HOME > 文屋だより

文屋だより

メールマガジン「文屋だより」は、
百年本の文屋代表、小布施人、農士、「美日常」提唱者として、
ものごとの原点(本来あるべき姿)を考えつづける筆者が、日々、交流の場を綾なしながら、
みなさまの人生とビジネスのお役に立つことを目的に、お届けしております。

お名前
メールアドレス

Vol.797 それは志ですか、それとも野心ですか?

2020年06月03日

みなさん、こんにちは。お元気ですか?

きょうの信州小布施は、薄曇りです。

★きょう6月1日(月)、
二人の息子たちが営む小布施牧場の
ジェラートとモッツァレラチーズの工房&カフェ

milgreen(ミルグリーン)が、
45日ぶりにオープンいたしました。

特注したアクリル板越しのおもてなしで、
お手洗いは原則としてご利用はできず・・・
すこしぎこちない対応になりますが、

ふたたび開店できたことを、
一同、喜んでおります。

東京ドームと同じくらい広さのある
広葉樹の「小布施千年の森」の若葉が、
生まれたての空気を運んでくれています。

おかげさまで、
連日、前年並みかそれ以上のお客様に
ミルク感たっぷりの10種類くらいのジェラートを
お楽しみいただいております。

みなさん、
いつもこのメールマガジンをお受け取りいただき、
ありがとうございます。

◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎
信州小布施 美日常の文屋だより vol.797
和合と感謝
百年本を世界の未来へ。
◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎
【きょうのテーマ】
それは志ですか、それとも野心ですか?
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

**********************
★「志」と「野心」 田坂広志さんからの学び★
**********************


前号まで6回にわたって

「リッツ・カールトンと伊那食品工業。
「社員の成長」の意味を高野登さんに学ぶ。」
を連載してきました。

優れた企業に共通する
一貫した理念と「社員の成長と幸せ」への考え方、
それを養う仕組みを見てきました。

みなさんのお仕事、会社に、
活かせることはあれば、さいわいです。


では次なる問いです。

一貫した理念、志とはどんなものなのでしょうか?


「志」

辞書を引くと、

「ある方向を目ざす気持ち。

心に思い決めた目的や目標」と
説明されています。(goo辞書)


「志」と似て非なる言葉として、
「野心」が対置されます。

そして、

「志」と称して、
「野心」を語るなかれ、
と戒めのメッセージが語られます。


多くの深い学びをいただいている
多摩大学大学院 名誉教授
シンクタンク・ソフィアバンク 代表

田坂広志さんの文章を、
思い出します。

****************

「理想」や「使命感」に支えられた
「大志」や「大望」

「功名心」や「権力欲」に支えられた
「野心」や「野望」

**************

先日、ある読者さまから、

「田坂広志さんは、

どんな方ですか?」


「志と野心のことを、
もっと読みたいのですが・・・」

とのお便りをいただきました。


お問い合わせをいただき、
ありがとうございます。


田坂広志(たさか・ひろし)さんの
公式サイトから、このメルマガの末尾で、
プロフィールのページをご紹介いたします。

以下、田坂さんの文章をお読みください。


*** 「志」と「野心」 ***


学生時代、北海道大学を訪れたとき、
多くの人々が知る銅像を見ました。

大学の前身、札幌農学校の創設者であり、
マサチューセッツ農科大学の学長
でもあった、

ウィリアム・スミス・クラーク博士の
銅像です。

その像の下には、
クラーク博士の残した有名な言葉が
英語で書かれていました。

Boys, be ambitious!

