/index.php/about_kino

◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎

★プレム・ラワットさんの「心の平和」のメッセージを、

これから100年の未来を生きる、
無限の可能性を秘めた子どもたちに贈りたい!

寄付本プロジェクトにご一緒しませんか?★

ラワットさんのこのご著書を、
より多くのみなさんにお伝えしていきましょう!

新刊と寄付本プロジェクトの詳細はこちら →
http://premrawat.shop-pro.jp/?pid=148653715

*********************

小布施牧場の
しぼりたてジャージー牛乳を使った
ジェラートとモッツァレラチーズの工房&カフェ
milgreen(ミルグリーン)
https://obusedairyfarm.co.jp/milgreen/

************************

2019年1月20日に八重洲ブックセンターで開いた
かんてんぱぱ・伊那食品工業株式会社会長
塚越寛さんの講演音声データ。

語り手と聞き手の意識が高いレベルで一体になった
「奇跡の講演会」の90分間の全容を、
ぜひお手元で何回も聞いてお役立てください。
http://www.e-denen.net/index.php/movies?_id=42

◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎

◎わたしのこころの師匠・戸村和男先生
 富士和教会の公式サイト:http://fujiwa-k.com/

師匠のお弟子さん・井内由佳さんのご著書

『もっと美しく、もっと幸せに
~リッチに輝いて愛される33の理由』
(廣済堂出版。2018年)より

【第3章 しあわせは素肌にあらわれる】

リラックスした気持ちで行うウォーキングは、
身体的な効果と、思わぬインスピレーションを
もたらします。

★井内由佳さんの公式サイト:http://yuka-i.com

★井内由佳さんが社長をつとめる
株式会社フィールド オブ ドリームスの公式サイト:
命を受けました。
https://youtu.be/owcmZ4ymmS0

◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎

◎わたしのイチオシ。斉藤一人さんの「覚悟の話」
goo.gl/hJbwWd
◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎

メールマガジン 文屋だより

アーカイブ

最新の投稿

PAGE TOP

HOME 商品一覧 文屋座 文屋語らい座 文屋について 書店様へ 文屋だより 制作日記 お問い合わせ プライバシーポリシー ご購入のご案内 特定商取引法