「青年よ、大志を抱け」と訳され
人々に語り継がれてきた
この言葉を見たとき、

その翻訳の巧みさに感心しながらも、
この言葉の持つ「危うさ」を
感じました。

なぜなら、
この「ambitious」という言葉には、
正反対の二つの意味があるからです。

「理想」や「使命感」に支えられた
「大志」や「大望」

「功名心」や「権力欲」に支えられた
「野心」や「野望」

不遇の晩年を送ったクラーク博士ですが、
もとより、
その本意は前者にありました。

しかし、いま、世の中を見渡すとき、
この言葉の持つ「危うさ」が
現実となっていることに、
気がつきます。

「志」と称して、「野心」を語る。

その錯誤が、
いま、世に溢れていることに
気がつくのです。

***転載、以上。改行、木下***


田坂さんは、
「志」と「野心」について、
次のように、定義されています。


************


いま、世の中には、残念ながら、
「志」と「野心」を混同する人々がいます。

「野心」とは、

己一代で何かを成し遂げようとする
「願望」のこと。

「志」とは、

己一代では成し遂げ得ぬほどの
素晴らしき何かを、
次の世代に託する「祈り」のこと。

それゆえ、我々が、
真に「志」を抱くためには、

深い、死生観、世界観、歴史観、
人間観、人生観を
身につけることが求められます。

では、我々が身につけるべき
死生観、世界観、歴史観、
人間観、人生観とは、何か。


***********


田坂さんは、問いかけます。

志は、次の世代に託する「祈り」。

自分のエゴの動きが見えているか?

「その志は、野心ではないのか?」と

自身に問う、

もう一人の自分を持っているか?

自分が見えているか?

あなたは、

生涯をかけて登ってみたい山はあるのか?


**********************
★田坂広志さんに学んだ半年間★
**********************


わたしは、
知人のご紹介で
田坂広志さんのご著書を読み、

田坂さんの講演会に、
数回、
参加させていただきました。

広いご経験と、
深い思索に裏打ちされた、

魂と魂が正対するようなお話に
感銘を受けました。


「もっと、直接、学びたい」


そう願ったわたしは、
別の知人を頼って、

田坂さんが教えていらっしゃる
多摩大学大学院を
ご紹介いただきました。

2年間の大学院のコースを
修了するために、

平日、
信州から東京に通いつづけることは
できません。

そこで、ご無理なお願いをして、

田坂さんの大学院の授業の
聴講生として、

2014年に半年間、
毎週1回、
15回の授業を学ばせていただきました。


毎回の聴講への感想文を
「所感」として書くことが、
宿題でした。

15回の中で、

わたしのその後に、
特に影響をもたらしている
授業があります。

その授業の所感

テーマは、
「劣等感に決着をつける」でした。

劣等感を持っていない人は、
いるのでしょうか?

わたしにも、
劣等感がたくさんあります。


では、
劣等感に決着をつけ、
正しい自信を持つには?

みなさんは、
このテーマについて、
どのようにお考えになりますか?

****************


「野心」とは、

己一代で何かを成し遂げようとする
「願望」のこと。

「志」とは、

己一代では成し遂げ得ぬほどの
素晴らしき何かを、
次の世代に託する「祈り」のこと。

****************

わたしたちはいま、
コロナの災禍の渦中にあります。

独り静かに、自分自身と向かい合って、
これからの自分のあり方、考え方、
働き方、生き方を考えるには、

絶好の、
そしてかけがえのない機会だと思います。

そう思うとき、

「ステイ・ホーム」の別の側面も見えてきます。

もともとは、
在宅を奨励するこの言葉ですね。

別の側面とは?

ホームには、
故郷、もともとある場所、原点、
安心の場などの意味があります。

ステイ・ホームは、

本来あるべき自分の姿、
もう一人の自分との静かで深い対話という
意味があると思います。

そんな尊い時間を、
感謝して、味わいたいですね。


野心と志

このテーマで次号でも考えてみたいと思います。

(つづきます)

****************


文屋が主宰する
「末広がりの年輪経営プロジェクト」では今後、

「場」を磨いて、be(あり方)を高めることを
たいせつなテーマとして、

オンラインセミナーとリアルセミナーを融合させた

「年輪経営伊那セミナー」
「年輪経営小布施セミナー」などを、
開催して参ります。


その第一弾として、
高野登さん(リッツ・カールトン元日本支社長、
人とホスピタリティの研究所代表)が、

『映像本いい会社をつくりましょう』の
映像を観ながら、独自の視点で解説する
オンラインスクールを、

7月1日に開講いたします。

スクールの名称は
「塚越寛さんに学ぶ年輪経営の極意」です。

この連載を通して、
高野さんにこのオンラインスクールの講師を
おつとめいただく理由(高野さんしかいない!)を、

あらためて、
確かめることができました。

みなさん、募集の開始をお楽しみにお待ちください。

****************

「経営の目的は、社員の幸せな理想郷づくり」の
信念を貫いて62年にわたり、
増収・増益・増員の実績を築いてこられた

塚越寛さんの音声データを、お手元に保管して、
繰り返しご聴講ください。

塚越さんの

「社員が幸せないい会社づくりは、平和で明るい、
いい世界づくりにつながる」のメッセージは、

これからの暮らしに、働きに、
きっとすてきな生き甲斐と働き甲斐を
もたらすことでしょう。

音声ダウンロード
「2019年1月20日塚越寛氏“奇跡”の講演会」
定価:3,300円(税込)ですが・・・

★新型コロナウイルスの世界的大流行で
たいへんな時期ですので、当面の間、

特別価格2,200円(税込)にて
ご提供いたします。

「2019年1月20日塚越寛氏“奇跡”の講演会」
音声ダウンロードはこちらからどうぞ:
https://www.e-denen.net/index.php/books?_id=42


ではみなさん、お健やかに、
初夏の佳き日々を楽しみましょう。

どうぞよろしくお願いいたします。

文屋 木下 豊より


【写真説明】http://www.e-denen.net/index.php/mailmag?

田坂広志さんと、ご著書『運気を磨く』

田坂さんはあす6月4日(木)朝8時から10時に放送される
テレビ朝日 「羽鳥慎一モーニングショー」 に
コメンテーターとして出演し、

新型コロナウイルス対策と「ポストコロナ社会」について、
話されます。

お時間があれば、ご覧ください。
https://www.tv-asahi.co.jp/m-show

田坂広志(たさか・ひろし)さんの
公式サイトから、

プロフィールのページを
ご紹介します。

http://hiroshitasaka.jp/profile/


田坂さんの文章が掲載されている
サイトのページをご紹介いたします。

http://hiroshitasaka.jp/letter/6659/

◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎

このメールマガジン(美日常の文屋だより)は、
百年本の文屋代表、小布施人、農士、
「美日常」提唱者として、

ものごとの原点(本来あるべき姿)を
考えつづける筆者が、
日々、交流の場を綾なしながら、
みなさまの人生とビジネスのお役に立つこと
を目的に、お届けしております。

★文屋・木下豊について
http://www.e-denen.net/index.php/about_rinen
http://www.e-denen.net/index.php/about_kino

◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎

★プレム・ラワットさんの「心の平和」のメッセージを、

これから100年の未来を生きる、
無限の可能性を秘めた子どもたちに贈りたい!

寄付本プロジェクトにご一緒しませんか?★

ラワットさんのこのご著書を、
より多くのみなさんにお伝えしていきましょう!

新刊と寄付本プロジェクトの詳細はこちら →
http://premrawat.shop-pro.jp/?pid=148653715

*********************

小布施牧場の
しぼりたてジャージー牛乳を使った
ジェラートとモッツァレラチーズの工房&カフェ
milgreen(ミルグリーン)
https://obusedairyfarm.co.jp/milgreen/

************************

2019年1月20日に八重洲ブックセンターで開いた
かんてんぱぱ・伊那食品工業株式会社会長
塚越寛さんの講演音声データ。

語り手と聞き手の意識が高いレベルで一体になった
「奇跡の講演会」の90分間の全容を、
ぜひお手元で何回も聞いてお役立てください。
http://www.e-denen.net/index.php/movies?_id=42

◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎

◎わたしのこころの師匠・戸村和男先生
 富士和教会の公式サイト:http://fujiwa-k.com/

師匠のお弟子さん・井内由佳さんのご著書

『もっと美しく、もっと幸せに
~リッチに輝いて愛される33の理由』
(廣済堂出版。2018年)より

【第3章 しあわせは素肌にあらわれる】

人は、表層しか見ません。

しかし、表層しか見ない人は、
表層さえも満たされません。

★井内由佳さんの公式サイト:http://yuka-i.com

★井内由佳さんが社長をつとめる
株式会社フィールド オブ ドリームスの公式サイト:
命を受けました。
https://youtu.be/owcmZ4ymmS0

◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎

◎わたしのイチオシ。斉藤一人さんの「覚悟の話」
goo.gl/hJbwWd
◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎

メールマガジン 文屋だより

アーカイブ

最新の投稿

PAGE TOP

HOME 商品一覧 文屋座 文屋語らい座 文屋について 書店様へ 文屋だより 制作日記 お問い合わせ プライバシーポリシー ご購入のご案内 特定商取引法